猪苗代兼載 - Wikiwand
For faster navigation, this Iframe is preloading the Wikiwand page for 猪苗代兼載.

猪苗代兼載

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

猪苗代 兼載(いなわしろ けんさい、享徳元年(1452年) - 永正7年6月6日1510年7月11日[1])は、戦国時代連歌師。初め宗春[1]と称した。別号は相園坊・耕閑軒[2][3]。兼栽と記されることもある[4][5]心敬に師事し、宗祇とも交流して、宗祇とともに連歌の最盛期を作り出した。

生涯

享徳元年、陸奥国(後の岩代国会津に生まれる。父は猪苗代盛実とされる[1][3]景徐周麟『耕閑軒記』などによる[6])。叔父に連歌師・歌人の広幢がおり、兼載の後継者となる兼純は広幢の子という[7]

6歳の折に、会津黒川(現在の会津若松市)の自在院(真言宗)に出家[6]、興俊と称する[5]。文明元年(1469年)、関東下向中の連歌師心敬に師事する[3]

その後京都に上り、中央連歌壇で活躍[3]。延徳元年(1489年)[1][3]、宗祇の後を受け[3]、38歳で連歌界で最高の名誉職とされる北野連歌会所奉行となる[1]周防国山口大内政弘の後援を得て、宗祇の『新撰菟玖波集』の編纂にも参加した[1]

阿波、北陸などを旅し、文亀元年(1501年)、50歳の時に関東に下向[1]。岩城や会津、古河などを巡って連歌や古典講義を行った。下総国古河で没した[1]

墓は満福寺(栃木県野木町)にある。連歌の家門としての猪苗代家の子孫は伊達家の連歌師となった[3]

人物と作品

連歌を心敬に、和歌二条派尭恵に学んだ[2]

句集に『園塵(そののちり)』『若草山』、連歌論書に『心敬僧都庭訓』『梅薫抄』『兼載雑談』『景感道』、独吟『聖廟法楽千句』などの作がある[1][8][9]

宗祇との交流は長いが、『新撰菟玖波集』の編纂に参加中、細川成之の句をめぐって確執も生じるなど[1]、対立的な立場であった[10]。文亀2年(1502年)の宗祇の死の際には、箱根に駆けつけて長歌を詠んだ[3]

備考

  • 猪苗代地方に伝わる話によれば、出生地は小平潟村(耶麻郡猪苗代町大字中小松)という[6]。兼載の母が小平潟天満宮に願かけをして兼載が生まれたといい、多くの神童伝説が伝わっている[6]
  • 野口英世は兼載の血筋であるという説がある。英世の父である佐代助の生家は小平潟村の小桧山家であるが、この家が兼載の同族であるという[11]。小平潟村には、英世は実は小平潟村の生まれ(母のシカが奉公に来ていたという)であり、兼載の生まれ変わりであるとする話が伝えられているという[12]

脚注

[脚注の使い方]

注釈

出典

  1. ^ a b c d e f g h i j 沢井耐三. “猪苗代 兼載”. 朝日日本歴史人物事典. 2020年9月20日閲覧。
  2. ^ a b 猪苗代 兼載”. 美術人名辞典. 2020年9月20日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h 兼載”. ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典. 2020年9月20日閲覧。
  4. ^ 猪苗代兼載・猪苗代兼栽”. 精選版 日本国語大辞典. 2020年9月20日閲覧。
  5. ^ a b 戸田純子. “兼載か、兼栽か”. 会津の天才連歌師-猪苗代兼載没後500年記念-. 福島民友新聞社. 2020年9月20日閲覧。
  6. ^ a b c d 戸田純子. “天神が授けた子”. 会津の天才連歌師-猪苗代兼載没後500年記念-. 福島民友新聞社. 2020年9月20日閲覧。
  7. ^ 酒井茂幸「『広幢集』考 : 猪苗代家の源流を求めて」『国立歴史民俗博物館研究報告』第130号、2006年、2020年9月20日閲覧。
  8. ^ 猪苗代 兼載”. 大辞林 第三版. 2029年9月20日閲覧。
  9. ^ 猪苗代 兼載”. 旺文社日本史事典 三訂版. 2020年9月20日閲覧。
  10. ^ 兼載”. 世界大百科事典 第2版. 2020年9月20日閲覧。
  11. ^ 戸田純子. “野口英世の父・佐代助”.  会津の天才連歌師-猪苗代兼載没後500年記念-. 福島民友新聞社. 2020年9月20日閲覧。
  12. ^ 戸田純子. “2人の母に共通点”. 会津の天才連歌師-猪苗代兼載没後500年記念-. 福島民友新聞社. 2020年9月20日閲覧。

関連項目

ポータル 文学
この項目は、文人(小説家・詩人・歌人・俳人・著作家・作詞家・脚本家・作家・劇作家・放送作家・随筆家/コラムニスト・文芸評論家)に関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者を求めています(P:文学/PJ作家)。
{{bottomLinkPreText}} {{bottomLinkText}}
猪苗代兼載
Listen to this article