蜂須賀正韶 - Wikiwand
For faster navigation, this Iframe is preloading the Wikiwand page for 蜂須賀正韶.

蜂須賀正韶

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

蜂須賀 正韶
はちすか まさあき


基本情報
生年月日 1871年4月27日
明治4年3月8日
出生地 阿波国徳島
没年月日 1932年昭和7年)12月31日
出身校 ケンブリッジ大学トリニティ・カレッジ
称号 侯爵
配偶者 蜂須賀筆子
親族 蜂須賀茂韶(父)
徳川慶喜(岳父)
蜂須賀正氏(長男)
テンプレートを表示

蜂須賀 正韶(はちすか まさあき、明治4年3月8日1871年4月27日) - 昭和7年(1932年12月31日)は、日本の政治家、侯爵阿波蜂須賀家第17代当主。

生涯

万年山墓所の正韶夫妻の墓
万年山墓所の正韶夫妻の墓

阿波徳島藩最後の藩主(第14代)・蜂須賀茂韶の長男として徳島南浜邸に生まれる。幼名は鶴松。

1886年渡英。1890年にケンブリッジ大学トリニティ・カレッジへ入学、1895年学士号(普通学位)を取得し卒業した[1]。 帰国後、宮内省の式部官兼主猟官、皇后主事などを歴任。

1895年徳川慶喜四女の筆子と結婚。1896年年子が誕生。年子のほかには笛子、小枝子がいる。1903年、長男・正氏誕生。

1918年、父茂韶の死去により、家督を相続した。それにともない、貴族院議員になった。1924年1月16日、前任の侯爵黒田長成の勇退を受け、貴族院副議長に就任する。1931年1月15日、麝香間祗候を仰せ付けられた[2]

息子の正氏を大政治家に育てようと夢見ていたが、実現することなく、脳溢血で死去。享年62。死後には約100万円の負債が残された。

墓所は徳島県徳島市万年山墓所

栄典・授章・授賞

位階
勲章等
外国勲章佩用允許

系譜

脚注

[ヘルプ]
  1. ^ "Hachisuka, Masa Aki. (HCSK890MA)". A Cambridge Alumni Database (英語). University of Cambridge.
  2. ^ 『官報』第1212号、昭和6年1月16日。
  3. ^ 『官報』第1351号「叙任及辞令」1887年12月28日。
  4. ^ a b c d e f g h i j k 元貴族院副議長侯爵蜂須賀正韶叙勲ノ件』 アジア歴史資料センター Ref.A10113085400 
  5. ^ 『官報』第4200号「叙任及辞令」1897年7月3日。
  6. ^ 『官報』第6135号「叙任及辞令」1903年12月12日。
  7. ^ 『官報』第4134号「叙任及辞令」1926年6月5日。
  8. ^ 『官報』第1804号「叙任及辞令」1933年1月7日。
  9. ^ 『官報』第2169号「叙任及辞令」1919年10月27日。
  10. ^ 『官報』第3449号「叙任及辞令」1924年2月25日。
  11. ^ 『官報』第1217号「叙任及辞令」1931年1月22日。
  12. ^ 『官報』第1499号・付録「辞令二」1931年12月28日。
  13. ^ 『官報』第3068号「敍任及辞令・二」1937年3月27日。
  14. ^ 『官報』第7600号「叙任及辞令」1908年10月24日。
  15. ^ 『官報』第7732号「叙任及辞令」1909年4月8日。


日本の爵位
先代:
蜂須賀茂韶
侯爵
蜂須賀家第2代
1918年 - 1932年
次代:
蜂須賀正氏
この項目は、日本の政治家に関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者を求めています(P:政治学/PJ政治)。
{{bottomLinkPreText}} {{bottomLinkText}}
蜂須賀正韶
Listen to this article