1972年オーストリアグランプリ - Wikiwand
For faster navigation, this Iframe is preloading the Wikiwand page for 1972年オーストリアグランプリ.

1972年オーストリアグランプリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

オーストリア 1972年オーストリアグランプリ
レース詳細
1972年F1世界選手権全12戦の第9戦
日程 1972年8月13日
正式名称 X Großer Preis von Osterreich
開催地 エステルライヒリンク
 オーストリア シュタイアーマルク州 シュピールベルク英語版
コース 恒久的レース施設
コース長 5.912 km (3.673 mi)
レース距離 54周 317.347 km (198.686 mi)
決勝日天候 晴(ドライ)
ポールポジション
ドライバー ロータス-フォード
タイム 1:35.97
ファステストラップ
ドライバー
デニス・ハルム
マクラーレン-フォード
タイム 1:38.32 (47周目)
決勝順位
優勝 ロータス-フォード
2位 マクラーレン-フォード
3位 マクラーレン-フォード

1972年オーストリアグランプリ (: 1972 Austrian Grand Prix) は、1972年のF1世界選手権第9戦として、1972年8月13日エステルライヒリンクで開催された。

レースは54周で行われ、ポールポジションからスタートしたロータスエマーソン・フィッティパルディが優勝した。マクラーレンデニス・ハルムが2位、チームメイトのピーター・レブソンが3位となった。

エントリー

ティレルは新車005のインボードブレーキを標準的なブレーキに改め[1]ジャッキー・スチュワートに与えた[2]

マクラーレンはアメリカのレースから復帰したピーター・レブソンにもM19Cを与えた。フェラーリジャッキー・イクスクレイ・レガツォーニの2台体制で参加した。BRMは3台のP160Cジャン=ピエール・ベルトワーズピーター・ゲシンハウデン・ガンレイに与え[2]レイネ・ウィセルがメンバーから外された[3]テクノナンニ・ギャリを起用した。コンニュー英語版フランソワ・ミゴールはマクラーレンから貸し出されたフォード・コスワース・DFVエンジンを壊さないため、9,000rpmを超えないように命令が下されていたため、スターティングマネーの回収だけを願って復帰した[2]

エントリーリスト

チーム No. ドライバー コンストラクター シャシー エンジン タイヤ
エルフ・チーム・ティレル
1
ジャッキー・スチュワート
ティレル 005 フォードコスワース DFV 3.0L V8 G
2
フランソワ・セベール
002
クラーク=モーダウント=ガスリー・レーシング
3
マイク・ボイトラー
マーチ 721G フォードコスワース DFV 3.0L V8 F
STP・マーチ・レーシングチーム
4
ニキ・ラウダ
マーチ 721G フォードコスワース DFV 3.0L V8 G
5
ロニー・ピーターソン
マールボロ・BRM
6
ピーター・ゲシン
BRM P160C BRM P142 3.0L V12 F
7
ジャン=ピエール・ベルトワーズ 1
32 P160B
8
レイネ・ウィセル 2
P160C
9
ハウデン・ガンレイ
エキップ・マトラ・スポール
10
クリス・エイモン 3
マトラ MS120D マトラ MS72 3.0L V12 G
30 MS120C
チェラミカ・パニョッシン・チーム・サーティース
11
アンドレア・デ・アダミッチ
サーティース TS9B フォードコスワース DFV 3.0L V8 F
チーム・サーティース
24
ティム・シェンケン
ブルックボンド・オクソ・チーム・サーティース
25
マイク・ヘイルウッド
26
ジョン・サーティース 1
TS9
ヤードレー・チーム・マクラーレン
12
デニス・ハルム
マクラーレン M19C フォードコスワース DFV 3.0L V8 G
14
ピーター・レブソン
マルティーニ・レーシングチーム
15
ナンニ・ギャリ
テクノ PA123/3 テクノ シリーズP 3.0L F12 F
モーターレーシング・ディベロップメンツ・リミテッド
16
グラハム・ヒル
ブラバム BT37 フォードコスワース DFV 3.0L V8 G
17
カルロス・ロイテマン
28
ウィルソン・フィッティパルディ
BT34
スクーデリア・フェラーリ SpA SEFAC
18
ジャッキー・イクス
フェラーリ 312B2 フェラーリ 001/1 3.0L F12 F
19
クレイ・レガツォーニ
ジョン・プレイヤー・チーム・ロータス
20
エマーソン・フィッティパルディ 4
ロータス 72D フォードコスワース DFV 3.0L V8 F
31
21
デビッド・ウォーカー
チーム・ウィリアムズ・モチュール
22
アンリ・ペスカロロ
マーチ 721 フォードコスワース DFV 3.0L V8 G
23
カルロス・パーチェ
711
チーム・アイフェラント・キャラバンズ
27
ロルフ・シュトメレン
アイフェラント E21 フォードコスワース DFV 3.0L V8 G
ダーンヴァル・コンニュー・レーシングチーム
29
フランソワ・ミゴール
コンニュー PC1 フォードコスワース DFV 3.0L V8 F
ソース:[4][5]

追記
  • ^1 - ベルトワーズはNo.7(P160C)とNo.32(P160B)の2台をエントリーしていたが[5]、No.7(P160C)で出走[6]
  • ^2 - エントリーのみ[6]
  • ^3 - エイモンはNo.10(MS120D)とNo.30(MS120C)の2台をエントリーしていたが[5]、No.10(MS120D)で出走[6]
  • ^4 - E.フィッティパルディはNo.20とNo.31(両方とも72D)の2台をエントリーしていたが[5]、No.31で出走[6]

予選

エマーソン・フィッティパルディ前年ポールシッターであるジョー・シフェールのタイムを2秒近く上回り、今季3度目のポールポジションを獲得した。2番手のクレイ・レガツォーニとはわずか0.07秒差であった。ティレル・005のパフォーマンスに満足していないジャッキー・スチュワートピーター・レブソンと2列目に並び、カルロス・ロイテマンブラバム・BT37の台頭を示して5番手を確保し、クリス・エイモンと3列目に並ぶ。前戦ドイツGPで完勝したジャッキー・イクスは9番手に沈んだ[2]ウィリアムズアンリ・ペスカロロはセッション中にマーチ・721をクラッシュさせたため、決勝に出走できなくなった[7]

予選結果

順位 No. ドライバー コンストラクター タイム グリッド
1 31
エマーソン・フィッティパルディ
ロータス-フォード 1:35.97 - 1
2 19
クレイ・レガツォーニ
フェラーリ 1:36.04 +0.07 2
3 1
ジャッキー・スチュワート
ティレル-フォード 1:36.35 +0.38 3
4 14
ピーター・レブソン
マクラーレン-フォード 1:36.63 +0.66 4
5 17
カルロス・ロイテマン
ブラバム-フォード 1:37.15 +1.18 5
6 10
クリス・エイモン
マトラ 1:37.16 +1.19 6
7 12
デニス・ハルム
マクラーレン-フォード 1:37.20 +1.23 7
8 24
ティム・シェンケン
サーティース-フォード 1:37.25 +1.28 8
9 18
ジャッキー・イクス
フェラーリ 1:37.33 +1.36 9
10 9
ハウデン・ガンレイ
BRM 1:37.55 +1.58 10
11 5
ロニー・ピーターソン
マーチ-フォード 1:37.58 +1.61 11
12 25
マイク・ヘイルウッド
サーティース-フォード 1:37.77 +1.80 12
13 11
アンドレア・デ・アダミッチ
サーティース-フォード 1:38.08 +2.11 13
14 16
グラハム・ヒル
ブラバム-フォード 1:38.14 +2.17 14
15 28
ウィルソン・フィッティパルディ
ブラバム-フォード 1:38.25 +2.28 15
16 6
ピーター・ゲシン
BRM 1:38.48 +2.51 16
17 27
ロルフ・シュトメレン
アイフェラント-フォード 1:38.62 +2.65 17
18 23
カルロス・パーチェ
マーチ-フォード 1:38.62 +2.65 18
19 21
デビッド・ウォーカー
ロータス-フォード 1:38.81 +2.84 19
20 2
フランソワ・セベール
ティレル-フォード 1:38.85 +2.88 20
21 7
ジャン=ピエール・ベルトワーズ
BRM 1:38.89 +2.92 21
22 4
ニキ・ラウダ
マーチ-フォード 1:39.04 +3.07 22
23 15
ナンニ・ギャリ
テクノ 1:39.13 +3.16 23
24 3
マイク・ボイトラー
マーチ-フォード 1:39.92 +3.95 24
25 22
アンリ・ペスカロロ
マーチ-フォード 1:40.28 +4.31 DNS 1
26 29
フランソワ・ミゴール
コンニュー-フォード 1:43.88 +7.91 25
ソース:[8][9]

追記
  • ^1 - ペスカロロはアクシデントによりマシンを壊したため、決勝に出走することができなかった[2]

決勝

エマーソン・フィッティパルディがプラクティス中にドライブしたロータス・72D。決勝はカーナンバー31のスペアカーでレースを制した。
エマーソン・フィッティパルディがプラクティス中にドライブしたロータス・72D。決勝はカーナンバー31のスペアカーでレースを制した。

ジャッキー・スチュワートが好スタートを切り、クレイ・レガツォーニエマーソン・フィッティパルディデニス・ハルムをリードする。その後方からカルロス・ロイテマンピーター・レブソンクリス・エイモンが追う。レガツォーニは燃料供給系にトラブルを抱え始め、4周に渡ってE.フィッティパルディを抑えたが2位の座を失った[7]。レガツォーニはその後ハルムにも抜かれた後ピットインし[2]、E.フィッティパルディはスチュワートとの差を徐々に縮めていく。24周目にはE.フィッティパルディが首位に立ち、27周目にはハルムもスチュワートを抜いて2位に浮上した[7]。スチュワートは新車ティレル・005の不調によりその後も順位を落とし、最終的には入賞圏外の7位まで後退した[2]。E.フィッティパルディとハルムの首位争いは最後まで続いたが、1秒差でE.フィッティパルディがレースを制した[7]。2位ハルムと3位レブソンのマクラーレン勢が表彰台の2つを占め、以下、マイク・ヘイルウッド、エイモン、ハウデン・ガンレイが入賞した[2]

E.フィッティパルディは今シーズン4勝目を挙げてドライバーズポイントを52点とし、ライバルのスチュワートとハルムとの差を25点まで広げ、初のドライバーズチャンピオンに王手をかけた[注 1]コンストラクターズチャンピオン争いもロータスがマクラーレンに17点差、ティレルに19点差を付け、2年ぶりのチャンピオン獲得に大きく前進した[2]

この年F1参戦を開始したアイフェラント英語版コンニュー英語版であったが、本レースをもってF1から撤退した。アイフェラントは8戦、コンニューはわずか2戦のみの参戦であった。コンニュー・PC1は翌年、F5000用に改造された[10][11]

レース結果

順位 No. ドライバー コンストラクター 周回数 タイム/リタイア原因 グリッド ポイント
1 31
エマーソン・フィッティパルディ
ロータス-フォード 54 1:29:16.66 1 9
2 12
デニス・ハルム
マクラーレン-フォード 54 +1.18 7 6
3 14
ピーター・レブソン
マクラーレン-フォード 54 +36.53 4 4
4 25
マイク・ヘイルウッド
サーティース-フォード 54 +44.76 12 3
5 10
クリス・エイモン
マトラ 54 +45.64 6 2
6 9
ハウデン・ガンレイ
BRM 54 +1:01.19 10 1
7 1
ジャッキー・スチュワート
ティレル-フォード 54 +1:09.09 3
8 7
ジャン=ピエール・ベルトワーズ
BRM 54 +1:21.45 21
9 2
フランソワ・セベール
ティレル-フォード 53 +1 Lap 20
10 4
ニキ・ラウダ
マーチ-フォード 53 +1 Lap 22
11 24
ティム・シェンケン
サーティース-フォード 52 +2 Laps 8
12 5
ロニー・ピーターソン
マーチ-フォード 52 +2 Laps 11
13 6
ピーター・ゲシン
BRM 51 +3 Laps 16
14 11
アンドレア・デ・アダミッチ
サーティース-フォード 51 +3 Laps 13
15 27
ロルフ・シュトメレン
アイフェラント-フォード 48 エンジン 17
NC 23
カルロス・パーチェ
マーチ-フォード 46 規定周回数不足 18
NC 15
ナンニ・ギャリ
テクノ 45 規定周回数不足 23
Ret 16
グラハム・ヒル
ブラバム-フォード 36 燃料噴射装置 14
Ret 28
ウィルソン・フィッティパルディ
ブラバム-フォード 31 ブレーキ 15
Ret 3
マイク・ボイトラー
マーチ-フォード 24 燃料システム 24
Ret 29
フランソワ・ミゴール
コンニュー-フォード 22 サスペンション 25
Ret 18
ジャッキー・イクス
フェラーリ 20 燃料システム 9
Ret 17
カルロス・ロイテマン
ブラバム-フォード 14 燃料噴射装置 5
Ret 19
クレイ・レガツォーニ
フェラーリ 13 燃料システム 2
Ret 21
デビッド・ウォーカー
ロータス-フォード 6 エンジン 19
DNS 22
アンリ・ペスカロロ
マーチ-フォード 予選でアクシデント
ソース:[12]
優勝者ジャッキー・イクスの平均速度[6]
214.518 km/h (133.295 mph)
ファステストラップ[13]
ラップリーダー[14]
太字は最多ラップリーダー
達成された主な記録[2]

第9戦終了時点のランキング

  • : トップ5のみ表示。前半6戦のうちベスト5戦及び後半6戦のうちベスト5戦がカウントされる。

脚注

[脚注の使い方]

注釈

  1. ^ 当時のF1世界選手権ポイントシステムは1-6位まで9-6-4-3-2-1点が与えられていた。このため、スチュワートとハルムは3連勝(27点が加算される)しない限りE.フィッティパルディを逆転することはできない。

出典

  1. ^ (林信次 1993, p. 37)
  2. ^ a b c d e f g h i j Austria 1972”. STATS F1. 2020年5月11日閲覧。
  3. ^ 1972 Austrian Grand Prix race report”. Motor Sport Magazine. 2020年5月7日閲覧。
  4. ^ Austria 1972 - Race entrants”. STATS F1. 2020年5月7日閲覧。
  5. ^ a b c d Austrian Grand Prix Formula 1 1972 - Entry List”. Racing Sports Cars. 2020年5月7日閲覧。
  6. ^ a b c d e Austria 1972 - Result”. STATS F1. 2020年5月11日閲覧。
  7. ^ a b c d Austrian GP, 1972”. grandprix.com. 2020年5月11日閲覧。
  8. ^ Austria 1972 - Qualifications”. STATS F1. 2020年5月10日閲覧。
  9. ^ Austria 1972 - Starting grid”. STATS F1. 2020年5月10日閲覧。
  10. ^ Eifelland Wohnwagenbau”. grandprix.com. 2020年5月11日閲覧。
  11. ^ Connew Racing Team”. grandprix.com. 2020年5月11日閲覧。
  12. ^ 1972 Austrian Grand Prix”. formula1.com. 2014年11月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年12月22日閲覧。
  13. ^ Austria 1972 - Best laps”. STATS F1. 2020年5月11日閲覧。
  14. ^ Austria 1972 - Laps led”. STATS F1. 2020年5月11日閲覧。
  15. ^ 戦績:F.ミゴール”. F1 DataWeb. 2020年5月11日閲覧。
  16. ^ Eifelland March”. STATS F1. 2020年5月11日閲覧。
  17. ^ 戦績:コンニュー”. F1 DataWeb. 2020年5月11日閲覧。
  18. ^ a b Austria 1972 - Championship”. STATS F1. 2019年3月7日閲覧。

参照文献

  • Wikipedia英語版 - en:1972 Austrian Grand Prix(2020年3月20日 20:51:23(UTC))
  • 林信次『F1全史 1971-1975 [名手スチュワートの退場/若手精鋭たちの新時代]』ニューズ出版、1993年。ISBN 4-938495-05-8

外部リンク

前戦
1972年ドイツグランプリ
FIA F1世界選手権
1972年シーズン
次戦
1972年イタリアグランプリ
前回開催
1971年オーストリアグランプリ
オーストリアグランプリ
次回開催
1973年オーストリアグランプリ
{{bottomLinkPreText}} {{bottomLinkText}}
1972年オーストリアグランプリ
Listen to this article