王師会

ウィキペディア フリーな 百科事典

王師会(おうしかい)とは、日本海軍の青年将校で構成された日本海軍初の革命行動組織[1]である。組織活動はほとんど行っていないが、指導者の藤井斉を中心に同志的結合を保ち、会員9名が五・一五事件を起こした。

Oops something went wrong: