談林派 - Wikiwand
For faster navigation, this Iframe is preloading the Wikiwand page for 談林派.

談林派

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

談林派だんりんは)は、延宝期を中心に、主として京都・大坂・江戸の三都で流行した誹諧の流派。また、その俳風。

概要

「談林」とは仏教の学問所を意味する語であるが、西山宗因を師と仰ぐ田代松意などが自らを「俳諧談林」と呼称したことから、後に「談林俳諧」と呼ばれるようになった。その流行は延宝期前後の約10年間とされ、当時の呼称は宗因流・宗因風であった[1]。一時は、松永貞徳門下による貞門派に代わって俳壇の中心を占めたが、西山宗因の死後、急速に衰退した[2]

和歌の伝統や言葉の縁に立脚する点で、貞門派と談林派は共通しているが、談林派は、道理の攪乱や発想の意外性を重視する点に特徴がある[2]。また、貞門派は和歌を絶対視するのに対して、談林派は自由で笑いの要素が強い俳諧を標榜した。そのため、談林派は「軽口」「無心所着」を特色とする[1]

貞門派で体得した手法を談林派で活用する俳人も多く、桃青号を名乗っていた松尾芭蕉もその一人である。

主な俳人

関連項目

脚注

  1. ^ a b 佐藤勝明 『21世紀日本文学ガイドブック5 松尾芭蕉』 ひつじ書房、2011年10月、2-28頁。 
  2. ^ a b 岡本勝・雲英末雄 『新版近世文学研究事典』 おうふう、2006年2月、285-288頁。 

外部リンク

この項目は、文学に関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者を求めています(P:文学/PJライトノベル)。項目が小説家・作家の場合には ((Writer-stub)) を、文学作品以外の本・雑誌の場合には ((Book-stub)) を貼り付けてください。
{{bottomLinkPreText}} {{bottomLinkText}}
談林派
Listen to this article