鍛冶良作 - Wikiwand
For faster navigation, this Iframe is preloading the Wikiwand page for 鍛冶良作.

鍛冶良作

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

この記事には参考文献や外部リンクの一覧が含まれていますが、脚注によって参照されておらず、情報源が不明瞭です。脚注を導入して、記事の信頼性向上にご協力ください。(2020年5月)
この記事で示されている出典について、該当する記述が具体的にその文献の何ページあるいはどの章節にあるのか、特定が求められています。ご存知の方は加筆をお願いします。(2020年5月)

鍛冶 良作(かじ りょうさく、1895年明治28年)2月20日 - 1980年昭和55年)6月8日)は、日本の弁護士政治家

経歴

富山県出身。1915年、上京し谷欽太郎(衆議院議員)の書生となり、1921年明治大学卒業。1922年、弁護士を開業。1932年神田区会議員となり、1947年富山一区から衆議院議員に初当選し、以降7期務め、法務政務次官大蔵政務次官などを歴任。1960年裁判官弾劾裁判所裁判長に就任。政界引退後は再び弁護士活動に従事。勲二等旭日重光章勲一等瑞宝章

親族

参考文献

  • 『日本人物情報大系』皓星社、1999年。
{{bottomLinkPreText}} {{bottomLinkText}}
鍛冶良作
Listen to this article