近藤用義 - Wikiwand
For faster navigation, this Iframe is preloading the Wikiwand page for 近藤用義.

近藤用義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

この記事には複数の問題があります。改善やノートページでの議論にご協力ください。 出典がまったく示されていないか不十分です。内容に関する文献や情報源が必要です。(2020年10月) 独立記事作成の目安を満たしていないおそれがあります。(2020年10月)

近藤 用義(こんどう もちよし、慶長元年(1596年) - 寛永3年10月13日1626年12月1日))は、近藤秀用の4男。近藤季用近藤用可たちの弟。母は本多信俊の娘。通称、彦九郎。子に近藤用将上杉長貞室。

大坂の陣ののち、小姓組となる。父秀用の小田原城番の時にその職務を補佐する。寛永3年、小田原で没する。享年31。

父に先立ち用義が没したので、子の用将が秀用の遺領のうち5450石を分知され、井伊谷近藤家の祖となる。     

{{bottomLinkPreText}} {{bottomLinkText}}
近藤用義
Listen to this article