言継卿記 - Wikiwand
For faster navigation, this Iframe is preloading the Wikiwand page for 言継卿記.

言継卿記

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

言継卿記』(ときつぐきょうき)は、戦国期の公家、山科言継の日記。1527年(大永7年)から1576年(天正4年)の50年に渡って書かれているが、散逸部分も少なくない。有職故実芸能、戦国期の政治情勢などを知る上で貴重な史料。

一年分をまとめて冊子にして、表紙の扉の表には甲子・土用入など注意を要する日付を列記し、扉の裏には天皇の年齢と「御哀日」、自身の家族の年齢と「衰日」を列記している[1]

なお山科言継は上泉信綱と親しく来訪の記録がある。また、言継は医療にも精通しており、彼自身が治療に携わった医療行為に関する詳細な記録も残されており、現存する日本で最古のまとまった診療録であるとも言われている。

現在、京都大学東京大学史料編纂所などに保管されている。

脚注

  1. ^ 山田邦明 「山科言継とその子女」、戦国史研究会編 『戦国期政治史論集』 西国編巻 岩田書院、2017年。ISBN 978-4-86602-013-6 

外部リンク

この項目は、文学に関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者を求めています(P:文学/PJライトノベル)。項目が小説家・作家の場合には ((Writer-stub)) を、文学作品以外の本・雑誌の場合には ((Book-stub)) を貼り付けてください。
{{bottomLinkPreText}} {{bottomLinkText}}
言継卿記
Listen to this article