1969年カナダグランプリ - Wikiwand
For faster navigation, this Iframe is preloading the Wikiwand page for 1969年カナダグランプリ.

1969年カナダグランプリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

カナダ 1969年カナダグランプリ
レース詳細
1969年F1世界選手権全11戦の第9戦
日程 1969年9月20日
正式名称 IX Player's Canadian Grand Prix[1]
開催地 モスポート・インターナショナル・レースウェイ
カナダ オンタリオ州 ボウマンビル英語版
コース 恒久的レース施設
コース長 3.957 km (2.458 mi)
レース距離 90周 356.13 km (221.22 mi)
決勝日天候 晴(ドライ)
最高気温: 21.1 °C (70.0 °F)
最大風速: 2.8 m/s (6.3 mph)[2]
ポールポジション
ドライバー ブラバム-フォード
タイム 1:17.4
ファステストラップ
ドライバー ベルギー ジャッキー・イクス (30周目) ブラバム-フォード
ファステストラップ オーストラリア ジャック・ブラバム (62周目) ブラバム-フォード
タイム 1:18.1
決勝順位
優勝 ブラバム-フォード
2位 ブラバム-フォード
3位 ロータス-フォード

1969年カナダグランプリ (1969 Canadian Grand Prix) は、1969年のF1世界選手権第9戦として、1969年9月20日モスポート・インターナショナル・レースウェイで開催された。

レースは90周で行われ、ブラバムジャッキー・イクスポール・トゥ・ウィンで優勝、チームメイトのジャック・ブラバムが2位、ロータスヨッヘン・リントが3位となった。

背景

前年のカナダGPモントランブラン・サーキットで開催されたが、2年ぶりにモスポート・パークへ戻り、前戦イタリアGPから2週間後に開催された[3]

エントリー

本レースは3チームが3台目をエントリーした。チーム・ロータス四輪駆動車の63ジョン・マイルス英語版に、マトラも四輪駆動車のMS84ジョニー・セルボ=ギャバンにそれぞれ与え、BRMは地元出身のビル・ブラック英語版P138を走らせる[3]

この年不振を極めたフェラーリは、ルイジ・キネッティ英語版率いるフェラーリの北米代理店「ノースアメリカン・レーシングチーム英語版(NART)」から北米での終盤3戦に参戦し、ペドロ・ロドリゲス312を走らせる[3][4][5]

この他、地元出身のドライバーが2人エントリーされ、Can-Amドライバーのジョン・コーズ英語版ブラバム・BT23B[6]アル・ピース英語版イーグル・T1F英語版を走らせる[7]。両者とも古いクライマックスFPFエンジン(2.7L直列4気筒)を使用するが、同社のエンジンが使用されるのは本レースが最後であり[8]イーグルのマシンによる出走も本レースが最後となった[9]

エントリーリスト

チーム No. ドライバー コンストラクター シャシー エンジン タイヤ
ゴールドリーフ・チーム・ロータス
1
グラハム・ヒル
ロータス 49B フォードコスワース DFV 3.0L V8 F
2
ヨッヘン・リント
3
ジョン・マイルス
63
ブルース・マクラーレン・モーターレーシング
4
ブルース・マクラーレン
マクラーレン M7C フォードコスワース DFV 3.0L V8 G
5
デニス・ハルム
M7A
ノースアメリカン・レーシングチーム
6
ペドロ・ロドリゲス
フェラーリ 312/69 フェラーリ 255C 3.0L V12 F
ロブ・ウォーカー/ジャック・ダーラッシャー・レーシングチーム
9
ジョー・シフェール
ロータス 49B フォードコスワース DFV 3.0L V8 F
モーターレーシング・ディベロップメンツ・リミテッド
11
ジャッキー・イクス
ブラバム BT26A フォードコスワース DFV 3.0L V8 G
12
ジャック・ブラバム
オーウェン・レーシング・オーガニゼーション
14
ジョン・サーティース
BRM P139 BRM P142 3.0L V12 D
15
ジャッキー・オリバー
16
ビル・ブラック
P138
マトラ・インターナショナル
17
ジャッキー・スチュワート
マトラ MS80 フォードコスワース DFV 3.0L V8 D
18
ジャン=ピエール・ベルトワーズ
19
ジョニー・セルボ=ギャバン
MS84
シルビオ・モーザー・レーシングチーム
20
シルビオ・モーザー
ブラバム BT24 フォードコスワース DFV 3.0L V8 G
フランク・ウィリアムズ・レーシングカーズ
21
ピアス・カレッジ
ブラバム BT26A フォードコスワース DFV 3.0L V8 D
エキュリー・ボニエ
22
ヨアキム・ボニエ 1
ロータス 49B フォードコスワース DFV 3.0L V8 F
ファルケン・レーシング
23
トニー・ランフランチ 2
クーパー T86B マセラティ 10/F1 3.0L V12 G
ピート・ラブリー・フォルクスワーゲン・インク
25
ピート・ラブリー
ロータス 49B フォードコスワース DFV 3.0L V8 F
ポール・サイツ
26
ジョン・コーズ
ブラバム BT23B クライマックス FPF 2.8L L4 D
ジョン・マリオン
69
アル・ピース
イーグル T1F クライマックス FPF 2.8L L4 F
ソース:[10]
追記
  • ^1 - ボニエはマシンが準備できず欠場[11]
  • ^2 - ランフランチはエントリーのみ[11]

予選

調子が良かったジャッキー・イクスブラバム)はポールポジションを獲得し、ジャン=ピエール・ベルトワーズマトラ)、ヨッヘン・リントロータス)とともにフロントローに並んだ[注 1]。既にチャンピオンを決めていたジャッキー・スチュワート(マトラ)はデニス・ハルムマクラーレン)とともに2列目を、ジャック・ブラバム(ブラバム)、グラハム・ヒル(ロータス)、ジョー・シフェールロブ・ウォーカー)が3列目を占めた[3]

予選結果

順位 No. ドライバー コンストラクター タイム グリッド
1 11
ジャッキー・イクス
ブラバム-フォード 1:17.4 - 1
2 18
ジャン=ピエール・ベルトワーズ
マトラ-フォード 1:17.9 +0.5 2
3 2
ヨッヘン・リント
ロータス-フォード 1:17.9 +0.5 3
4 17
ジャッキー・スチュワート
マトラ-フォード 1:17.9 +0.5 4
5 5
デニス・ハルム
マクラーレン-フォード 1:18.0 +0.6 5
6 12
ジャック・ブラバム
ブラバム-フォード 1:18.0 +0.6 6
7 1
グラハム・ヒル
ロータス-フォード 1:18.3 +0.9 7
8 9
ジョー・シフェール
ロータス-フォード 1:18.5 +1.1 8
9 4
ブルース・マクラーレン
マクラーレン-フォード 1:18.5 +1.1 9
10 21
ピアス・カレッジ
ブラバム-フォード 1:19.5 +2.1 10
11 3
ジョン・マイルス
ロータス-フォード 1:20.0 +2.6 11
12 15
ジャッキー・オリバー
BRM 1:20.2 +2.8 12
13 6
ペドロ・ロドリゲス
フェラーリ 1:20.5 +3.1 13
14 14
ジョン・サーティース
BRM 1:20.6 +3.2 14
15 19
ジョニー・セルボ=ギャバン
マトラ-フォード 1:21.4 +4.0 15
16 25
ピート・ラブリー
ロータス-フォード 1:22.9 +5.5 16
17 69
アル・ピース
イーグル-クライマックス 1:28.5 +11.1 17
18 16
ビル・ブラック
BRM 1:28.7 +11.3 18
19 26
ジョン・コーズ
ブラバム-クライマックス 1:29.7 +12.3 19
20 20
シルビオ・モーザー
ブラバム-フォード 1:41.4 +24.0 20
ソース:[12][13]

決勝

スタートでヨッヘン・リントジャッキー・イクスジャン=ピエール・ベルトワーズジャッキー・スチュワートを従えてリードを奪った。しかし、スチュワートは2周目にベルトワーズを、5周目にイクスを抜き、6周目にリントも抜いて首位に立った。イクスは2周後にリントを抜いてスチュワートに迫り、2人の激しい首位攻防戦が始まった。リントは3位を走行し、ベルトワーズは4位争いをリードしたが、2周遅れのアル・ピース英語版に接触して順位を落とした[3]

33周目にスチュワートとイクスがピースを4周遅れにすると、イクスはスチュワートに仕掛けたが両者は接触し、2台ともスピンした。スチュワートはマシンを再スタートさせることができずリタイアし、イクスが首位に立ってそのまま優勝した。一方、チームメイトのジャック・ブラバムは60周目にリントを抜いて2位となり[3]ブラバム2年前のカナダGP以来の1-2フィニッシュを達成した。なお、ブラバムが次に1-2フィニッシュを達成するのは、5年後の1974年アメリカGP(カルロス・ロイテマンカルロス・パーチェ)である[14]。ピースは最終的にペースが遅すぎるため、黒旗が出されて失格となった。F1の歴史でペースが遅すぎるという理由で失格となったのはピースのみである[15]四輪駆動車のマトラ・MS84を走らせたジョニー・セルボ=ギャバンは6位に入賞し、四輪駆動F1マシンポイントを獲得した唯一のドライバーとなった。

レース結果

順位 No. ドライバー コンストラクター 周回数 タイム/リタイア原因 グリッド ポイント
1 11
ジャッキー・イクス
ブラバム-フォード 90 1:59:25.7 1 9
2 12
ジャック・ブラバム
ブラバム-フォード 90 +46.2 6 6
3 2
ヨッヘン・リント
ロータス-フォード 90 +52.0 3 4
4 18
ジャン=ピエール・ベルトワーズ
マトラ-フォード 89 +1 Lap 2 3
5 4
ブルース・マクラーレン
マクラーレン-フォード 87 +3 Laps 9 2
6 19
ジョニー・セルボ=ギャバン
マトラ-フォード 84 +6 Laps 15 1
7 25
ピート・ラブリー
ロータス-フォード 81 +9 Laps 16
NC 16
ビル・ブラック
BRM 80 規定周回数不足 18
Ret 1
グラハム・ヒル
ロータス-フォード 42 エンジン 7
Ret 9
ジョー・シフェール
ロータス-フォード 40 ハーフシャフト 8
Ret 3
ジョン・マイルス
ロータス-フォード 40 ギアボックス 11
Ret 6
ペドロ・ロドリゲス
フェラーリ 37 油圧 13
Ret 17
ジャッキー・スチュワート
マトラ-フォード 32 接触 4
DSQ 69
アル・ピース
イーグル-クライマックス 22 失格(不適スピード)[16] 17
Ret 14
ジョン・サーティース
BRM 15 エンジン 14
Ret 21
ピアス・カレッジ
ブラバム-フォード 13 燃料漏れ 10
Ret 26
ジョン・コーズ
ブラバム-クライマックス 10 オイル漏れ 19
Ret 5
デニス・ハルム
マクラーレン-フォード 9 ディストリビューター 5
Ret 15
ジャッキー・オリバー
BRM 2 エンジン 12
Ret 20
シルビオ・モーザー
ブラバム-フォード 0 アクシデント 20
ソース:[17]
ファステストラップ[18]
ラップリーダー[19]
太字は最多ラップリーダー

第9戦終了時点のランキング

  • : トップ5のみ表示。前半6戦のうちベスト5戦及び後半5戦のうちベスト4戦がカウントされる。ポイントは有効ポイント、括弧内は総獲得ポイント。

脚注

[ヘルプ]

注釈

  1. ^ 本レースのスターティンググリッドは3-2-3。

出典

  1. ^ 1969 Canadian GP”. ChicaneF1.com. 2019年12月7日閲覧。
  2. ^ Weather information for the "1969 Canadian Grand Prix"”. The Old Farmers' Almanac. 2013年11月10日閲覧。
  3. ^ a b c d e f Canadian GP, 1969”. grandprix.com. 2019年12月7日閲覧。
  4. ^ (アラン・ヘンリー 1989, p. 249)
  5. ^ (林信次 1995, p. 85)
  6. ^ (林信次 1995, p. 92)
  7. ^ (林信次 1995, p. 93)
  8. ^ 戦績:クライマックス”. F1 DataWeb. 2019年12月7日閲覧。
  9. ^ 戦績:イーグル”. F1 DataWeb. 2019年12月7日閲覧。
  10. ^ Canada 1969 - Race entrants”. STATS F1. 2019年12月7日閲覧。
  11. ^ a b Canada 1969 - Result”. STATS F1. 2019年12月7日閲覧。
  12. ^ Canada 1969 - Qualifications”. STATS F1. 2019年12月7日閲覧。
  13. ^ Canada 1969 - Starting grid”. STATS F1. 2019年12月7日閲覧。
  14. ^ 戦績:ブラバム”. F1 DataWeb. 2019年12月7日閲覧。
  15. ^ Edmondson, Laurence (2010年2月5日). “Drivers who failed to make the grade”. ESPN F1(英語版). 2014年2月17日閲覧。
  16. ^ (林信次 1995, p. 129)
  17. ^ 1969 Canadian Grand Prix”. formula1.com. 2015年1月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年12月22日閲覧。
  18. ^ Canada 1969 - Best laps”. STATS F1. 2019年12月7日閲覧。
  19. ^ Canada 1969 - Laps led”. STATS F1. 2019年12月7日閲覧。
  20. ^ a b Canada 1969 - Championship”. STATS F1. 2019年3月14日閲覧。

参照文献

  • Wikipedia英語版 - en:1969 Canadian Grand Prix(2019年3月14日 16:53:33(UTC))
  • 林信次『F1全史 1966-1970 [3リッターF1の開幕/ホンダ挑戦期の終わり]』ニューズ出版、1995年。ISBN 4-938495-06-6
  • アラン・ヘンリー『チーム・フェラーリの全て』早川麻百合+島江政弘(訳)、CBS・ソニー出版、1989年12月。ISBN 4-7897-0491-2

外部リンク

前戦
1969年イタリアグランプリ
FIA F1世界選手権
1969年シーズン
次戦
1969年アメリカグランプリ
前回開催
1968年カナダグランプリ
カナダグランプリ
次回開催
1970年カナダグランプリ
{{bottomLinkPreText}} {{bottomLinkText}}
1969年カナダグランプリ
Listen to this article