cover image

泉涌寺

京都市東山区泉涌寺山内町にある真言宗泉涌寺派総本山の寺院 / ウィキペディア フリーな 百科事典

泉涌寺(せんにゅうじ)は、京都市東山区泉涌寺山内町にある真言宗泉涌寺派総本山寺院山号は東山(とうざん)または泉山(せんざん)。本尊釈迦如来阿弥陀如来弥勒如来の三世仏。皇室菩提寺(皇室香華院)として御寺(みてら)と呼ばれている。楊貴妃観音堂(本尊・楊貴妃観音)は洛陽三十三所観音霊場第20番札所。

Quick facts: 泉涌寺, 所在地, 位置, 山号, 宗派...
泉涌寺
仏殿(重要文化財)
所在地 京都府京都市東山区泉涌寺山内町27
位置 北緯34度58分41秒 東経135度46分49.2秒
山号 東山(とうざん)
泉山(せんざん)
宗派 真言宗泉涌寺派律宗泉涌寺流天台密教浄土兼学道場)
寺格 総本山
御由緒寺院
関東祈祷所官寺勅願寺
本尊 釈迦如来
阿弥陀如来
弥勒如来
創建年 伝・斉衡3年(856年
開山 伝・神修
開基 伝・藤原緒嗣
正式名 泉山泉涌寺
別称 御寺(みてら)、御寺泉涌寺
東山泉涌律寺
月輪山
法輪寺、林寺、拜志寺(拝志寺)、仙遊寺
札所等 洛陽三十三所観音霊場第20番
真言宗十八本山第8番
京都十三仏霊場第6番
泉山七福神巡り番外
神仏霊場巡拝の道第121番(京都第41番)
文化財 泉涌寺勧縁疏、附法状(国宝
仏殿、大門、開山堂ほか(重要文化財
公式サイト 御寺 泉涌寺
法人番号 2130005002225
テンプレートを表示
Close

平安時代に弘法大師空海が草創したと伝わるが、実質的な開山は鎌倉時代の月輪大師俊芿(がちりんだいししゅんじょう)で、天台東密浄土の四宗兼学の道場として再興した[1]東山の一峰である月輪山の麓に広がる寺域内には、鎌倉時代の後堀河天皇四条天皇、および江戸時代の後水尾天皇から孝明天皇に至る天皇陵があり、霊明殿には歴代の天皇や皇后皇族の尊牌(位牌)が奉安されている。