谷正之 - Wikiwand
For faster navigation, this Iframe is preloading the Wikiwand page for 谷正之.

谷正之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

年譜形式の経歴は推奨されていません。人物の伝記は流れのあるまとまった文章で記述し、年譜は補助的な使用にとどめてください。(2015年7月)

谷 正之(たに まさゆき、1889年2月9日 - 1962年10月26日)は、昭和外交官外務大臣。妻・澄子は島津長丸の娘[1]

来歴

熊本県上益城郡飯野村櫛島(現・益城町)出身[2]熊本中学第五高等学校東京帝国大学法科政治学科卒業。

栄典

エピソード

戦後の外務省内において太田三郎・加瀬俊一と共に重光葵の腹心として活躍、「重光三羽烏」と称された。重光が副総理・外相を務めた時代には駐米大使に就任した。

脚注

[ヘルプ]
  1. ^ 谷正之人事興信録. 第8版(昭和3年)
  2. ^ 熊本教育振興会『肥後の人物ものがたり』熊本教育振興会事務局、1988、214-215頁
  3. ^ 『官報』第2431号「授爵・叙任及辞令」1920年9月8日。
  4. ^ 『官報』第4688号「叙任及辞令」1942年8月25日。


先代:
沢田廉三
外務次官
1939年 - 1940年
次代:
大橋忠一
先代:
伊藤述史
情報局総裁
第2代:1941年 - 1943年
次代:
天羽英二
先代:
東條英機
外務大臣
第67代:1942年 - 1943年
次代:
重光葵
この項目は、日本の政治家に関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者を求めています(P:政治学/PJ政治)。
{{bottomLinkPreText}} {{bottomLinkText}}
谷正之
Listen to this article