釈迦(釋迦、しゃか)は、北インド[2]の人物で、歴史上に実在した仏陀仏教開祖。ただし、存命していた時代については後述の通り紀元前7世紀紀元前6世紀紀元前5世紀など複数の説があり、正確な生没年は分かっていない。

この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。
この項目にはブラーフミー系文字(インド系文字)が含まれています。環境によっては、フォントをインストールしていても、母音記号の位置が乱れたり結合文字が分かれたりします詳細
Quick facts: 釈迦, 生地, 没地, 弟子...
釈迦
生没年:旧暦4月8日(伝承による)[1]
サールナート考古博物館英語版のブッダ像
生地 コーサラ国カピラヴァストゥ
没地 マッラ国クシナガラ
弟子 舎利弗摩訶目犍連摩訶迦葉
須菩提富楼那弥多羅尼子
摩訶迦旃延阿那律優波離
羅睺羅阿難
テンプレートを表示
Close
Quick facts: 中国語, 繁体字, 簡体字, 発音記号, 標準中国語...
釈迦
中国語
繁体字 釋迦牟尼
簡体字 释迦牟尼
発音記号
標準中国語
漢語拼音Shìjiāmóuní
注音符号ㄕˋ ㄐㄧㄚ ㄇㄡˊ ㄋㄧˊ
客家語
客家語拼音Sṳt-kâ-mèu-nì
粤語
粤拼sik1 gaa1 mau4 nei4
閩南語
閩南語白話字Sek-khia-mô͘-nî
朝鮮語
ハングル석가모니
漢字釋迦牟尼
発音記号
RR式seog-ga-mo-ni
MR式sŏk-ka-mo-ni
ベトナム語
クオック・グーTất-đạt-đa Cồ-đàm
チュノム悉達多瞿曇
タイ語
タイ語พระโคตมพุทธเจ้า
RTGSPhra Khotama Phuttha Chao
インドネシア語
インドネシア語Siddhartha Gautama
ビルマ語
ビルマ語ဂေါတမ ဗုဒ္ဓ
ヒンディー語
ヒンディー語गौतम बुद्ध
Close

姓名はサンスクリット語の発音に基づいた表記ではガウタマ・シッダールタ: गौतम सिद्धार्थ Gautama Siddhārtha[3][4])、パーリ語の発音に基づいてゴータマ・シッダッタ[5]: Gotama Siddhattha)とも表記される。漢訳では瞿曇悉達多(くどんしっだった)である[4][注釈 1]

仏舎利と言われる遺骨は真身舎利、真正仏舎利として今も祀られ、信仰を集めている。

その言動は阿含経典群に記されてある。

Oops something went wrong: