1992年ベルギーグランプリ - Wikiwand
For faster navigation, this Iframe is preloading the Wikiwand page for 1992年ベルギーグランプリ.

1992年ベルギーグランプリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

 1992年ベルギーグランプリ
レース詳細
日程 1992年シーズン第12戦
決勝開催日 1992年8月30日
開催地 サーキット・スパ・フランコルシャン
ベルギー スパ
コース長 6.974km
レース距離 44周(306.856km)
決勝日天候 曇り時々雨(ドライ→ウェット→ドライ)
ポールポジション
ドライバー
タイム 1'50.545
ファステストラップ
ドライバー
ミハエル・シューマッハ
タイム 1'53.791(Lap 39)
決勝順位
優勝
2位
3位

1992年ベルギーグランプリ(1992 Belgian Grand Prix)1992年のF1世界選手権第12戦として8月30日にサーキット・スパ・フランコルシャンで開催された。

予選

資金難のブラバムが出場を断念したため予備予選が中止となり、アンドレア・モーダが初めて2台とも本予選にしたが、予選落ちとなった。土曜日の夜にはオーナーのアンドレア・サセッティが公文書偽造の疑いで逮捕された(その後釈放)。

土曜日の予選2回目が雨に見舞われたため、金曜日の予選1回目の結果によりグリッドが決定した。ナイジェル・マンセルが2位のアイルトン・セナに2秒以上の差をつけてポールポジションを獲得。リカルド・パトレーゼはバスストップ・シケインでスピンして4位。ゲルハルト・ベルガーは土曜朝のフリー走行中にアクアプレーニングによりクラッシュし、軽いむち打ちの症状を訴えたが、決勝への出場は認められた。

エリック・コマスは金曜フリー走行中のクラッシュで一時意識を失い、以後のスケジュールへの参加を取り止めた。

予選結果

順位 No ドライバー チーム タイム
1 5
ナイジェル・マンセル
ウィリアムズルノー 1'50.545
2 1
アイルトン・セナ
マクラーレンホンダ 1'52.743 +2.198
3 19
ミハエル・シューマッハ
ベネトンフォード 1'53.221 +2.676
4 6
リカルド・パトレーゼ
ウィリアムズルノー 1'53.557 +3.012
5 27
ジャン・アレジ
フェラーリ 1'54.438 +3.893
6 2
ゲルハルト・ベルガー
マクラーレンホンダ 1'54.642 +4.097
7 25
ティエリー・ブーツェン
リジェルノー 1'54.654 +4.109
8 11
ミカ・ハッキネン
ロータスフォード 1'54.812 +4.267
9 20
マーティン・ブランドル
ベネトンフォード 1'54.973 +4.428
10 12
ジョニー・ハーバート
ロータスフォード 1'55.027 +4.482
11 15
ガブリエル・タルキーニ
フォンドメタルフォード 1'55.965 +5.420
12 28
イヴァン・カペリ
フェラーリ 1'56.075 +5.530
13 4
アンドレア・デ・チェザリス
ティレルイルモア 1'56.111 +5.566
14 9
ミケーレ・アルボレート
フットワーク無限ホンダ 1'56.282 +5.737
15 14
エリック・ヴァン・デ・ポール
フォンドメタルフォード 1'56.674 +6.129
16 21
J.J.レート
ダラーラフェラーリ 1'56.809 +6.264
17 32
ステファノ・モデナ
ジョーダンヤマハ 1'56.889 +6.344
18 16
カール・ヴェンドリンガー
マーチイルモア 1'57.039 +6.494
19 22
ピエルルイジ・マルティニ
ダラーラフェラーリ 1'57.267 +6.722
20 29
ベルトラン・ガショー
ラルースランボルギーニ 1'57.330 +6.785
21 17
エマニュエル・ナスペッティ
マーチイルモア 1'57.794 +7.249
22 3
オリビエ・グルイヤール
ティレルイルモア 1'57.818 +7.273
23 24
ジャンニ・モルビデリ
ミナルディランボルギーニ 1'58.126 +7.581
24 33
マウリシオ・グージェルミン
ジョーダンヤマハ 1'58.499 +7.954
25 10
鈴木亜久里
フットワーク無限ホンダ 1'58.826 +8.281
26 30
片山右京
ラルースランボルギーニ 1'59.383 +8.838
DNQ 23
クリスチャン・フィッティパルディ
ミナルディランボルギーニ 1'59.626 +9.081
DNQ 34
ロベルト・モレノ
アンドレア・モーダジャッド 2'05.096 +14.551
DNQ 35
ペリー・マッカーシー
アンドレア・モーダジャッド 2'15.050 +24.505
DNQ 26
エリック・コマス
リジェルノー No time
  • 上位26台が決勝進出

決勝

スタート直前になって雨が降り始めたが、全車スリックタイヤのままでレースに臨んだ。6番グリッドのベルガーがグリーンシグナルでレース開始するもギアボックスの故障で立往生しリタイアとなった。スタートではマンセルが出遅れ、セナ、マンセル、パトレーゼ、シューマッハ、アレジ、ハッキネンの順でオープニングラップを消化した。2周目、ウィリアムズの2台がマシンの性能差を見せつけ、セナを立て続けにパスした。

3周目以降、各車が相次いでピットインしレインタイヤに履き替えた。いち早くピットインしたアレジが2位に浮上するが、ラ・ソースでマンセルと接触してスピンしリタイアした。セナは天候が回復すると読んでドライタイヤのまま走り続けたが、雨脚は強くなる一方で、後続に次々と抜かれて大きく後退した(15周目にウェットタイヤに交換)。上位はマンセル、パトレーゼ、シューマッハ、ブランドル、ハッキネン、カペリの順で周回を重ねた。

20周目、アルボレートがギアボックストラブルでリタイアし、連続完走記録が12でストップした。

レース中盤に雨は止み、再びウェットからドライタイヤへ交換する時期が訪れた。30周目、3位のシューマッハがスタブローでコースオフし、チームメイトのブランドルに抜かれた。この時、シューマッハはブランドルのリアタイヤが摩耗していることを察知、すぐさまピットインしてドライタイヤに交換した。この判断が功を喫してコースに復帰するとファステストラップを叩き出す。一方、ウィリアムズの2台もタイヤ交換を指示されたが、ピットとの無線交信が聞き取りづらく、どちらが先にピットインするのか確かめるのに手間取った。そして、パトレーゼ、マンセルの順にピットインしたが、この間にタイムを稼いだシューマッハが34周目にトップに浮上した。マンセルは追撃体制に入るもエキゾーストパイプが割れるトラブル発生によりペースダウンを余儀なくされ、シューマッハの独走状態となった。セナは残り2周でハッキネンを捉えて5位まで挽回した。

シューマッハは前年に衝撃的なデビューを果たしたスパで、F1参戦18戦目にして初優勝を達成した[1]。ドイツ人ドライバーの優勝は1975年スペインGPヨッヘン・マス以来17年ぶりとなった。

前戦ハンガリーGPでマンセルがドライバーズタイトルを獲得したのに続き、ウィリアムズのコンストラクターズタイトル制覇が決定した。マクラーレンのタイトル連覇は4でストップした。

決勝結果

順位 No ドライバー チーム 周回 タイム/リタイア グリッド ポイント
1 19
ミハエル・シューマッハ
ベネトンフォード 44 1:36:10.721 3 10
2 5
ナイジェル・マンセル
ウィリアムズルノー 44 +36.595 1 6
3 6
リカルド・パトレーゼ
ウィリアムズルノー 44 +43.897 4 4
4 20
マーティン・ブランドル
ベネトンフォード 44 +46.059 9 3
5 1
アイルトン・セナ
マクラーレンホンダ 44 +1:08.369 2 2
6 11
ミカ・ハッキネン
ロータスフォード 44 +1'10.030 8 1
7 21
J.J.レート
ダラーラフェラーリ 44 +1'38.237 16
8 4
アンドレア・デ・チェザリス
ティレルイルモア 43 +1 lap 13
9 10
鈴木亜久里
フットワーク無限ホンダ 43 +1 lap 25
10 14
エリック・ヴァン・デ・ポール
フォンドメタルフォード 43 +1 lap 15
11 16
カール・ヴェンドリンガー
マーチイルモア 43 +1 lap 18
12 17
エマニュエル・ナスペッティ
マーチイルモア 43 +1 lap 21
13 12
ジョニー・ハーバート
ロータスフォード 43 エンジン 10
14 33
マウリシオ・グージェルミン
ジョーダンヤマハ 42 +2 laps 24
15 32
ステファノ・モデナ
ジョーダンヤマハ 42 +2 laps 17
16 24
ジャンニ・モルビデリ
ミナルディランボルギーニ 42 +2 laps 23
17 30
片山右京
ラルースランボルギーニ 42 +2 laps 26
18 29
ベルトラン・ガショー
ラルースランボルギーニ 40 スピン 20
Ret 25
ティエリー・ブーツェン
リジェルノー 27 スピン 7
Ret 28
イヴァン・カペリ
フェラーリ 25 エンジン 12
Ret 15
ガブリエル・タルキーニ
フォンドメタルフォード 25 エンジン 11
Ret 9
ミケーレ・アルボレート
フットワーク無限ホンダ 20 ギアボックス 14
Ret 27
ジャン・アレジ
フェラーリ 7 パンク 5
Ret 3
オリビエ・グルイヤール
ティレルイルモア 1 クラッシュ 22
Ret 2
ゲルハルト・ベルガー
マクラーレンホンダ 0 ギアボックス 6
Ret 22
ピエルルイジ・マルティニ
ダラーラフェラーリ 0 スピン 19
  • ラップリーダー - セナ (LAP1,7-10) 、マンセル (LAP2-3,11-33)、パトレーゼ (LAP4-6)、シューマッハ (LAP34-44)

参考文献

  • 『F1グランプリ特集10月号 (Vol.40)』 ソニーマガジンズ、1992年

脚注

  1. ^ 初のファステストラップも同時に達成。
前戦
1992年ハンガリーグランプリ
FIA F1世界選手権
1992年シーズン
次戦
1992年イタリアグランプリ
前回開催
1991年ベルギーグランプリ
ベルギーグランプリ
次回開催
1993年ベルギーグランプリ
{{bottomLinkPreText}} {{bottomLinkText}}
1992年ベルギーグランプリ
Listen to this article