cover image

神道

日本の民族宗教 / ウィキペディア フリーな 百科事典

神道(しんとう、しんどう[4])は、日本宗教惟神道(かんながらのみち)ともいう。教典や具体的な教えはなく、開祖もいない。神話八百万の神自然自然現象などにもとづくアニミズム的、祖霊崇拝的な民族宗教である[5]

Quick facts: 神道, 国・地域, 信者数, 成立年, 創始者...
神道
国・地域 日本
信者数 8,792万4,087人[1]
成立年 不明(縄文時代から古墳時代にかけて原型が形成されたとされる)
創始者 なし
信仰対象 八百万の神
聖典 正典なし[2]
母体 民族信仰自然信仰祖先信仰
宗派 下記神道諸派参照
主な指導者
聖地 神社などの祭祀施設・などの自然物
教義 具体的な教義なし
テンプレートを表示
Close
樹齢約3000年の武雄神社御神木

自然とは一体として認識され、人間を結ぶ具体的作法祭祀であり、その祭祀を行う場所が神社であり、聖域とされた[6]