武野宗瓦 - Wikiwand
For faster navigation, this Iframe is preloading the Wikiwand page for 武野宗瓦.

武野宗瓦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

武野 宗瓦(たけの そうが、天文19年(1550年2月 - 慶長19年8月26日1614年9月29日))は、安土桃山時代から江戸時代初期の茶人。父は若狭武田氏の末裔と言われ[1]、茶人として著名な武野紹鴎。名は信材、は為久、通称は新五郎、号は水宿庵、方寸斎[2]和泉国出身[3]

概要

天文19年(1550年2月武野紹鴎の嫡子として生まれる[1]。父・紹鴎とは幼くして死別したために、姉婿である今井宗久に養育された[1]

成人した後は紹鴎の遺産を巡って宗久と争い、織田信長による裁定の結果、かつて信長の意に背いたことを理由に敗れた[1]。そのため、この時期は不遇であったという[1]

茶人としては元亀年間より活動を始めたとされるが、茶人としての待遇に満足せず、武士となることを望んだため[1]天正9年(1581年)に信長に追放され、本能寺の変後に堺に戻るが、天正16年(1588年)には豊臣秀吉にも追放された[3]。追放理由として、室の縁から石山本願寺に内通した疑いをかけられたため、ともされる[2]

天正18年(1590年)に許されて堺に戻り[3]徳川家康の取り成しにより秀吉の御伽衆に加えられ[2]慶長16年(1611年)以降、家康の命で豊臣秀頼に仕えた[1][3]。慶長19年(1614年8月26日、大坂において死去[1][3]。法号は光徹宗瓦居士[3]

脚注

[脚注の使い方]
{{bottomLinkPreText}} {{bottomLinkText}}
武野宗瓦
Listen to this article