雨森清貞 - Wikiwand
For faster navigation, this Iframe is preloading the Wikiwand page for 雨森清貞.

雨森清貞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

この記事は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。出典検索?: "雨森清貞" – ニュース · 書籍 · スカラー · CiNii · J-STAGE · NDL · dlib.jp · ジャパンサーチ · TWL(2017年2月)
 
雨森清貞[要出典]
時代 戦国時代 - 安土桃山時代[要出典]
生誕 不明
死没 不明
別名 通称:弥兵衛[要出典]
主君 浅井久政長政
氏族 雨森氏
テンプレートを表示

雨森 清貞[要出典](あめのもり きよさだ)は、戦国時代から安土桃山時代[要出典]にかけての武将浅井氏の家臣。通称である弥兵衛[要出典]の名で知られる。近江国伊香郡雨森城主。

生涯

浅井久政の代から浅井氏に仕え[要出典]、奏者として国政に参与し[要出典]、各地の合戦で活躍[要出典]していたようだが、清貞に関する資料が少なく[要出典]詳しい事績はよくわかっていない。最後まで浅井長政に従い、1573年小谷城の戦いで奮戦して、長政から感謝状を貰ったとされる。しかし、浅井氏は滅亡し、清貞も討ち死し、または逃亡したとも伝わる。なお、羽柴秀吉に仕えた雨森清兵衛は、同一人物とも言われるが、不明である。また、この清貞の名も確定的なものではなく、本当に「清貞」と名乗っていたかは不明である。海北綱親赤尾清綱雨森清貞の三将の頭文字を取って「海赤雨の三将」と総称された。

{{bottomLinkPreText}} {{bottomLinkText}}
雨森清貞
Listen to this article