1999年日本グランプリ (4輪) - Wikiwand
For faster navigation, this Iframe is preloading the Wikiwand page for 1999年日本グランプリ (4輪).

1999年日本グランプリ (4輪)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

 1999年日本グランプリ
レース詳細
日程 1999年シーズン第16戦
決勝開催日 1999年10月31日
開催地 鈴鹿サーキット
日本 鈴鹿市
コース長 5.864km
レース距離 53周(310.792km)
決勝日天候 曇り(ドライ)
ポールポジション
ドライバー
タイム 1'37.470
ファステストラップ
ドライバー
ミハエル・シューマッハ
タイム 1'41.319(Lap 31)
決勝順位
優勝
2位
3位

1999年日本グランプリ(1999 Japanese Grand Prix)は、1999年のF1世界選手権最終戦として、1999年10月31日鈴鹿サーキットで開催された。

概要

2週間前のマレーシアGPレース後に発覚したフェラーリの車両規定違反騒動は、10月23日に行われたFIA国際控訴審において一転無罪判決が下された。 バージボードの寸法オーバー (10mm) は車検の測定方法が適切ではなかったと判断され、誤差の許容範囲内 (5mm) とみなされた。

失格となったフェラーリドライバーの順位が復活したことでミカ・ハッキネンマクラーレン)の暫定チャンピオンが幻となり、逆にエディ・アーバイン(フェラーリ)がポイントリーダーとして最終戦を迎えることになった。獲得ポイントはアーバイン70、ハッキネン66で4点差。今季の上位成績はともに優勝4回、2位2回だが、3位はハッキネン3回に対しアーバイン2回となっており、日本GPでは以下の条件となる。

  • アーバイン先着、もしくはハッキネン4位(69点)以下の場合、アーバインがチャンピオン獲得。
  • ハッキネン優勝(76点)ならば無条件でチャンピオン獲得。
  • ハッキネン2位(72点)ならば、アーバインは4位(73点)以内でチャンピオン獲得。
  • ハッキネン3位(70点)ならば、アーバインは6位(71点)以内でチャンピオン獲得。

コンストラクターズタイトルもフェラーリ118点、マクラーレン114点と同じく4点差の状態で決戦を迎えた。

予選

予選では最初のアタックでミハエル・シューマッハ(フェラーリ)とハッキネンが同タイムを記録。以後も両者のポールポジション争いが続く。アーバインはこのペースに追いつけないばかりか、ヘアピンで単独クラッシュして赤旗セッション中断の原因を作ってしまった。

セッション再開後、ハッキネンは逆転を狙ってコースインしたが、アタックラップに入る直前にジャン・アレジザウバー)と交錯してチャンスを失い、シューマッハに0.35秒及ばなかった。シューマッハは欠場から復帰後2連連続のポール獲得となった。アーバインはデビッド・クルサード(マクラーレン)、ハインツ=ハラルド・フレンツェンジョーダン)にも先を越され、5番グリッドからのスタートとなった。6、7位にはプロスト勢の2台がつけた。

結果

順位 No ドライバー チーム タイム
1 3
ミハエル・シューマッハ
フェラーリ 1:37.470
2 1
ミカ・ハッキネン
マクラーレンメルセデス 1:37.820 +0.350
3 2
デビッド・クルサード
マクラーレンメルセデス 1:38.239 +0.769
4 8
ハインツ=ハラルド・フレンツェン
ジョーダン無限ホンダ 1:38.696 +1.226
5 4
エディ・アーバイン
フェラーリ 1:38.975 +1.505
6 18
オリビエ・パニス
プロストプジョー 1:39.623 +2.153
7 19
ヤルノ・トゥルーリ
プロストプジョー 1:39.644 +2.174
8 17
ジョニー・ハーバート
スチュワートフォード 1:39.706 +2.236
9 6
ラルフ・シューマッハ
ウィリアムズスーパーテック 1:39.717 +2.247
10 11
ジャン・アレジ
ザウバーペトロナス 1:39.721 +2.251
11 22
ジャック・ヴィルヌーヴ
BARスーパーテック 1:39.732 +2.262
12 7
デイモン・ヒル
ジョーダン無限ホンダ 1:40.140 +2.670
13 16
ルーベンス・バリチェロ
スチュワートフォード 1:40.140 +2.670
14 9
ジャンカルロ・フィジケラ
ベネトンプレイライフ 1:40.261 +2.791
15 10
アレクサンダー・ヴルツ
ベネトンプレイライフ 1:40.303 +2.833
16 5
アレックス・ザナルディ
ウィリアムズスーパーテック 1:40.403 +2.933
17 12
ペドロ・ディニス
ザウバーペトロナス 1:40.740 +3.270
18 23
リカルド・ゾンタ
BARスーパーテック 1:40.861 +3.391
19 15
高木虎之介
アロウズ 1:41.067 +3.597
20 21
マルク・ジェネ
ミナルディフォード 1:41.529 +4.059
21 14
ペドロ・デ・ラ・ロサ
アロウズ 1:41.708 +4.238
22 20
ルカ・バドエル
ミナルディフォード 1:42.515 +5.045

決勝

決勝の見所として、マレーシアGPと同じくシューマッハの「アシスト」に注目が集まった。スターティンググリッド通りシューマッハ優勝・ハッキネン2位という結果になるのであれば、アーバインは4位フィニッシュでチャンピオンを獲得することができる。そのような状況になった場合、ハッキネンの僚友クルサードがアーバインを5位以下に封じ込めるという作戦も考えられた。

スタートではシューマッハのホイールスピンが大きく、イン側から好スタートを切ったハッキネンが先頭で1コーナーに飛び込んだ。アーバインはクルサードとフレンツェンを抜いたが、オリビエ・パニス(プロスト)に先行されて4位。軽めの燃料を積んだハッキネンは、2位シューマッハを徐々に引き離していく。

ハッキネンはシューマッハに対して7秒近くマージンを稼ぎ、最初のピットストップを無難にこなした。20周目にパニスがリタイアしたため、アーバインが3位に浮上したが、ピットストップでクルサードに逆転され再び4位に落ちた。クルサード以下、アーバイン、フレンツェン、ラルフ・シューマッハウィリアムズ)らは3位グループの接戦となっている。

今回が引退レースとなる元チャンピオンのデイモン・ヒル(ジョーダン)は、スプーンカーブでコースオフ。ピットでノーズ交換してからレースに復帰したものの、再びピットに戻り自らマシンを降りた。

3位のクルサードも単独コースオフし、ノーズ交換のためピットイン。周回遅れとなったクルサードはシューマッハの前を塞いだが、40周目にマシントラブルのためリタイアした。

ハッキネンは終始安定した走りでシューマッハとの差をキープし、53周のレースを走破して優勝。4ポイント差を逆転して、2年連続ドライバーズチャンピオンを決めた。2位にシューマッハ、3位にアーバインが入賞したため、コンストラクターズチャンピオンはフェラーリが獲得した。フェラーリにとっては1983年のコンストラクターズ以来16年ぶりのタイトル獲得となった。

結果

順位 No ドライバー チーム 周回数 タイム/リタイア グリッド ポイント
1 1
ミカ・ハッキネン
マクラーレンメルセデス 53 1:31:18.785 2 10
2 3
ミハエル・シューマッハ
フェラーリ 53 +5.015 1 6
3 4
エディ・アーバイン
フェラーリ 53 +1:35.688 5 4
4 8
ハインツ=ハラルド・フレンツェン
ジョーダン無限ホンダ 53 +1:38.635 4 3
5 6
ラルフ・シューマッハ
ウィリアムズスーパーテック 53 +1:39.494 9 2
6 11
ジャン・アレジ
ザウバーペトロナス 52 +1 Lap 10 1
7 17
ジョニー・ハーバート
スチュワートフォード 52 +1 Lap 8  
8 16
ルーベンス・バリチェロ
スチュワートフォード 52 +1 Lap 13  
9 22
ジャック・ヴィルヌーヴ
BARスーパーテック 52 +1 Lap 11  
10 10
アレクサンダー・ヴルツ
ベネトンプレイライフ 52 +1 Lap 15  
11 12
ペドロ・ディニス
ザウバーペトロナス 52 +1 Lap 17  
12 23
リカルド・ゾンタ
BARスーパーテック 52 +1 Lap 18  
13 14
ペドロ・デ・ラ・ロサ
アロウズ 51 +2 Laps 21  
14 9
ジャンカルロ・フィジケラ
ベネトンプレイライフ 47 エンジン 14  
Ret 15
高木虎之介
アロウズ 43 ギアボックス 19  
Ret 20
ルカ・バドエル
ミナルディフォード 43 エンジン 22  
Ret 2
デビッド・クルサード
マクラーレンメルセデス 39 ハイドロリック 3  
Ret 21
マルク・ジェネ
ミナルディフォード 31 ギアボックス 20  
Ret 7
デイモン・ヒル
ジョーダン無限ホンダ 21 撤退 12  
Ret 18
オリビエ・パニス
プロストプジョー 19 発電機 6  
Ret 19
ヤルノ・トゥルーリ
プロストプジョー 3 エンジン 7  
Ret 5
アレックス・ザナルディ
ウィリアムズスーパーテック 0 電気系 16  

外部リンク

前戦
1999年マレーシアグランプリ
FIA F1世界選手権
1999年シーズン
前回開催
1998年日本グランプリ
日本グランプリ
次回開催
2000年日本グランプリ
{{bottomLinkPreText}} {{bottomLinkText}}
1999年日本グランプリ (4輪)
Listen to this article