cover image

貴族院 (日本)

明治憲法下の日本における帝国議会の上院 / ウィキペディア フリーな 百科事典

貴族院(きぞくいん)は、明治憲法下の日本において帝国議会を構成した上院[4]1890年明治23年)11月29日から1947年昭和22年)5月3日まで設置されていた。貴院と略称された。両院制(二院制)である帝国議会の一翼を担い[5]下院にあたる衆議院とは同格の関係にあったが、予算先議権は衆議院が有していた[3]

Quick facts: 日本の議会 貴族院 (きぞくいん), 種類, 種類, 沿革, 設立...
日本の議会
貴族院
(きぞくいん)
旧貴族院の銘板(参議院収蔵)
種類
種類
沿革
設立1890年明治23年)11月29日
廃止1947年昭和22年)5月3日
後継参議院
構成
任期
終身(皇族議員、侯爵華族議員、勅選議員)[1]
7年(男爵華族議員、勅選議員以外の勅任議員)[2]
選挙
自動的(皇族議員、公侯爵華族議員)[3]
互選(伯子男爵華族議員)[2]
勅選(勅選議員など)[3]
議事堂
日本東京府東京市麹町区永田町国会議事堂(昭和15年12月時)[1]
憲法
明治憲法[1]
Close

貴族院令に基づき皇族議員華族議員及び勅任議員によって構成され、解散はなく[3]、議員任期は7年の者と終身任期の者があった[2]。全議員が非公選であるが、有識者が勅任により議員となる制度が存在していた[2]

1947年(昭和22年)5月3日日本国憲法施行により、華族制度と同時に廃止され、国会の上院として参議院(さんぎいん)が設立された。参議院は解散せず、任期6年の3年毎の半数の改選による通常選挙で、総選挙による衆議院議員の選出と同様、全員公選の議員により構成されることになり[4]皇族が議員の職に就くことはなくなり、終身任期制・勅任議員職が廃止された。