沖縄コンベンションセンター - Wikiwand
For faster navigation, this Iframe is preloading the Wikiwand page for 沖縄コンベンションセンター.

沖縄コンベンションセンター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

この記事は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2014年2月)
沖縄コンベンションセンター
Okinawa Convention Center
情報
正式名称 沖縄コンベンションセンター[1]
開館 1987年8月
客席数 4,120席(展示場)
1,709席(劇場)
延床面積 20928m²
用途 コンサート演劇
運営 沖縄県(指定管理者:財団法人沖縄観光コンベンションビューロー)
所在地 901-2224
沖縄県宜野湾市真志喜四丁目3-1
位置 北緯26度16分47.7秒 東経127度43分58.6秒 / 北緯26.279917度 東経127.732944度 / 26.279917; 127.732944座標: 北緯26度16分47.7秒 東経127度43分58.6秒 / 北緯26.279917度 東経127.732944度 / 26.279917; 127.732944
アクセス [1]
外部リンク 沖縄コンベンションセンター

沖縄コンベンションセンター(おきなわコンベンションセンター、英語: Okinawa Convention Center)は、沖縄県宜野湾市真志喜四丁目にある沖縄県立の会議展覧センターである。隣接してビーチやマリーナ、海浜公園、屋外劇場、体育館、野球場、リゾートホテルなどの施設があり県内外の様々な企業や団体のコンベンションやイベントに対応できる。

設計は大谷幸夫で、1987年昭和62年)に完成した。1998年平成10年)には公共建築百選に選定されている。2007年(平成19年)よりbjリーグに参戦した琉球ゴールデンキングスのメインアリーナでもあった。2019年には第43回全国育樹祭式典が同アリーナで挙行される予定であり、秋篠宮同妃紀子が臨場される予定。2018年には大田昌秀元沖縄県知事県民葬が執り行われた[2]

公共交通機関

路線バス

コンベンションセンター前バス停下車、すぐ。
  • 26番・宜野湾空港線(琉球バス交通)
  • 32番・コンベンションセンター線 (沖縄バス)
  • 43番・北谷線(沖縄バス)
  • 55番・牧港線 (琉球バス交通)
  • 61番・前原線(沖縄バス)
  • 88番・宜野湾線 (琉球バス交通)
  • 99番・天久新都心線 (琉球バス交通)
  • 112番・国体道路線 (琉球バス交通)

かつての保存車

0系新幹線のK16編成の先頭車22-73が保存されていたが、塩害による劣化が激しく1998年12月末に解体された。

脚注

[ヘルプ]
  1. ^ 沖縄コンベンションセンターの設置及び管理に関する条例
  2. ^ “大田昌秀さん死去 沖縄県民葬、安倍首相ら2000人参列”. 毎日新聞. (2017年7月27日). https://mainichi.jp/articles/20170727/k00/00m/010/058000c 2017年8月1日閲覧。 

関連項目

ウィキメディア・コモンズには、沖縄コンベンションセンターに関連するカテゴリがあります。
ポータル 日本の都道府県/沖縄県

外部リンク

この項目は、沖縄県に関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者を求めています(Portal:日本の都道府県/沖縄県)。
{{bottomLinkPreText}} {{bottomLinkText}}
沖縄コンベンションセンター
Listen to this article