貞門派 - Wikiwand
For faster navigation, this Iframe is preloading the Wikiwand page for 貞門派.

貞門派

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

貞門派(ていもんは)は、江戸時代前期の歌人俳人連歌も行った松永貞徳1571年1654年)によって提唱された俳諧の流派。

概要

貞門派は、山崎宗鑑荒木田守武に代表される室町時代の俳諧を刷新し、新たな様式と俳諧観を確立した。貞門派は手法上、古典の素養を重んじたため、多くの貞門派の俳人が古典注釈書を著し、庶民への啓蒙や古典研究に寄与した[1]。一方で、知識偏重・言語遊戯を専らとする作風は、マンネリズムを招き、貞徳没後は談林派に覇権を奪われる[1]。しかし、貞門派は途絶えたわけではなく、京都を中心として、幕末に至るまで命脈を保った[1]

主な門人

貞門七俳仙 - 貞門派の主要俳人七名

江戸五哲 - 江戸で活躍した貞門派五名

その他

脚注

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c 岡本勝・雲英末雄 『新版近世文学研究事典』 おうふう、2006年2月、281-284頁。 

関連項目

この項目は、文学に関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者を求めています(P:文学/PJライトノベル)。項目が小説家・作家の場合には ((Writer-stub)) を、文学作品以外の本・雑誌の場合には ((Book-stub)) を貼り付けてください。
{{bottomLinkPreText}} {{bottomLinkText}}
貞門派
Listen to this article