cover image

皇太子徳仁親王と小和田雅子の結婚の儀(こうたいしなるひとしんのうとおわだまさこのけっこんのぎ)は、1993年平成5年)6月9日日本皇居にある宮中三殿において、国事行為として行われた皇室の儀式(結婚の儀)である[1]。本儀式により日本の皇太子徳仁親王(当時33歳)と小和田雅子(当時29歳)は結婚し、雅子は皇太子妃となった。

Quick facts: 期間, 会場, 場所, 別名, 種別...
皇太子徳仁親王と小和田雅子の
結婚の儀
儀式に臨む皇太子徳仁親王と皇太子妃雅子
期間1993年(平成5年)6月9日
会場皇居 宮中三殿賢所(結婚の儀)
皇居 宮殿・松の間(朝見の儀)
皇居 宮殿・豊明殿(宮中饗宴の儀、6月15日 - 6月17日)
場所日本東京都
別名皇太子ご成婚
皇太子さま・雅子さまご成婚
種別結婚式
予算3億5500万円
主催者天皇国事行為として)
日本の内閣(日本国憲法に定める助言と承認)
宮内庁(実務)
撮影者各マスメディア
Close

一連の出来事は皇太子の父である天皇明仁(当時)の皇太子時代の結婚と同様、皇太子ご成婚(ご結婚)皇太子さまご成婚皇太子さま・雅子さまご成婚などのようにマスメディアでは表現される。

本項では両名が婚約に至るまでの経緯や、納采の儀などの一連の関連行事、これらが与えた社会的影響などについても記述する。日時については特記がない限りすべて日本標準時(JST)で24時制で表記する。また人物の名や身位、役職名などは原則として当時のものである。

Oops something went wrong: