1971年オーストリアグランプリ - Wikiwand
For faster navigation, this Iframe is preloading the Wikiwand page for 1971年オーストリアグランプリ.

1971年オーストリアグランプリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

オーストリア 1971年オーストリアグランプリ
レース詳細
1971年F1世界選手権全11戦の第8戦
日程 1971年8月15日
正式名称 IX Großer Preis von Österreich[1]
開催地 エステルライヒリンク
 オーストリア シュタイアーマルク州 シュピールベルク英語版
コース 恒久的レース施設
コース長 5.912 km (3.673 mi)
レース距離 54周 317.347 km (198.686 mi)
決勝日天候 晴(ドライ)[2]
ポールポジション
ドライバー BRM
タイム 1:37.44
ファステストラップ
ドライバー
ジョー・シフェール
BRM
タイム 1:38.47 (22[2]周目)
決勝順位
優勝 BRM
2位 ロータス-フォード
3位 ブラバム-フォード

1971年オーストリアグランプリ (1971 Austrian Grand Prix) は、1971年のF1世界選手権第8戦として、1971年8月15日エステルライヒリンクで開催された[1]

レースは54周で行われ、BRMジョー・シフェールポールポジションから優勝した。ロータスエマーソン・フィッティパルディが2位、ブラバムティム・シェンケンが3位となった。ティレルジャッキー・スチュワートはリタイアに終わったが、2度目のドライバーズチャンピオンを決めた[3]。後にチャンピオンとなるニキ・ラウダのF1デビュー戦である[4]

背景

ジャッキー・スチュワートは前戦ドイツGPまでの7戦で5勝を挙げて51点を獲得し、19点で2位のジャッキー・イクスに32点、17点で3位のロニー・ピーターソンに34点の大差を付けていた。イクスとピーターソンがスチュワートを逆転してチャンピオンを獲得するには、スチュワートが残り4戦で無得点に終わり、かつイクスは3勝と2位1回以上、ピーターソンは全勝する必要がある。したがって、本レースでイクスが3位以下でかつピーターソンが2位以下に終われば、スチュワートのチャンピオンが決定する[注 1][5]

エントリー

マトラは前戦ドイツGPでの悲惨なパフォーマンスに直面し、次戦イタリアGPまでに新たなエンジンを準備するため、本レースを欠場した。マクラーレンピーター・ゲシンを成績不振で解雇し、ジャッキー・オリバーに交代した。ゲシンはBRMに移籍し、ジョー・シフェールハウデン・ガンレイとともにP160を走らせる。それまでガンレイが走らせたP153は地元出身の新人ヘルムート・マルコに与えられた。マーチも地元出身の新人ニキ・ラウダを起用した。マシンはそれまでナンニ・ギャリが使用していたアルファロメオエンジン用の711を、エンジンのみDFVに載せ替えた(ギアボックスはアルファロメオ製のまま)ものが与えられた。ギャリは別のアルファロメオエンジン用の711に乗り換えたが、本来アンドレア・デ・アダミッチが使用するマシンであったため、デ・アダミッチは参加できなくなった[5]

エントリーリスト

チーム No. ドライバー コンストラクター シャシー エンジン タイヤ
ゴールドリーフ・チーム・ロータス
2
エマーソン・フィッティパルディ
ロータス 72D フォードコスワース DFV 3.0L V8 F
3
レイネ・ウィセル
スクーデリア・フェラーリ SpA SEFAC
4
ジャッキー・イクス
フェラーリ 312B2 フェラーリ 001/1 3.0L F12 F
5
クレイ・レガツォーニ
6
マリオ・アンドレッティ 1
モーターレーシング・ディベロップメンツ・リミテッド
7
グラハム・ヒル
ブラバム BT34 フォードコスワース DFV 3.0L V8 G
8
ティム・シェンケン
BT33
ブルース・マクラーレン・モーターレーシング
9
デニス・ハルム
マクラーレン M19A フォードコスワース DFV 3.0L V8 G
10
ジャッキー・オリバー
M14A
エルフ・チーム・ティレル
11
ジャッキー・スチュワート
ティレル 003 フォードコスワース DFV 3.0L V8 G
12
フランソワ・セベール
002
ヤードレー・チーム・BRM
14
ジョー・シフェール
BRM P160 BRM P142 3.0L V12 F
15
ハウデン・ガンレイ
23
ピーター・ゲシン
16
ヘルムート・マルコ
P153
STP・マーチ・レーシングチーム
17
ロニー・ピーターソン
マーチ 711 フォードコスワース DFV 3.0L V8 F
26
ニキ・ラウダ
18
アンドレア・デ・アダミッチ 2
アルファロメオ T33 3.0L V8
19
ナンニ・ギャリ
エキップ・マトラ・スポール
20
クリス・エイモン 3
マトラ MS120B マトラ MS71 3.0L V12 G
21
ジャン=ピエール・ベルトワーズ 4
ブルックボンド・オクソ・チーム・サーティース
22
ジョン・サーティース
サーティース TS9 フォードコスワース DFV 3.0L V8 F
アウト・モトール・ウント・シュポルト・チーム・サーティース
24
ロルフ・シュトメレン
フランク・ウィリアムズ・レーシングカーズ
25
アンリ・ペスカロロ
マーチ 711 フォードコスワース DFV 3.0L V8 F
クラーク=モーダウント=ガスリー・レーシング
27
マイク・ボイトラー
マーチ 711 フォードコスワース DFV 3.0L V8 F
エキュリー・ボニエ
28
ヨアキム・ボニエ
マクラーレン M7C フォードコスワース DFV 3.0L V8 G
ソース:[6]
追記
  • ^1 - アンドレッティはエントリーのみ[7]
  • ^2 - デ・アダミッチは自身のマシンをギャリが走らせたため欠場[7]
  • ^3 - マトラはエンジンの開発を優先したため欠場[7]
  • ^4 - ベルトワーズは1月に行われたブエノスアイレス1000kmレース英語版の事故の責任を問われて出場停止中[8]

予選

BRMV12エンジンは、V8フォード・コスワース・DFVエンジンを搭載するティレルや非常に不安定であったフェラーリ水平対向12気筒に対して利点があり、ジョー・シフェールジャッキー・スチュワートを0.2秒差で上回り、1968年メキシコGP以来3年ぶり2度目の(そして最後となる)ポールポジションを獲得した[9][5]。BRMにとっては1965年アメリカGPグラハム・ヒル以来6年ぶりのポールポジション獲得であった[10][5]。スチュワートのチームメイトであるフランソワ・セベールが3番手、フェラーリクレイ・レガツォーニが4番手で2列目、ロータスエマーソン・フィッティパルディがレガツォーニと同タイムで5番手、逆転チャンピオンにはもう1つも落とせないフェラーリのジャッキー・イクスは6番手で3列目、マーチロニー・ピーターソンは11番手であった。ブラバム勢はティム・シェンケンが7番手、ヒルが8番手で4列目に並んだ[5]

予選結果

順位 No. ドライバー コンストラクター タイム グリッド
1 14
ジョー・シフェール
BRM 1:37.44 - 1
2 11
ジャッキー・スチュワート
ティレル-フォード 1:37.65 +0.21 2
3 12
フランソワ・セベール
ティレル-フォード 1:37.86 +0.42 3
4 5
クレイ・レガツォーニ
フェラーリ 1:37.90 +0.46 4
5 2
エマーソン・フィッティパルディ
ロータス-フォード 1:37.90 +0.46 5
6 4
ジャッキー・イクス
フェラーリ 1:38.27 +0.83 6
7 8
ティム・シェンケン
ブラバム-フォード 1:38.64 +1.20 7
8 7
グラハム・ヒル
ブラバム-フォード 1:38.70 +1.26 8
9 9
デニス・ハルム
マクラーレン-フォード 1:38.80 +1.36 9
10 3
レイネ・ウィセル
ロータス-フォード 1:38.95 +1.51 10
11 17
ロニー・ピーターソン
マーチ-フォード 1:39.01 +1.57 11
12 24
ロルフ・シュトメレン
サーティース-フォード 1:39.08 +1.64 12
13 25
アンリ・ペスカロロ
マーチ-フォード 1:39.09 +1.65 13
14 15
ハウデン・ガンレイ
BRM 1:39.46 +2.02 14
15 19
ナンニ・ギャリ
マーチ-アルファロメオ 1:39.54 +2.10 15
16 23
ピーター・ゲシン
BRM 1:39.67 +2.23 16
17 16
ヘルムート・マルコ
BRM 1:39.80 +2.36 17
18 22
ジョン・サーティース
サーティース-フォード 1:40.37 +2.93 18
19 27
マイク・ボイトラー
マーチ-フォード 1:41.46 +4.02 19
20 28
ヨアキム・ボニエ
マクラーレン-フォード 1:41.66 +4.22 20
21 26
ニキ・ラウダ
マーチ-フォード 1:43.68 +6.24 21
22 10
ジャッキー・オリバー
マクラーレン-フォード 1:44.22 +6.78 22
ソース:[11][12][13]

決勝

レース当日は晴天の下で行われ、地元のヒーローであったヨッヘン・リント前年のイタリアGPで亡くなったにもかかわらず、依然として多くの観客が集まった。ヨアキム・ボニエはスタート直前に燃料漏れに見舞われ、スタートすることができなかった[5]

ポールポジションジョー・シフェールがスタートでリードを奪い[14]クレイ・レガツォーニがアウト側からジャッキー・スチュワートを抜こうとしたがスチュワートが抑えきって2位を守った。シフェールはスチュワートとの差を広げていく。レガツォーニはフランソワ・セベールと3位を争うが[5]エンジントラブルでリタイアし[14]ジャッキー・イクスティム・シェンケンエマーソン・フィッティパルディからの攻撃を受け[5]、機械的なトラブルにより順位を落としていった。スチュワートはハンドリングに問題を抱え、チームメイトのセベールに抜かれていく。後方ではシェンケンとフィッティパルディ、レイネ・ウィセルグラハム・ヒルによる2台のブラバムロータスのバトルが見られた。イクスは32周目にスパークプラグのトラブルでリタイアに終わり、チャンピオン獲得の可能性は潰えた。フィッティパルディはシェンケンを抜き、スチュワートへの追撃を開始する。

スチュワートは36周目に左後輪がテキサコカーブで外れてスピンし、マシンを降りてリタイアする。セベールもギアボックスの故障により5速、続いて4速を失い、42周目にフィッティパルディに抜かれた直後にエンジンが壊れてリタイアした[5]

首位を独走していたシフェールだったが、左リアタイヤがパンクしてしまいペースが落ち、2位に浮上していたフィッティパルディがシフェールとの差を縮めていく。しかし、シフェールのタイヤは最後まで持ちこたえ、フィッティパルディに4秒の差を付けて優勝した[14]。シフェールは1968年イギリスGP以来3年ぶり2度目の優勝[9]グランドスラム[注 2]で飾った[15]。結果的にこれがシフェールにとって最後の優勝となる[9]。3位でフィニッシュしたシェンケンは初の(そして唯一の)表彰台を獲得した[5]。以下、ウィセルが4位、ヒルは5位で今季初入賞、ウィリアムズからマーチ・711を走らせるアンリ・ペスカロロが6位に入賞した。イクスとともに逆転チャンピオンの可能性を残していたロニー・ピーターソンは入賞圏外の8位に終わり[5]、スチュワートは3戦を残して2年ぶり2度目のドライバーズチャンピオンを決めた[3]

レース結果

順位 No. ドライバー コンストラクター 周回数 タイム/リタイア原因 グリッド ポイント
1 14
ジョー・シフェール
BRM 54 1:30:23.91 1 9
2 2
エマーソン・フィッティパルディ
ロータス-フォード 54 +4.12 5 6
3 8
ティム・シェンケン
ブラバム-フォード 54 +19.77 7 4
4 3
レイネ・ウィセル
ロータス-フォード 54 +31.87 10 3
5 7
グラハム・ヒル
ブラバム-フォード 54 +48.43 8 2
6 25
アンリ・ペスカロロ
マーチ-フォード 54 +1:24.51 13 1
7 24
ロルフ・シュトメレン
サーティース-フォード 54 +1:37.42 12
8 17
ロニー・ピーターソン
マーチ-フォード 53 +1 Lap 11
9 10
ジャッキー・オリバー
マクラーレン-フォード 53 +1 Lap 22
10 23
ピーター・ゲシン
BRM 52 +2 Laps 16
11 16
ヘルムート・マルコ
BRM 52 +2 Laps 17
12 19
ナンニ・ギャリ
マーチ-アルファロメオ 51 +3 Laps 15
NC 27
マイク・ボイトラー
マーチ-フォード 47 規定周回数不足 19
Ret 12
フランソワ・セベール
ティレル-フォード 42 エンジン 3
Ret 11
ジャッキー・スチュワート
ティレル-フォード 35 ハーフシャフト 2
Ret 4
ジャッキー・イクス
フェラーリ 31 エンジン 6
Ret 26
ニキ・ラウダ
マーチ-フォード 20 ハンドリング 21
Ret 22
ジョン・サーティース
サーティース-フォード 12 エンジン 18
Ret 5
クレイ・レガツォーニ
フェラーリ 8 エンジン 4
Ret 15
ハウデン・ガンレイ
BRM 5 イグニッション 14
Ret 9
デニス・ハルム
マクラーレン-フォード 4 エンジン 9
DNS 28
ヨアキム・ボニエ
マクラーレン-フォード 燃料漏れ 20
ソース:[16]
優勝者ジョー・シフェールの平均速度[7]
211.858 km/h (131.642 mph)
ファステストラップ[17]
ラップリーダー[18]
太字は最多ラップリーダー
達成された主な記録[5]

第8戦終了時点のランキング

  • : トップ5のみ表示。前半6戦のうちベスト5戦及び後半5戦のうちベスト4戦がカウントされる。

脚注

[脚注の使い方]

注釈

  1. ^ 当時のF1世界選手権ポイントシステムは、上位6台に9-6-4-3-2-1点が与えられていた。
  2. ^ 1つのレースでポールポジション、ファステストラップ、優勝、全周回ラップリーダーを達成すること。詳細は当該項目を参照。

出典

  1. ^ a b 1971 Austrian Grand Prix Entry list. http://www.racingsportscars.com/covers/_Zeltweg-1971-08-15e.jpg. 
  2. ^ a b (林信次 1993, p. 115)
  3. ^ a b (林信次 1993, p. 15)
  4. ^ (林信次 1993, p. 22)
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m Austria 1971”. STATS F1. 2020年3月14日閲覧。
  6. ^ Austria 1971 - Race entrants”. STATS F1. 2020年3月14日閲覧。
  7. ^ a b c d Austria 1971 - Result”. STATS F1. 2020年3月14日閲覧。
  8. ^ Britain 1971”. STATS F1. 2020年2月9日閲覧。
  9. ^ a b c 戦績:J.シフェール”. F1 DataWeb. 2020年3月14日閲覧。
  10. ^ 戦績:BRM”. F1 DataWeb. 2020年3月14日閲覧。
  11. ^ Pritchard, Anthony (1972). The Motor Racing Year No3. ISBN 0393085023 
  12. ^ Austria 1971 - Qualifications”. STATS F1. 2020年3月14日閲覧。
  13. ^ Austria 1971 - Starting grid”. STATS F1. 2020年3月14日閲覧。
  14. ^ a b c Austrian GP, 1971”. grandprix.com. 2020年3月14日閲覧。
  15. ^ a b F1 Grand Chelem/Grand Slams Records (2017年イギリスGP終了時点)”. Sportskeeda. 2020年3月14日閲覧。
  16. ^ 1971 Austrian Grand Prix”. formula1.com. 2013年10月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年12月22日閲覧。
  17. ^ Austria 1971 - Best laps”. STATS F1. 2020年3月14日閲覧。
  18. ^ Austria 1971 - Laps led”. STATS F1. 2020年3月14日閲覧。
  19. ^ 戦績:N.ラウダ”. F1 DataWeb. 2020年3月14日閲覧。
  20. ^ 戦績:H.マルコ”. F1 DataWeb. 2020年3月14日閲覧。
  21. ^ 戦績:T.シェンケン”. F1 DataWeb. 2020年3月14日閲覧。
  22. ^ a b Austria 1971 - Championship”. STATS F1. 2019年3月7日閲覧。

参照文献

外部リンク

前戦
1971年ドイツグランプリ
FIA F1世界選手権
1971年シーズン
次戦
1971年イタリアグランプリ
前回開催
1970年オーストリアグランプリ
オーストリアグランプリ
次回開催
1972年オーストリアグランプリ
{{bottomLinkPreText}} {{bottomLinkText}}
1971年オーストリアグランプリ
Listen to this article