1968年オランダグランプリ - Wikiwand
For faster navigation, this Iframe is preloading the Wikiwand page for 1968年オランダグランプリ.

1968年オランダグランプリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

オランダ 1968年オランダグランプリ
レース詳細
1968年F1世界選手権全12戦の第5戦
ザントフォールト (1948-1971)
日程 1968年6月23日
正式名称 XVI Grote Prijs van Nederland
開催地 ザントフォールト・サーキット
オランダ ザントフォールト
コース 恒久的レース施設
コース長 4.193 km (2.605 mi)
レース距離 90周 377.370 km (234.487 mi)
決勝日天候 雨(ウエット)
ポールポジション
ドライバー フェラーリ
タイム 1:23.54
ファステストラップ
ドライバー
ジャン=ピエール・ベルトワーズ
マトラ
タイム 1:45.91 (6周目)
決勝順位
優勝 マトラ-フォード
2位 マトラ
3位 BRM

1968年オランダグランプリ (1968 Dutch Grand Prix) は、1968年のF1世界選手権第5戦として、1968年6月23日ザントフォールト・サーキットで開催された。

90周で行われたレースは、マトラ・インターナショナルジャッキー・スチュワートが5番手スタートから優勝、マトラ・スポールジャン=ピエール・ベルトワーズが2位、BRMペドロ・ロドリゲスが3位となった。

エントリー

F1サーカスがザントフォールトに集まったとき、フィールドは前戦ベルギーGPとほぼ同じであった。ダン・ガーニーは自身のイーグルに使用できるウェスレイク英語版エンジンを持っておらず、ブラバムは彼のために新しいレプコV8エンジンを用意し、3台目として走らせた。クーパーは2週間前にルドビコ・スカルフィオッティ英語版がロスフェルドで行われたヒルクライムの事故で亡くなり、ブライアン・レッドマンも前戦ベルギーGPで負傷したため、ルシアン・ビアンキ1台のみ参加した[1]

エントリーリスト

チーム No. ドライバー コンストラクター シャシー エンジン タイヤ
ブルース・マクラーレン・モーターレーシング
1
デニス・ハルム
マクラーレン M7A フォードコスワース DFV 3.0L V8 G
2
ブルース・マクラーレン
ゴールドリーフ・チーム・ロータス
3
グラハム・ヒル
ロータス 49B フォードコスワース DFV 3.0L V8 F
4
ジャッキー・オリバー
ブラバム・レーシング・オーガニゼーション
5
ジャック・ブラバム
ブラバム BT26 レプコ 860 3.0L V8 G
6
ヨッヘン・リント
18
ダン・ガーニー
BT24 レプコ 740 3.0L V8
ホンダ・レーシング
7
ジョン・サーティース
ホンダ RA301 ホンダ RA301E 3.0L V12 F
マトラ・インターナショナル
8
ジャッキー・スチュワート
マトラ MS10 フォードコスワース DFV 3.0L V8 D
スクーデリア・フェラーリ SpA SEFAC
9
クリス・エイモン
フェラーリ 312/68 フェラーリ 242 3.0L V12 F
10
ジャッキー・イクス
フェラーリ 242C 3.0L V12
クーパー・カー・カンパニー
12
ブライアン・レッドマン 1
クーパー T86B BRM P142 3.0L V12 F
14
ルシアン・ビアンキ
オーウェン・レーシング・オーガニゼーション
15
ペドロ・ロドリゲス
BRM P133 BRM P142 3.0L V12 G
16
リチャード・アトウッド
P126
マトラ・スポール
17
ジャン=ピエール・ベルトワーズ
マトラ MS11 マトラ MS9 3.0L V12 D
ヨアキム・ボニエ・レーシングチーム
19
ヨアキム・ボニエ
マクラーレン M5A BRM P142 3.0L V12 G
レグ・パーネル・レーシング
20
ピアス・カレッジ
BRM P126 BRM P142 3.0L V12 G
ロブ・ウォーカー/ジャック・ダーラッシャー・レーシングチーム
21
ジョー・シフェール
ロータス 49 フォードコスワース DFV 3.0L V8 F
シャルル・ホーゲル・レーシング
22
シルビオ・モーザー
ブラバム BT20 レプコ 620 3.0L V8 G
ソース:[2]
追記
  • ^1 - レッドマンは前戦ベルギーGPのアクシデントで負傷したため不参加[1]

予選

フェラーリクリス・エイモンポールポジションを獲得し、ブラバムヨッヘン・リントロータスグラハム・ヒルフロントローを占めた[注 1]ジャック・ブラバムジャッキー・スチュワートマトラ-フォード)とともに2列目、3列目はジャッキー・イクス(フェラーリ)とデニス・ハルムマクラーレン)、そして前戦ベルギーGPでチーム初勝利を挙げたブルース・マクラーレンが占めた[1]ホンダジョン・サーティースは、練習走行からZFデフロックの不具合によって、時にオーバーステア、時にアンダーステアとなる「奇妙なステアリング」に振り回され、マクラーレン勢より後方の9番手と振るわなかった[3]

結果

順位 No. ドライバー コンストラクター タイム グリッド
1 9
クリス・エイモン
フェラーリ 1:23.54 - 1
2 6
ヨッヘン・リント
ブラバム-レプコ 1:23.70 +0.16 2
3 3
グラハム・ヒル
ロータス-フォード 1:23.84 +0.30 3
4 5
ジャック・ブラバム
ブラバム-レプコ 1:23.90 +0.36 4
5 8
ジャッキー・スチュワート
マトラ-フォード 1:24.41 +0.87 5
6 10
ジャッキー・イクス
フェラーリ 1:24.42 +0.88 6
7 1
デニス・ハルム
マクラーレン-フォード 1:24.45 +0.91 7
8 2
ブルース・マクラーレン
マクラーレン-フォード 1:24.58 +1.04 8
9 7
ジョン・サーティース
ホンダ 1:25.22 +1.68 9
10 4
ジャッキー・オリバー
ロータス-フォード 1:25.48 +1.94 10
11 15
ペドロ・ロドリゲス
BRM 1:25.51 +1.97 11
12 18
ダン・ガーニー
ブラバム-レプコ 1:25.79 +2.25 12
13 21
ジョー・シフェール
ロータス-フォード 1:25.86 +2.32 13
14 20
ピアス・カレッジ
BRM 1:26.07 +2.53 14
15 16
リチャード・アトウッド
BRM 1:26.72 +3.18 15
16 17
ジャン=ピエール・ベルトワーズ
マトラ 1:26.76 +3.22 16
17 22
シルビオ・モーザー
ブラバム-レプコ 1:28.29 +4.75 17
18 14
ルシアン・ビアンキ
クーパー-BRM 1:28.31 +4.77 18
19 19
ヨアキム・ボニエ
マクラーレン-BRM 1:28.43 +4.89 19
ソース:[4][5]

決勝

ジャッキー・スチュワートがレースを制した。
ジャッキー・スチュワートがレースを制した。
サーティースがドライブするホンダ・RA301
サーティースがドライブするホンダ・RA301

週末は天候が悪く、スタート時は小雨が降っていた。ヨッヘン・リントがリードしたが、1周目が終わるまでにグラハム・ヒルジャッキー・スチュワートに抜かれて3位に後退した。雨が激しくなった4周目にスチュワートがリードを奪い、すぐに大きなリードを築いた。ヒルは中団グループから抜け出したジャン=ピエール・ベルトワーズからプレッシャーを受けた。23周目にベルトワーズはスロットルの砂を除去するためにピットインしなければならず、7位に後退した。彼がコースに復帰すると、ダン・ガーニージャッキー・イクスクリス・エイモンペドロ・ロドリゲスを次々とパスして3位に浮上し、50周目にはヒルも抜いて2位に浮上した。ヒルは61周目にスピンを喫してロドリゲスの後方の4位に後退し、82周目に再びスピンを喫し、今度はリタイアしなければならなかった[1]

スチュワートはベルトワーズを従え、マトラのマシンが1-2フィニッシュを達成した[1]。フランスのコンストラクターがF1世界選手権レースを制したのは初めてのことであった[6]。4月末にハラマ・サーキットで行われたF2レースで右腕を骨折したスチュワートは、2戦を欠場したのち復帰してからもギブスを付けながらの参戦を強いられ[6]、レース後の表彰式もギブスを付けたまま登場した[7]。ロドリゲス(BRM)が3位表彰台を獲得し、イクス(フェラーリ)が4位、シャルル・ホーゲルからブラバムを走らせたシルビオ・モーザーは5位に入賞して初ポイントを獲得したが、優勝したスチュワートからは3周遅れであった[1]

ホンダ陣営は天候を読み違え、ジョン・サーティースを晴天用タイヤでスタートさせてしまい、降雨により2回のタイヤ交換によって勝機を失った。さらに練習走行で発生した「奇妙なハンドリング」の症状が再び発生し、最後は発電機ローターの脱落によりリタイアした。レース中の「奇妙なハンドリング」の原因はデフロックではなく、コニガス入りダンパーのガスシールが破れ、左フロントのダンパーがスカスカになったためであった[3]

結果

順位 No. ドライバー コンストラクター 周回数 タイム/リタイア原因 グリッド ポイント
1 8
ジャッキー・スチュワート
マトラ-フォード 90 2:46:11.2 5 9
2 17
ジャン=ピエール・ベルトワーズ
マトラ 90 +1:33.93 16 6
3 15
ペドロ・ロドリゲス
BRM 89 +1 Lap 11 4
4 10
ジャッキー・イクス
フェラーリ 88 +2 Laps 6 3
5 22
シルビオ・モーザー
ブラバム-レプコ 87 +3 Laps 17 2
6 9
クリス・エイモン
フェラーリ 85 +5 Laps 1 1
7 16
リチャード・アトウッド
BRM 85 +5 Laps 15
8 19
ヨアキム・ボニエ
マクラーレン-BRM 82 +8 Laps 19
9 3
グラハム・ヒル
ロータス-フォード 81 アクシデント 3
NC 4
ジャッキー・オリバー
ロータス-フォード 80 規定周回数不足 10
Ret 18
ダン・ガーニー
ブラバム-レプコ 63 スロットル 12
Ret 21
ジョー・シフェール
ロータス-フォード 55 ギアボックス 13
Ret 7
ジョン・サーティース
ホンダ 50 オルタネーター 9
Ret 20
ピアス・カレッジ
BRM 50 スピンオフ 14
Ret 6
ヨッヘン・リント
ブラバム-レプコ 39 イグニッション 2
Ret 5
ジャック・ブラバム
ブラバム-レプコ 22 スピンオフ 4
Ret 2
ブルース・マクラーレン
マクラーレン-フォード 19 アクシデント 8
Ret 1
デニス・ハルム
マクラーレン-フォード 10 イグニッション 7
Ret 14
ルシアン・ビアンキ
クーパー-BRM 9 アクシデント 18
ソース:[8]
ファステストラップ[9]
ラップリーダー[10]

第5戦終了時点のランキング

  • : トップ5のみ表示。前半6戦のうちベスト5戦及び後半6戦のうちベスト5戦がカウントされる。

脚注

[ヘルプ]

注釈

  1. ^ 本レースのスターティンググリッドは3-2-3。

出典

  1. ^ a b c d e f Dutch GP, 1968”. grandprix.com. 2019年9月4日閲覧。
  2. ^ Netherlands 1968 - Race entrants”. STATS F1. 2019年9月4日閲覧。
  3. ^ a b (中村良夫 1998, p. 251)
  4. ^ Netherlands 1968 - Qualifications”. STATS F1. 2019年9月4日閲覧。
  5. ^ Netherlands 1968 - Starting grid”. STATS F1. 2019年9月4日閲覧。
  6. ^ a b (林信次 1995, p. 59)
  7. ^ (林信次 1995, p. 60)
  8. ^ 1968 Dutch Grand Prix”. formula1.com. 2015年1月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年9月26日閲覧。
  9. ^ Netherlands 1968 - Best laps”. STATS F1. 2019年9月5日閲覧。
  10. ^ Netherlands 1968 - Laps led”. STATS F1. 2019年9月5日閲覧。
  11. ^ a b Netherlands 1968 - Championship”. STATS F1. 2019年3月15日閲覧。

参照文献

  • Wikipedia英語版 - en:1968 Dutch Grand Prix(2019年7月10日 0:55:50(UTC))
  • Lang, Mike (1982). Grand Prix! Vol 2. Haynes Publishing Group. pp. 68–69. ISBN 0-85429-321-3. 
  • 林信次『F1全史 1966-1970 [3リッターF1の開幕/ホンダ挑戦期の終わり]』ニューズ出版、1995年。ISBN 4-938495-06-6
  • 中村良夫『F-1グランプリ ホンダF-1と共に 1963-1968 (愛蔵版)』三樹書房、1998年。ISBN 4-89522-233-0

外部リンク

ウィキメディア・コモンズには、1968年オランダグランプリに関連するカテゴリがあります。
前戦
1968年ベルギーグランプリ
FIA F1世界選手権
1968年シーズン
次戦
1968年フランスグランプリ
前回開催
1967年オランダグランプリ
オランダグランプリ
次回開催
1969年オランダグランプリ
{{bottomLinkPreText}} {{bottomLinkText}}
1968年オランダグランプリ
Listen to this article