渓口郷 - Wikiwand
For faster navigation, this Iframe is preloading the Wikiwand page for 渓口郷.

渓口郷

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

この記事は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2017年9月)
台湾省
嘉義県 渓口郷
別称: 双渓口
渓口郷文化生活館
地理
位置 北緯--°--'
東経--°--'
面積: 33.0463 km²
各種表記
繁体字: 溪口郷
日本語読み: けいこう
漢語: Xīkŏu
通用: sīkŏu
注音符号: ㄒㄧ ㄎㄡˇ
片仮名転写: シーコウ
台湾語: Khe-kháu
客家語: Hâi-khiéu
行政
国:
中華民国
行政区分:
上位行政区画: 台湾省
嘉義県
下位行政区画: 14村205鄰
渓口郷長: 孫維聰(代理)
公式サイト: 渓口郷公所
情報
総人口: 15,092 人(2016年1月)
世帯数: 5,382 戸(2016年1月)
郵便番号: 623
市外局番: 05
渓口郷の木: -
渓口郷の花: -
渓口郷の鳥: -
柴林脚五営神将の西営
柴林脚五営神将の西営

渓口郷(シーコウ/けいこう-きょう)は、台湾嘉義県

地理

渓口郷は嘉義県北部に位置し、北は雲林県郷と、東は大林鎮と、西は新港郷と、南は民雄郷と接している。嘉義市への通勤率は約12.5%、民雄郷への通勤率は約10-15%[1]

歴史

渓口の旧称は「双渓口」であり、これは清代に福建及び広東から移民が入植した際、華興渓と北港渓が交わる地形から命名されたものである。日本統治時代初期には嘉義県打猫支庁の下に「双渓口区」が設置され、1920年10月に「渓口庄」と改称され台南州嘉義郡の管轄となった。同時に渓口の西側を「新港庄」と分割している。戦後に「渓口郷」と改称され現在に至っている。

経済

行政区

游東村、渓北村、游西村、柴林村、林脚村、美北村、渓西村、渓東村、美南村、本厝村、妙崙村、坪頂村、柳溝村、畳渓村

歴代郷長

氏名 任期

教育

嘉義県立美林国民小学
嘉義県立美林国民小学

国民中学

  • 嘉義県立渓口国民中学

国民小学

  • 嘉義県立渓口国民小学
  • 嘉義県立美林国民小学
  • 嘉義県立柳溝国民小学
  • 嘉義県立柴林国民小学

交通

種別 路線名称 その他
省道 台1線 大林鎮 - 渓口郷 - 民雄郷

観光

  • 北極殿
  • 開元殿
  • 五営神将
  • 北白川神社遺跡
  • 陳氏宗祠
  • 劉氏古厝--妙崙
  • 曽氏洋楼
  • 渓口老街
  • 張氏洋楼

脚注

[脚注の使い方]
  1. ^ 嘉義縣綜合發展計畫,民國86年7月
プロジェクト 台湾の行政区分
この項目は、台湾に関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者を求めています(PJ:台湾 / P:アジア)。
{{bottomLinkPreText}} {{bottomLinkText}}
渓口郷
Listen to this article