清少納言枕草紙抄 - Wikiwand
For faster navigation, this Iframe is preloading the Wikiwand page for 清少納言枕草紙抄.

清少納言枕草紙抄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

清少納言枕草紙抄
発行日 延宝2年(1674年)5月
ジャンル 注釈書
日本
言語 日本語
[
ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

清少納言枕草紙抄』(せいしょうなごんまくらのそうししょう)とは、江戸時代に書かれた『枕草子』の注釈書。

解説

延宝2年(1674年)5月刊行。『枕草子抄』、『磐斎抄』、『枕草子万歳抄』とも称す。著者名はないが、加藤磐斎の著作とされている。底本は能因本系統で『枕草子』全文にわたる詳細な注釈としては、現存最古のもの。九州大学附属図書館所蔵本がインターネット上で公開されている。

刊行本

  • 『加藤磐斎古注釈集成』第二巻 新典社、1985年 ※影印本
  • 『国文学註釈叢書』第二巻 名著刊行会、1929年
  • 『清少納言枕草紙抄』(『日本文学古註釈大成 枕草子古註釈大成』) 日本図書センター、1978年

参考文献

  • 秋山虔ほか編 『日本古典文学大辞典』(第3巻) 岩波書店、1988年 ※「清少納言枕草紙抄」の項

関連項目

ポータル 文学

外部リンク

この項目は、文学に関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者を求めています(P:文学/PJライトノベル)。項目が小説家・作家の場合には ((Writer-stub)) を、文学作品以外の本・雑誌の場合には ((Book-stub)) を貼り付けてください。
{{bottomLinkPreText}} {{bottomLinkText}}
清少納言枕草紙抄
Listen to this article