神尾元珍

ウィキペディア フリーな 百科事典

神尾 元珍 (かんお もとはる/もとたか、元和2年(1616年) - 貞享4年11月20日1687年12月24日))は、江戸時代前期の旗本茶人神尾元勝の子。主水、若狭守。正室は織田尚長の娘。弟に神尾元清、梶川忠勝梶川忠久養子)、妹に小堀政十室、柴田勝興室、大岡忠章室、能勢頼宗室、相馬義胤養妹。子に神尾元知奥山良和室。

旗本として作事奉行などを務めた。織部流佐久間将監に師事し茶の湯を学んだ(小堀遠州にも師事した)。