浦内川 - Wikiwand
For faster navigation, this Iframe is preloading the Wikiwand page for 浦内川.

浦内川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

浦内川
水系 二級水系 浦内川
種別 二級河川
延長 18.8[1] km
流域面積 54.24 km²
水源 桑木山付近[2]
水源の標高 311.7 m
河口・合流先 東シナ海
流域 西表島沖縄県
テンプレートを表示
河口付近のマングローブ林
河口付近のマングローブ林
河口付近の三角江の干潟
河口付近の三角江の干潟

浦内川(うらうちがわ)は、沖縄県八重山郡西表島中央部を流れる二級河川[3]。沖縄県内で最長の河川である[4]

地理

島の中央にある標高312mの桑木山付近を源流とし、地質構造に制約を受けながら北西方向に向かって流れる。上流にはカンピレーの滝マリユドゥの滝がある。

マリユドゥの滝の直下まで至る長大な汽水域を有しており、満潮時には、河口から約8kmの軍艦岩まで海水が遡る[5]

河口付近は広大な三角江(エスチュアリー)の干潟となっており、オヒルギメヒルギなどからなるマングローブ林が発達している[5]。河口中央部にはアトゥク島がある。

自然

源流域が西表石垣国立公園の特別地域に、また、河口が第1種特別地域に指定されている[6]

汽水域は約400種に及ぶ魚類が生息する魚類の宝庫である。また、汽水域上端からマリユドゥの滝までの約1.5kmの淡水域には、日本では西表島のみに生息するウラウチフエダイをはじめ、シミズシマイサキ、ヨコシマイサキ、ニセシマイサキ、カワボラの5種の絶滅危惧種が生息している[7][8]2015年には、渇水対策のために、マリユドゥの滝下流に取水用の送水管が設置されており、環境への影響を懸念する声がある[9][10][11]。滝壺にはウナギテナガエビ、コイメジロ等が住む[12]

歴史

浦内川の上流一帯は聖域とされてきた。1727年の『八重山島諸記帳』によれば当時は稲葉院と呼ばれており、若夏(旧暦4月-5月)には火気や飲食は厳禁とされ、被り物は脱ぐことが定められていた[13]

1647年頃の『宮古八重山両島絵図帳』によると河口部には船着場があった。元禄年間(1688年-1704年)に作成された『元禄国絵図』には「歩渡」[14]天保年間(1831年-1845年)に作成された『図天保国絵図』には「歩行渡」[15]と書かれている。

河口の両岸には早くからウラダとよばれる水田地帯が開発されていた[2]

昭和初期には中流東岸に熊本営林局の事業所が設けられて、材木の伐採や植林などを行い小集落が形成されていたが、太平洋戦争が始まると事業は中止され、1944年洪水[16]で集落も廃された[2]。また、1935年(昭和10年)から1943年頃まで浦内橋上流の浦内川支流の宇多良川沿いに宇多良炭坑があった[17]

1970年に浦内橋(橋長272m、有効幅員6m)が竣工。浦内橋は老朽化が進んでいるため、2019年度から12年をかけて、上流側に隣接して橋長274m、幅員10m、片側歩道2mの新橋を架け替える計画である[18][19]

交通

河口には沖縄県道215号の浦内橋が架かっている。

浦内橋横には船着場があり、定期観光船で8km上流の船着場まで遡上できる[5]。上流船着場からマリユドゥの滝カンピレーの滝までは約2km。その先は前良川や仲間川に沿って島を横断する長大なエコツアーのコースとなっている。

また、浦内橋付近から宇多良炭鉱跡まで約1kmの遊歩道が整備されており、炭鉱跡には木道が整備されている[20][21][22]

脚注

  1. ^ 沖縄県西表島浦内川からの取水に関する質問状”. 日本魚類学会 自然保護委員会 (2015年5月29日). 2019年10月15日閲覧。
  2. ^ a b c 日本歴史地名大系(オンライン版) 小学館 (『日本歴史地名大系』 平凡社、1979年~2002年 を基にしたデータベース)
  3. ^ 川の散歩 浦内川”. 沖縄県土木建築部河川課 (2014年12月17日). 2019年10月15日閲覧。
  4. ^ 浦内川及び仲良川流域における マングローブ林立ち枯れ被害調査(最終調査報告書)』九州森林管理局 計画保全部 西表森林生態系保全センター、2015年4月1日。
  5. ^ a b c 中村剛・監修『見えてくる! 陸地のデコボコやギザギザ』(日本列島、水をとったら? ビジュアル地形案内2)、徳間書店、2015年、36頁。
  6. ^ 西表石垣国立公園 公園計画書 (PDF)”. 環境省 (2016年4月15日). 2019年10月20日閲覧。
  7. ^ 沖縄県西表島浦内川からの取水に関する質問状”. 日本魚類学会 自然保護委員会 (2015年5月29日). 2019年10月15日閲覧。
  8. ^ 沖縄県西表島浦内川の取水施設建設計画再考の要望書”. 日本生態学会自然保護専門委員会 (2015年7月6日). 2020年2月8日閲覧。
  9. ^ “竹富町の導水管敷設工事 浦内川以外の取水策要望”. 八重山毎日新聞. (2015年6月13日). http://www.y-mainichi.co.jp/news/27645/ 
  10. ^ 鈴木寿之、森誠一「シリーズ 西表島浦内川における取水問題」『魚類学雑誌』第63巻第1号、日本魚類学会、2016年4月25日、 43-46頁。
  11. ^ 中根淳一 (2016年5月23日). “沖縄県最長河川のいま:西表島・浦内川(後編)”. パタゴニア. 2020年2月8日閲覧。
  12. ^ 新本光孝・砂川季昭・山盛直「レクリェーション・エリアの分析(西表島の森林レクリェーションに関する研究 (III))(農学部附属熱帯農学研究施設)」『琉球大学農学部学術報告』第23巻、琉球大学農学部、1976年12月1日、 425-437頁。
  13. ^ 安渓遊地「名のある川とその生き物たち-南島最長の西表島浦内川誌(上)」『西表島浦内川河口域の生物多様性と伝統的自然資源利用の綜合調査報告書1』西表島浦内川流域研究会、2005年2月28日、18-21頁。
  14. ^ 元禄国絵図 琉球国八重山島(元禄)”. 国立公文書館デジタルアーカイブ. 国立公文書館. 2019年10月20日閲覧。
  15. ^ 天保国絵図 琉球国(八重山島)”. 国立公文書館デジタルアーカイブ. 国立公文書館. 2019年10月20日閲覧。
  16. ^ 金子良「西表島の水文」『農業土木研究』第28巻第6号、1961年、 310-317頁。
  17. ^ 三木健「密林に消えた島の近代史 -西表炭坑が物語るもの-」『月刊やいま』2000年9月、南山舎、2000年9月。
  18. ^ “浦内橋架け替えへ 県八重山土木事務所”. 八重山毎日新聞. (2019年3月24日). http://www.y-mainichi.co.jp/news/35169 
  19. ^ 浦内橋橋梁架替工事計画に関する提言”. トラ・ゾウ保護基金(JTEF) 西表島支部やまねこパトロール (2019年5月14日). 2020年1月27日閲覧。
  20. ^ “宇多良炭坑跡に「萬骨碑」 西表炭坑の犠牲者を追悼”. 八重山毎日新聞. (2010年6月15日). http://www.y-mainichi.co.jp/news/16181/ 
  21. ^ “「犠牲者を忘れないで」 西表・宇多良炭坑跡で式典”. 八重山毎日新聞. (2010年6月21日). http://www.y-mainichi.co.jp/news/16222/ 
  22. ^ 中央環境審議会 自然環境部会 自然公園等小委員会(第33回) 資料3-3:国立公園事業の決定・廃止・変更案件に関する説明資料 5 (PDF)”. 環境省 (2016年12月26日). 2020年1月27日閲覧。

関連項目

外部リンク

ウィキメディア・コモンズには、浦内川に関連するカテゴリがあります。


この項目は、河川に関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者を求めています(PJ河川)。 都道府県別スタブ(沖縄県) ページサイズ順河川ページ一覧(小/大)
{{bottomLinkPreText}} {{bottomLinkText}}
浦内川
Listen to this article