渋谷直蔵 - Wikiwand
For faster navigation, this Iframe is preloading the Wikiwand page for 渋谷直蔵.

渋谷直蔵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

渋谷 直蔵(しぶや なおぞう、古い文書では「澁谷直藏」。1916年大正5年)8月20日 - 1985年昭和60年)12月16日)は、日本の政治家労働官僚

来歴・人物

旧制石川中学校旧制第二高等学校、1940年東京帝国大学法学部法律学科卒業後、内務省入省。戦後、労働省に移り[1]、労働基準局長に。1960年(昭和35年)の衆議院議員総選挙に旧福島2区より出馬し、初当選。以降連続当選9回。

自由民主党では三木→河本派[1]に所属し、1978年大平内閣自治大臣兼国家公安委員会委員長兼北海道開発庁長官を務めた。1985年10月病気で引退を表明したが[2]、1985年(昭和60年)12月16日に脳腫瘍のため69歳で死去した。選挙区は穂積良行に引き継がれた。

1975年(昭和50年)秋に公労協がスト権ストの実施を図った際、スト権付与派であった[1]

脚注

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 森山欽司 ─反骨のヒューマニスト─ 第十八章 (PDF)”. 2013年8月18日閲覧。
  2. ^ 明治~昭和, 新訂 政治家人名事典. “渋谷 直蔵(シブヤ ナオゾウ)とは” (日本語). コトバンク. 2020年2月19日閲覧。
この項目は、日本の政治家に関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者を求めています(P:政治学/PJ政治)。
{{bottomLinkPreText}} {{bottomLinkText}}
渋谷直蔵
Listen to this article