高島玄札 - Wikiwand
For faster navigation, this Iframe is preloading the Wikiwand page for 高島玄札.

高島玄札

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

高島 玄札(たかしま げんさつ、1594年文禄3年)- 1676年延宝4年))は、江戸時代前期の俳人[1][2]医師[1]である。名は玄道。貞門派内における貞門五俳哲の一人[1][2]

経歴・人物

伊勢山田(現在の三重県伊勢市)の生まれ[2]1614年慶長19年)ころに江戸に入り商人として活躍した[1][2]。後に松永貞徳から俳諧を学び[2]1636年寛永13年)には医師としても活動した[2]

多くの俳諧の撰集を刊行し、斎藤徳元と共に江戸における俳諧創成期の代表的な俳人となった[2]。玄札が詠んだ俳諧の作風は言葉遊びを彷彿させていると評された[2]

主な著作物

  • 『誹諧抜書』
  • 『とくさ(十種)千句』- 玄札の門下であった白鴎との共著[1][2]

脚注

  1. ^ a b c d e デジタル版 日本人名大辞典+Plus(講談社)『高島玄札』- コトバンク
  2. ^ a b c d e f g h i 朝日日本歴史人物事典(朝日新聞出版)『高島玄札』- コトバンク
この項目は、文人(小説家・詩人・歌人・俳人・著作家・作詞家・脚本家・作家・劇作家・放送作家・随筆家/コラムニスト・文芸評論家)に関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者を求めています(P:文学/PJ作家)。
{{bottomLinkPreText}} {{bottomLinkText}}
高島玄札
Listen to this article