1998年の映画 - Wikiwand
For faster navigation, this Iframe is preloading the Wikiwand page for 1998年の映画.

1998年の映画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ポータル 映画プロジェクト 映画

1998年の映画(1998ねんのえいが)では、1998年(平成10年)の映画分野の動向についてまとめる。

出来事

世界

日本

周年

日本の映画興行

  • 入場料金(大人)
    • 1,800円[1]
    • 1,825円(統計局『小売物価統計調査(動向編) 調査結果』[2] 銘柄符号 9341「映画観覧料」)[3]
  • 入場者数 1億5310万人[4]
  • 興行収入 1934億9900万円[4]
配給会社別年間配給収入
配給会社 本数 年間配給収入 前年対比 概要
松竹 24 031億1258万円 091.4% 奥山和由専務解任に伴うシネマジャパネスクの見直し、それに伴う製作・配給本数減。配給収入5.1億円の『釣りバカ日誌10』が松竹の最高稼働番組。『男はつらいよ』シリーズ終了後、配給収入10億円の大台を突破する作品がない。
東宝 18 187億4106万円 096.8% 14年連続の年間配給収入100億円突破。『もののけ姫』のような超ヒット番組がないにもかかわらず、年間配給収入は約6.3億円ダウンに収まった。『踊る大捜査線 THE MOVIE』(53億円[5])、『劇場版ポケットモンスター ミュウツーの逆襲』(41.5億円)、『GODZILLA』(30億円)、『ドラえもん のび太の南海大冒険』(21億円)など8番組が配給収入10億円をクリアした。
東映 23 056億7181万円 070.8% 配給収入10億円の大台を突破したのはアスミック・エースとの共同配給の『不夜城』(11億円)と大量前売り動員の『プライド・運命の瞬間』(11億円)の2番組のみ。3大稼動期の正月・春休み・夏休みにヒット作品がない。
出典: 「1998年日本映画・外国映画業界総決算 日本映画」『キネマ旬報1999年平成11年)2月下旬号、キネマ旬報社、1999年、 174 - 176頁。

各国ランキング

日本配給収入ランキング

1998年日本配給収入トップ10
順位 題名 製作国 配給 配給収入
1 タイタニック
20世紀FOX 160.0億円
2 踊る大捜査線 THE MOVIE
東宝 053.0億円
3 ディープ・インパクト
UIP 047.2億円
4 劇場版ポケットモンスター ミュウツーの逆襲
東宝 041.5億円
5 メン・イン・ブラック
ソニー・ピクチャーズ 035.0億円
6 GODZILLA
東宝 030.0億円
7 プライベート・ライアン
UIP 024.0億円
8 ドラえもん のび太の南海大冒険
東宝 021.0億円
9 エアフォース・ワン
ブエナ・ビスタ 020.0億円
10 シティ・オブ・エンジェル
ワーナー・ブラザース 017.0億円
#2の出典:『キネマ旬報ベスト・テン85回全史 1924-2011』キネマ旬報社〈キネマ旬報ムック〉、2012年5月、576頁。ISBN 978-4873767550
上記以外の出典:1996年配給収入10億円以上番組 - 日本映画製作者連盟

全世界興行収入ランキング

1998年全世界興行収入トップ10
順位 題名 スタジオ 興行収入
1. アルマゲドン タッチストーン $553,709,788
2. プライベート・ライアン ドリームワークス/パラマウント $481,840,909
3. GODZILLA トライスター $379,014,294
4. メリーに首ったけ 20世紀FOX $369,884,651
5. バグズライフ ディズニー/ピクサー $363,398,565
6. ディープ・インパクト ドリームワークス/パラマウント $349,464,664
7. ムーラン ディズニー $304,320,254
8. ドクター・ドリトル 20世紀FOX $294,456,605
9. 恋におちたシェイクスピア ミラマックス/ユニバーサル $289,317,794
10. リーサル・ウェポン4 ワーナー・ブラザース $285,444,603
出典:1998 Worldwide Box Office Results”. Box Office Mojo. 2015年12月26日閲覧。

北米興行収入ランキング

1998年北米興行収入トップ10
順位 題名 スタジオ 興行収入
1 プライベート・ライアン ドリームワークス/パラマウント $216,540,909
2 アルマゲドン タッチストーン $201,578,182
3 メリーに首ったけ 20世紀FOX $176,484,651
4 バグズライフ ディズニー/ピクサー $162,798,565
5 ウォーターボーイ ブエナ・ビスタ $161,491,646
6 ドクター・ドリトル 20世紀FOX $144,156,605
7 ラッシュアワー ニュー・ライン・シネマ $141,186,864
8 ディープ・インパクト ドリームワークス/パラマウント $140,464,664
9 GODZILLA トライスター $136,314,294
10 パッチ・アダムス トゥルー・ストーリー ユニバーサル・ピクチャーズ $135,026,902
出典:1998 Domestic Yearly Box Office Results”. Box Office Mojo. 2016年1月17日閲覧。

イギリス興行収入ランキング

この節の加筆が望まれています。
出典: http://www.ukfilmcouncil.org.uk/[リンク切れ]

オーストラリア興行収入ランキング

  1. プライベート・ライアン
  2. バグズ・ライフ
  3. メリーに首ったけ
  4. 恋愛小説家
  5. ウェディング・シンガー
  6. ディープ・インパクト
  7. ドクター・ドリトル
  8. グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち
  9. アルマゲドン
  10. スライディング・ドア
出典:Australian box office data”. Movie Marshal. 2016年1月17日閲覧。

フランス観客動員数ランキング

  1. タイタニック
  2. 奇人たちの晩餐会
  3. ビジター
  4. TAXi
  5. ムーラン
  6. ライフ・イズ・ビューティフル
  7. アルマゲドン
  8. プライベート・ライアン
  9. プリンス・オブ・エジプト
  10. マスク・オブ・ゾロ
出典:FRANCE 1998 - BOX OFFICE STORY”. boxofficestory. 2016年1月17日閲覧。

ドイツ興行収入ランキング

この節は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2016年1月)
  1. タイタニック
  2. アルマゲドン
  3. モンタナの風に抱かれて

日本公開映画

1998年の日本公開映画を参照。

受賞

死去

日付 名前 国籍 年齢 職業
1月 21日 近藤喜文
47 アニメーター
28日 石ノ森章太郎
60 漫画家
2月 18日 福田豊土
64 俳優
27日 J・T・ウォルシュ
54 俳優
3月 10日 ロイド・ブリッジス
85 俳優
11日 堺左千夫
72 俳優
4月 3日 チャールズ・ラング
96 撮影監督
20日 稲葉義男
77 俳優
23日 大泉滉
73 俳優
5月 2日 hide
33 ミュージシャン
9日 アリス・フェイ
83 女優
14日 フランク・シナトラ
82 歌手・俳優
19日 高田浩吉
86 俳優・歌手
28日 フィル・ハートマン
49 俳優・コメディアン
6月 27日 牧冬吉
67 俳優
モーリン・オサリヴァン
87 女優
7月 9日 幸田宗丸
68 俳優
20日 須賀不二男
78 俳優
21日 ロバート・ヤング
91 俳優
8月 5日 伊吹聰太朗
69 俳優
21日 E・G・マーシャル
84 俳優
31日 笹岡繁蔵
50 声優
9月 3日 椎橋重
50 声優
5日 堀田善衛
80 小説家
6日 黒澤明
88 映画監督
21日 クララ・カラマイ
89 女優
10月 2日 ジーン・オートリー
91 パフォーマー
3日 ロディ・マクドウォール
70 俳優
17日 ジョーン・ヒクソン
92 女優
11月 5日 河内桃子
66 女優
11日 淀川長治
89 映画評論家
17日 エスター・ローレ
78 女優
19日 アラン・J・パクラ
70 映画監督
20日 太宰久雄
74 俳優
12月 30日 木下惠介
86 映画監督

脚注

[脚注の使い方]

出典

  1. ^ 斉藤 2009, p. 135.
  2. ^ 小売物価統計調査(動向編) 調査結果”. 統計局. 2016年8月3日閲覧。
  3. ^ 主要品目の東京都区部小売価格:昭和25年(1950年)〜平成22年(2010年) (Excel)”. 統計局. 2016年8月3日閲覧。
  4. ^ a b 過去データ一覧”. 一般社団法人日本映画製作者連盟. 2016年8月2日閲覧。
  5. ^ 『キネマ旬報ベスト・テン85回全史 1924-2011』キネマ旬報社〈キネマ旬報ムック〉、2012年5月、576頁。ISBN 978-4873767550

参考文献

{{bottomLinkPreText}} {{bottomLinkText}}
1998年の映画
Listen to this article