1971年ドイツグランプリ - Wikiwand
For faster navigation, this Iframe is preloading the Wikiwand page for 1971年ドイツグランプリ.

1971年ドイツグランプリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

西ドイツ 1971年ドイツグランプリ
レース詳細
1971年F1世界選手権全11戦の第7戦
ニュルブルクリンク北コース (1967-1982)
日程 1971年8月1日
正式名称 XXXIII Großer Preis von Deutschland
開催地 ニュルブルクリンク
西ドイツ ニュルブルク
コース 恒久的レース施設
コース長 22.835 km (14.189 mi)
レース距離 12周 274.02 km (170.268 mi)
決勝日天候 晴(ドライ)[1]
ポールポジション
ドライバー ティレル-フォード
タイム 7:19.0
ファステストラップ
ドライバー
フランソワ・セベール
ティレル-フォード
タイム 7:20.1 (10[1]周目)
決勝順位
優勝 ティレル-フォード
2位 ティレル-フォード
3位 フェラーリ

1971年ドイツグランプリ (1971 German Grand Prix) は、1971年のF1世界選手権第7戦として、1971年8月1日ニュルブルクリンクで開催された。

背景

前年のドイツGPはコースの安全性の問題からホッケンハイムリンクで開催されたが、路面を再舗装し、追加のランオフエリアが設置され[2]、一部のコーナーの再設計[3]に加え、バリアとキャッチフェンスが設置されたことにより安全性を向上させ、2年ぶりのF1開催にこぎ着けた[2]。レース距離は12周に短縮された[4]

ブラバムロン・トーラナック英語版は、バーニー・エクレストンへのチーム売却をほぼ完了させた。新たにオーナーとなるエクレストンは既に翌年の構想を練っていた。ティレルに端を発したインダクションポッドは、新たにマーチも採用した[3]

エントリー

前戦イギリスGPが終わった後、CSI(国際スポーツ委員会)[注 1]ジャン=ピエール・ベルトワーズに対し、1月10日に行われたブエノスアイレス1000kmレース英語版の事故[注 2]の責任を改めて問われ、事故の日から8ヶ月間のライセンス停止処分を科した。したがって、ベルトワーズは実質的に2ヶ月間の出場停止処分が新たに科せられたことになる[5]マトラはベルトワーズの出場停止が解けるまでクリス・エイモン1台のみ参加する。BRMは亡くなったペドロ・ロドリゲスの後任として、ビック・エルフォード英語版を起用した。フェラーリはアメリカのレースがなかったマリオ・アンドレッティも参加する[2]マーチアンドレア・デ・アダミッチナンニ・ギャリのためにアルファロメオエンジンを搭載した711を2台用意した。これにより、フォード・コスワース・DFVエンジン搭載の711を走らせるのはロニー・ピーターソンのみとなった。ロータスは従来の72Dのみを走らせる[3]マクラーレンは、コスワースの工場が休暇中だったことによりジャッキー・オリバーのDFVエンジンを用意できず、デニス・ハルムピーター・ゲシンの2台が参加する[4]ヨアキム・ボニエ自身のチーム英語版でボニエ自身とこの年のル・マン24時間レースを制したヘルムート・マルコマクラーレン・M7Cを走らせるつもりであったが、マルコ用のM7Cは利用可能なパーツが不足したため、ボニエ用のM7Cのみで参加する[3]サーティースディーター・クエスター英語版TS7を走らせる予定であったが実現しなかった[3]

エントリーリスト

チーム No. ドライバー コンストラクター シャシー エンジン タイヤ
エルフ・チーム・ティレル
2
ジャッキー・スチュワート
ティレル 003 フォードコスワース DFV 3.0L V8 G
3
フランソワ・セベール
002
スクーデリア・フェラーリ SpA SEFAC
4
ジャッキー・イクス
フェラーリ 312B2 フェラーリ 001/1 3.0L F12 F
5
マリオ・アンドレッティ
6
クレイ・レガツォーニ
ブルックボンド・オクソ・チーム・サーティース
7
ジョン・サーティース
サーティース TS9 フォードコスワース DFV 3.0L V8 F
アウト・モトール・ウント・シュポルト・チーム・サーティース
12
ロルフ・シュトメレン
チーム・サーティース
26
ディーター・クエスター 1
TS7
ゴールドリーフ・チーム・ロータス
8
エマーソン・フィッティパルディ
ロータス 72D フォードコスワース DFV 3.0L V8 F
9
レイネ・ウィセル
エキップ・マトラ・スポール
10
クリス・エイモン
マトラ MS120B マトラ MS71 3.0L V12 G
11
ジャン=ピエール・ベルトワーズ 2
フランク・ウィリアムズ・レーシングカーズ
14
アンリ・ペスカロロ
マーチ 711 フォードコスワース DFV 3.0L V8 F
STP・マーチ・レーシングチーム
15
ロニー・ピーターソン
マーチ 711 フォードコスワース DFV 3.0L V8 F
16
アンドレア・デ・アダミッチ
アルファロメオ T33 3.0L V8
17
ナンニ・ギャリ
ブルース・マクラーレン・モーターレーシング
18
デニス・ハルム
マクラーレン M19A フォードコスワース DFV 3.0L V8 G
20
ピーター・ゲシン
19
ジャッキー・オリバー 3
M14A
ヤードレー・チーム・BRM
21
ジョー・シフェール
BRM P160 BRM P142 3.0L V12 F
22
ビック・エルフォード
23
ハウデン・ガンレイ
P153
モーターレーシング・ディベロップメンツ・リミテッド
24
グラハム・ヒル
ブラバム BT34 フォードコスワース DFV 3.0L V8 G
25
ティム・シェンケン
BT33
エキュリー・ボニエ
27
ヨアキム・ボニエ
ヘルムート・マルコ 4
マクラーレン M7C フォードコスワース DFV 3.0L V8 G
クラーク=モーダウント=ガスリー・レーシング
28
マイク・ボイトラー
マーチ 711 フォードコスワース DFV 3.0L V8 F
ソース:[6]
追記
  • ^1 - エントリーのみ[7]
  • ^2 - ベルトワーズはライセンス停止中のため欠場[5]
  • ^3 - マシンが準備できず欠場[7]
  • ^4 - マルコは予選までボニエのマシンを走行[3][2]

予選

観客はジャッキー・スチュワートジャッキー・イクスポールポジション争いを期待していたが、両者はその予想の上を行く走りを練習中から見せ、スチュワートがイクスに0.2秒差でポールポジションを獲得した。スチュワートのタイムは7分19秒0で、2年前にイクスがポールポジションを獲得したタイムより23秒速く、3番手以下はフロントローの2人より3秒以上遅かった[3]。2列目はジョー・シフェールクレイ・レガツォーニ、3列目はフランソワ・セベールデニス・ハルムが占め、ロニー・ピーターソンエマーソン・フィッティパルディティム・シェンケンアンリ・ペスカロロがトップ10に入った[2]ヘルムート・マルコヨアキム・ボニエのマシンを走らせたが、最初のラップで燃料が切れたためタイムを記録できなかった[2]

予選結果

順位 No. ドライバー コンストラクター タイム グリッド
1 2
ジャッキー・スチュワート
ティレル-フォード 7:19.0 - 1
2 4
ジャッキー・イクス
フェラーリ 7:19.2 +0.2 2
3 21
ジョー・シフェール
BRM 7:22.4 +3.4 3
4 6
クレイ・レガツォーニ
フェラーリ 7:22.7 +3.7 4
5 3
フランソワ・セベール
ティレル-フォード 7:23.4 +4.4 5
6 18
デニス・ハルム
マクラーレン-フォード 7:26.0 +7.0 6
7 15
ロニー・ピーターソン
マーチ-フォード 7:26.5 +7.5 7
8 8
エマーソン・フィッティパルディ
ロータス-フォード 7:27.5 +8.5 8
9 25
ティム・シェンケン
ブラバム-フォード 7:29.8 +10.8 9
10 14
アンリ・ペスカロロ
マーチ-フォード 7:30.3 +11.3 10
11 5
マリオ・アンドレッティ
フェラーリ 7:31.7 +12.7 11
12 12
ロルフ・シュトメレン
サーティース-フォード 7:34.7 +15.7 12
13 24
グラハム・ヒル
ブラバム-フォード 7:36.1 +17.1 13
14 23
ハウデン・ガンレイ
BRM 7:36.6 +17.6 14
15 7
ジョン・サーティース
サーティース-フォード 7:36.7 +17.7 15
16 10
クリス・エイモン
マトラ 7:37.3 +18.3 16
17 9
レイネ・ウィセル
ロータス-フォード 7:39.96 +20.96 17
18 22
ビック・エルフォード
BRM 7:39.98 +20.98 18
19 20
ピーター・ゲシン
マクラーレン-フォード 7:41.4 +22.4 19
20 16
アンドレア・デ・アダミッチ
マーチ-アルファロメオ 7:41.7 +22.7 20
21 17
ナンニ・ギャリ
マーチ-アルファロメオ 7:47.5 +28.5 21
22 28
マイク・ボイトラー
マーチ-フォード 7:42.6 +31.6 22
23 27
ヨアキム・ボニエ
マクラーレン-フォード 8:17.0 +58.0 DNQ
24 27
ヘルムート・マルコ 1
マクラーレン-フォード No time - DNQ
ソース:[8][9][10]
追記
  • 22台が決勝進出
  • ^1 - マルコはボニエのマシンを走らせた[2]

決勝

レース当日は大観衆が集まり、スタートを前にグラハム・ヒルレイネ・ウィセルがマシンに問題を抱えたため、グリッドには20台のマシンが並んだ。

スタートでジャッキー・イクスがリードを奪ったが、すぐにジャッキー・スチュワートがリードを取り戻し、クレイ・レガツォーニデニス・ハルムジョー・シフェールロニー・ピーターソンフランソワ・セベールがイクスを追う[2]。イクスは2周目にウィッパーマンコーナーでスピンオフし、ガードレールに激突した[2][11]。レガツォーニはイクスを避けようとしてコース外に逃れた。これにより、スチュワートはハルムを抜いたシフェールを大きく引き離した。レガツォーニは3位でコースに復帰し、やはりハルムを抜いたピーターソンが4位となった。ハルムはすぐにマリオ・アンドレッティとセベールにも抜かれ、セベールはすぐにアンドレッティを抜いて5位に浮上した。セベールはその後ピーターソン、レガツォーニに抜かれて3位となっていたシフェールを抜き、そしてレガツォーニも抜いて2位に浮上する注目すべき走りを見せた[2]

スチュワートはレースを支配し、ティレルは2度目の1-2フィニッシュを達成した[12]。3連勝で今季5勝目を挙げたスチュワート[13]は獲得ポイントを51とし、リタイアに終わったイクスに対し32点の差を付け、2度目のドライバーズチャンピオンを確実なものとした[3]。レガツォーニは3位、アンドレッティはピーターソンを抜いて4位でフィニッシュした[2]ティム・シェンケンは6位で初入賞を果たし[14]ブラバムはようやく今季初のポイントを獲得した。マイク・ボイトラーはスタート/フィニッシュライン直後の南カーブでパンクしてしまい、コースをショートカットしてピットに戻ったため失格となった[3]

レース結果

順位 No. ドライバー コンストラクター 周回数 タイム/リタイア原因 グリッド ポイント
1 2
ジャッキー・スチュワート
ティレル-フォード 12 1:29:16.3 1 9
2 3
フランソワ・セベール
ティレル-フォード 12 +30.1 5 6
3 6
クレイ・レガツォーニ
フェラーリ 12 +37.1 4 4
4 5
マリオ・アンドレッティ
フェラーリ 12 +2:05.0 11 3
5 15
ロニー・ピーターソン
マーチ-フォード 12 +2:29.1 7 2
6 25
ティム・シェンケン
ブラバム-フォード 12 +2:58.6 9 1
7 7
ジョン・サーティース
サーティース-フォード 12 +3:19.0 15
8 9
レイネ・ウィセル
ロータス-フォード 12 +6:31.7 17
9 24
グラハム・ヒル
ブラバム-フォード 12 +6:37.0 13
10 12
ロルフ・シュトメレン
サーティース-フォード 11 +1 Lap 12
11 22
ビック・エルフォード
BRM 11 +1 Lap 18
12 17
ナンニ・ギャリ
マーチ-アルファロメオ 10 +2 Laps 21
Ret 8
エマーソン・フィッティパルディ
ロータス-フォード 8 オイル漏れ 8
Ret 21
ジョー・シフェール
BRM 6 イグニッションコイル[1] 3
Ret 10
クリス・エイモン
マトラ 6 アクシデント 16
Ret 14
アンリ・ペスカロロ
マーチ-フォード 5 サスペンション 10
Ret 20
ピーター・ゲシン
マクラーレン-フォード 5 アクシデント 19
Ret 18
デニス・ハルム
マクラーレン-フォード 3 燃料漏れ 6
DSQ 28
マイク・ボイトラー
マーチ-フォード 3 失格(コース逆走)[1] 22
Ret 23
ハウデン・ガンレイ
BRM 2 エンジン 14
Ret 16
アンドレア・デ・アダミッチ
マーチ-アルファロメオ 2 燃料噴射装置 20
Ret 4
ジャッキー・イクス
フェラーリ 1 アクシデント 2
DNQ 27
ヨアキム・ボニエ
マクラーレン-フォード 予選不通過
WD 27
ヘルムート・マルコ
マクラーレン-フォード ボニエのマシンをドライブ
ソース:[15][16]
優勝者ジャッキー・スチュワートの平均速度[7]
184.191 km/h (114.451 mph)
ファステストラップ[17]
ラップリーダー[18]
太字は最多ラップリーダー
達成された主な記録

ギャラリー

第7戦終了時点のランキング

  • : トップ5のみ表示。前半6戦のうちベスト5戦及び後半5戦のうちベスト4戦がカウントされる。

脚注

[ヘルプ]

注釈

  1. ^ 1978年に国際自動車スポーツ連盟(FISA)に改編され、1993年に国際自動車連盟(FIA)へ吸収された。
  2. ^ ベルトワーズがマシンを止めたところにイグナツィオ・ギュンティが突っ込み、ギュンティが亡くなった。この件に対し、フランス自動車競技連盟英語版(FFAS)はベルトワーズに3ヶ月間のライセンス停止を科している。

出典

  1. ^ a b c d (林信次 1993, p. 115)
  2. ^ a b c d e f g h i j k German GP, 1971”. grandprix.com. 2020年2月9日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i j k Germany 1971”. STATS F1. 2020年2月9日閲覧。
  4. ^ a b The 33rd German Grand Prix”. Motor Sport Magazine. 2017年9月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年2月11日閲覧。
  5. ^ a b Britain 1971”. STATS F1. 2020年2月9日閲覧。
  6. ^ Germany 1971 - Race entrants”. STATS F1. 2020年2月11日閲覧。
  7. ^ a b c Germany 1971 - Result”. STATS F1. 2020年2月11日閲覧。
  8. ^ Pritchard, Anthony (1972). The Motor Racing Year No3. ISBN 0393085023. 
  9. ^ Germany 1971 - Qualifications”. STATS F1. 2020年2月9日閲覧。
  10. ^ Germany 1971 - Starting grid”. STATS F1. 2020年2月9日閲覧。
  11. ^ (アラン・ヘンリー 1989, p. 265)
  12. ^ (林信次 1993, p. 19)
  13. ^ (林信次 1993, p. 17)
  14. ^ a b 戦績:T.シェンケン”. F1 DataWeb. 2020年2月10日閲覧。
  15. ^ 1971 German Grand Prix”. formula1.com. 2013年10月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年12月22日閲覧。
  16. ^ 1971 German Grand Prix - RACE RESULT”. formula1.com. 2019年12月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年2月11日閲覧。
  17. ^ Germany 1971 - Best laps”. STATS F1. 2020年2月11日閲覧。
  18. ^ Germany 1971 - Laps led”. STATS F1. 2020年2月11日閲覧。
  19. ^ 戦績:H.マルコ”. F1 DataWeb. 2020年2月11日閲覧。
  20. ^ a b Germany 1971 - Championship”. STATS F1. 2019年3月18日閲覧。

参照文献

外部リンク

ウィキメディア・コモンズには、1971年ドイツグランプリに関連するカテゴリがあります。
前戦
1971年イギリスグランプリ
FIA F1世界選手権
1971年シーズン
次戦
1971年オーストリアグランプリ
前回開催
1970年ドイツグランプリ
ドイツグランプリ
次回開催
1972年ドイツグランプリ
{{bottomLinkPreText}} {{bottomLinkText}}
1971年ドイツグランプリ
Listen to this article