田端泰子 - Wikiwand
For faster navigation, this Iframe is preloading the Wikiwand page for 田端泰子.

田端泰子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

この存命人物の記事には、出典が全くありません。信頼できる情報源の提供に、ご協力をお願いします。存命人物に関する出典の無い、もしくは不完全な情報に基づいた論争の材料、特に潜在的に中傷・誹謗・名誉毀損あるいは有害となるものはすぐに除去する必要があります。出典検索?: "田端泰子" – ニュース · 書籍 · スカラー · CiNii · J-STAGE · NDL · dlib.jp · ジャパンサーチ · TWL(2012年12月)

田端 泰子(たばた やすこ、1941年12月20日 - )は、日本の歴史学者京都橘大学名誉教授。専門は日本中世史(中世後期の村落構造)・女性史

経歴

兵庫県神戸市生まれ。1964年京都大学文学部卒業、同大学院博士課程中退、橘女子大学助教授、1980年教授、校名変更で1988年京都橘女子大学教授、1989年「中世村落の構造と領主制」で京都大学文学博士。2004年より学長、2005年校名変更で京都橘大学学長。2010年退任、名誉教授

著書

  • 『中世村落の構造と領主制』法政大学出版局 1986
  • 『日本中世の女性』吉川弘文館 1987
  • 『日本中世女性史論』塙書房 1994
  • 『女人政治の中世 北条政子日野富子』講談社現代新書 1996
  • 『日本中世の社会と女性』吉川弘文館 1998
  • 『北条政子 幕府を背負った尼御台』人文書院 2003
  • 『戦国の女たちを歩く』山と渓谷社 2004
  • 山内一豊と千代 戦国武士の家族像』岩波新書 2005
  • 『乳母の力 歴史を支えた女たち』吉川弘文館(歴史文化ライブラリー)2005
  • 高台院北政所おね 大坂の事は、ことの葉もなし』ミネルヴァ書房(ミネルヴァ日本評伝選)2007
  • 細川ガラシャ 散りぬべき時知りてこそ』ミネルヴァ書房・日本評伝選 2010
  • 『日本中世の村落・女性・社会』吉川弘文館 2010
  • 足利義政と日野富子 夫婦で担った室町将軍家』山川出版社 日本史リブレット 2011
  • 『歴史のなかの女性の人権』世界人権問題研究センター 人権問題研究叢書 2012
  • 『室町将軍の御台所 日野康子・重子・富子』吉川弘文館(歴史文化ライブラリー)2018

共編著

  • 洛東探訪 山科の歴史と文化 後藤靖共編 淡交社 1992.10
  • 家と教育 井ヶ田良治布川清司共編 早稲田大学出版部 1996(シリーズ比較家族)
  • ジェンダーと女性 上野千鶴子服藤早苗共編 早稲田大学出版部 1997.3(シリーズ比較家族)
  • 女人、老人、子ども(日本の中世 4)細川涼一共著 中央公論新社 2002.6
  • 天下人の時代 16~17世紀の京都 朝尾直弘共編 平凡社 2003.3
  • 母と娘の歴史文化学 再生産される〈性〉河原和枝、野村幸一郎共編 白地社 2009.3(京都橘大学女性歴史文化研究所叢書)

参考

この項目は、学者に関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者を求めています(PJ:人物伝/P:教育)。
{{bottomLinkPreText}} {{bottomLinkText}}
田端泰子
Listen to this article