正岡 子規(正岡 常規)(まさおか しき、〈まさおか つねのり〉、1867年10月14日慶応3年9月17日〉 - 1902年明治35年〉9月19日)は、日本俳人歌人国語学研究家。名は常規(つねのり)。幼名処之助(ところのすけ)で、のちに(のぼる)と改めた。

Quick facts: 正岡 子規 (まさおか しき), 誕生, 死没, 墓地, 職業...
正岡 子規
(まさおか しき)
誕生 正岡処之助
1867年10月14日
日本
伊予国温泉郡
(現・愛媛県松山市
藤原新町
死没 (1902-09-19) 1902年9月19日(34歳没)
日本
東京市下谷区
上根岸
墓地 大龍寺東京都北区田端
職業 俳人歌人新聞記者
言語 日本語
国籍 日本
最終学歴 帝国大学国文科中退
活動期間 1893年 - 1902年
ジャンル 俳句短歌・新体詩・小説評論随筆
代表作歌よみに与ふる書
ウィキポータル 文学
テンプレートを表示
Close
松山市にある子規記念博物館

俳句短歌新体詩小説評論随筆など多方面にわたり創作活動を行い、日本の近代文学に多大な影響を及ぼした、明治を代表する文学者の一人である。

Oops something went wrong: