荒木田経雅 - Wikiwand
For faster navigation, this Iframe is preloading the Wikiwand page for 荒木田経雅.

荒木田経雅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

荒木田 経雅(あらきだ つねただ、1742年[1]10月2日寛保2年9月4日)- 1805年4月12日文化2年3月13日))は、江戸時代中期から後期の神職国学者である。本姓は中川。通称は岩五郎、豊後等がある。

経歴・人物

伊勢神宮の内宮の禰宜であった中川経正の子として生まれる[2]1773年安永2年)に父の後継として伊勢内宮の禰宜に叙せられ、荒木田氏に改姓する。神道における慣習を基にした著書を多く出版した。

後に本居宣長と親交を持ち門人となり、国学や和歌を学ぶ。この業績により、従三位に叙せられた。

主な著作物

代表的な著書

  • 『大神宮儀式解』

その他の著書

  • 『清渚集』
  • 『経雅卿雑記』

脚注

[脚注の使い方]
  1. ^ 1743年(寛保3年)説もある。
  2. ^ 上田正昭、津田秀夫、永原慶二、藤井松一、藤原彰、『コンサイス日本人名辞典 第5版』、株式会社三省堂、2009年 59頁。

出典

外部リンク

{{bottomLinkPreText}} {{bottomLinkText}}
荒木田経雅
Listen to this article