2010年のMLBオールスターゲーム - Wikiwand
For faster navigation, this Iframe is preloading the Wikiwand page for 2010年のMLBオールスターゲーム.

2010年のMLBオールスターゲーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

2010 MLBオールスターゲーム

会場となったエンゼル・スタジアム・オブ・アナハイム
1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
NL 0 0 0 0 00300 3 7 1
AL 0 0 0 0 10000 1 6 0
開催日時 2010年7月13日
開催球場 エンゼル・スタジアム・オブ・アナハイム
開催地 カリフォルニア州アナハイム
監督 NL - チャーリー・マニエル (PHI)
AL - ジョー・ジラルディ (NYY)
MVP ブライアン・マッキャン (ATL)
観客動員数 45,408人
MLBオールスターゲーム
 < 2009 2011 > 

2010年MLBオールスターゲームアメリカンリーグナショナルリーグの間で行われた81回目のオールスターゲーム2010年7月13日ロサンゼルス・エンゼルスの本拠地エンゼル・スタジアム・オブ・アナハイムで行われた。監督は、ナショナルリーグフィラデルフィア・フィリーズ監督チャーリー・マニエルアメリカンリーグニューヨーク・ヤンキース監督ジョー・ジラルディが務めた。

試合結果は3 - 1でナショナルリーグが1996年以来14年ぶりに勝利した。MVPは7回に満塁のチャンスで決勝の3点2塁打を放ったブライアン・マッキャンが受賞した。

凡例

イベント前

会場決定

アナハイムでのオールスター開催は2008年5月28日に正式に決定した[1]。オールスター開催は1989年以来21年ぶり3度目。バド・セリグコミッショナーは「簡単な選択だった。エンジェルスは素晴らしい成功を収めているからね。過去5年間続けて300万人以上の観客を動員していて、その間に3度地区優勝している」と語った[2]

規定変更

MLBはオールスターの規定変更を2010年4月28日に発表した[3]。アメリカンリーグ球団の本拠地開催年のみだった指名打者制度を毎年適用。前年のオールスターで33人(投手13人、野手20人)だったロースターが、1人増えて34人(投手13人、野手21人)に。オールスター開催直前の試合に先発登板した投手は、選出選手として扱われるが、オールスターで登板ができず、別の選手がその代わりとしてロースターに加わる。試合中に負傷した場合、一度退いた野手が1人のみ再出場できる。

試合結果

先発メンバー

ナショナルリーグ
打順 選手(チーム) 守備
1 ハンリー・ラミレス (FLA) SS
2 マーティン・プラド (ATL) 2B
3 アルバート・プホルス (STL) 1B
4 ライアン・ハワード (PHI) DH
5 デビッド・ライト (NYM) 3B
6 ライアン・ブラウン (MIL) LF
7 アンドレ・イーシアー (LAD) CF
8 コーリー・ハート (MIL) RF
9 ヤディアー・モリーナ (STL) C
先発 ウバルド・ヒメネス (COL) P
アメリカンリーグ
打順 選手(チーム) 守備
1 イチロー (SEA) RF
2 デレク・ジーター (NYY) SS
3 ミゲル・カブレラ (TEX) 1B
4 ジョシュ・ハミルトン (TEX) CF
5 ブラディミール・ゲレーロ (TEX) DH
6 エバン・ロンゴリア (TB) 3B
7 ジョー・マウアー (MIN) C
8 ロビンソン・カノ (NYY) 2B
9 カール・クロフォード (TB) LF
先発 デビッド・プライス (TB) P

試合経過

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
ナショナルリーグ 0 0 0 0 0 0 3 0 0 3 7 1
アメリカンリーグ 0 0 0 0 1 0 0 0 0 1 6 0
  1. : マット・キャップスWSH)  : フィル・ヒューズNYY)  S: ジョナサン・ブロクストンLAD)  
  2. 観客動員数:45,408人 試合時間:2時間59分

選出選手

地元ロサンゼルス・エンゼルスからは、監督推薦によってジェレッド・ウィーバートリー・ハンターの2名が選ばれた。

ファン投票選出

投票結果は7月4日に発表された。最多得票は、ナショナルリーグが前年に続き4,380,669票を獲得したアルバート・プホルスSTL)、アメリカンリーグが5,372,606票を獲得したジョー・マウアーMIN)。

ナショナルリーグ
守備 選手(チーム) 選出 得票数
C
ヤディアー・モリーナ (STL)
2 2,251,285
ブライアン・マッキャン (ATL)
5 1,919,295
イバン・ロドリゲス (WSH)
- 1,742,176
1B
アルバート・プホルス (STL)
9 4,380,669
ライアン・ハワード (PHI)
3 1,693,134
トロイ・グロース (ATL)
- 1,265,126
2B
チェイス・アトリー (PHI) †
5 3,616,038
マーティン・プラド (ATL)
2,023,051
ダン・アグラ (FLA)
- 1,359,294
3B
デビッド・ライト (NYM)
5 2,285,959
プラシド・ポランコ (PHI)
- 1,792,413
スコット・ローレン (CIN)
6 1,440,285
SS
ハンリー・ラミレス (FLA)
3 2,573,961
ジミー・ロリンズ (PHI)
- 1,788,778
ホセ・レイエス (NYM)
3 1,554,069
OF
ライアン・ブラウン (MIL)
3 2,972,525
アンドレ・イーシアー (LAD)
2,784,419
ジェイソン・ヘイワード (ATL) †
2,728,098
マット・ホリデイ (STL)
4 2,143,691
ジェイソン・ワース (PHI)
- 2,036,584
アメリカンリーグ
守備 選手(チーム) 選出 得票数
C
ジョー・マウアー (MIN)
4 5,372,606
ホルヘ・ポサダ (NYY)
- 1,749,808
ビクター・マルティネス (BOS)
4 1,180,831
1B
ジャスティン・モーノー (MIN) †
4 2,933,355
ミゲル・カブレラ (DET)
5 2,586,207
マーク・テシェイラ (NYY)
- 2,459,015
2B
ロビンソン・カノ (NYY)
2 4,135,305
ダスティン・ペドロイア (BOS)
3 1,957,694
イアン・キンズラー (TEX)
2 1,663,951
3B
エバン・ロンゴリア (TB)
3 3,977,935
アレックス・ロドリゲス (NYY)
13 2,549,161
マイケル・ヤング (TEX)
- 1,602,846
SS
デレク・ジーター (NYY)
11 4,547,485
エルビス・アンドラス (TEX)
2,094,584
J・J・ハーディ (MIN)
- 1,162,190
OF
ジョシュ・ハミルトン (TEX)
3 2,840,816
イチロー (SEA)
10 2,544,564
カール・クロフォード (TB)
4 2,235,597
ネルソン・クルーズ (TEX)
- 2,011,770
ニック・スウィッシャー (NYY)
1,883,695
DH
ブラディミール・ゲレーロ (TEX)
9 3,926,103
松井秀喜 (LAA)
- 1,618,108
デビッド・オルティーズ (BOS)
- 1,337,980

監督推薦

ナショナルリーグ
守備 選手(チーム) 選出
SP
クリス・カーペンター (STL)
3
ヨバニ・ガヤルド (MIL) †
ロイ・ハラデイ (PHI)
7
ティム・ハドソン (TB)
3
ウバルド・ヒメネス (COL)
ジョシュ・ジョンソン (FLA)
2
ティム・リンスカム (SF)
3
ビリー・ワグナー (ATL)
7
アダム・ウェインライト (STL)
RP
ヒース・ベル (SD) ‡
2
ジョナサン・ブロクストン (LAD)
2
マット・キャップス (WSH)
郭泓志 (LAD) ‡
エバン・ミーク (PIT)
アーサー・ローズ (CIN)
ブライアン・ウィルソン (SF)
2
C
ブライアン・マッキャン (ATL)
5
1B
エイドリアン・ゴンザレス (SD)
3
ライアン・ハワード (PHI)
3
ジョーイ・ボット (CIN)
2B
ブランドン・フィリップス (CIN)
マーティン・プラド (ATL)
3B
オマー・インファンテ (ATL)
スコット・ローレン (CIN)
6
SS
ラファエル・ファーカル (LAD) ‡
2
ホセ・レイエス (NYM) ‡
3
トロイ・トゥロウィツキー (COL) †
OF
マイケル・ボーン (HOU)
マーロン・バード (CHC)
コーリー・ハート (MIL)
2
マット・ホリデイ (STL)
4
クリス・ヤング (ARI)
アメリカンリーグ
守備 選手(チーム) 選出
SP
クレイ・バックホルツ (BOS) †
トレバー・ケーヒル (OAK)
ファウスト・カーモナ (CLE)
フィル・ヒューズ (NYY)
クリフ・リー (TEX)
2
ジョン・レスター (BOS)
アンディ・ペティット (NYY) ‡
3
デビッド・プライス (TB)
CC・サバシア (NYY)
4
ジャスティン・バーランダー(DET)‡
3
ジェレッド・ウィーバー (LAA) ‡
RP
アンドリュー・ベイリー (OAK) ‡
2
ネフタリ・フェリス (TEX)
マリアノ・リベラ (NYY) †
11
ホアキム・ソリア (KC)
2
ラファエル・ソリアーノ (TB) ‡
マット・ソーントン (CWS)
ホセ・バルベルデ (DET)
2
C
ジョン・バック (TOR) ‡
ビクター・マルティネス (BOS) †
4
1B
ミゲル・カブレラ (DET)
5
ポール・コネルコ (CWS) ‡
4
2B
イアン・キンズラー (TEX) ‡
2
ダスティン・ペドロイア (BOS) †
3
タイ・ウィギントン (BAL)
3B
エイドリアン・ベルトレ (BOS)
アレックス・ロドリゲス (NYY)
13
SS
エルビス・アンドラス (TEX)
OF
ホセ・バティスタ (TOR)
トリー・ハンター (LAA)
4
ニック・スウィッシャー (NYY)
バーノン・ウェルズ (TOR)
3
DH
デビッド・オルティーズ (BOS)
5

最終投票

選出選手の発表後、選出に漏れた選手の中から各リーグ5名が選ばれ、最後の1枠をかけたファン投票(All-Star Final Vote)が行われた。投票はMLB公式ウェブサイト上でのオンライン投票で7月4日から7月8日にかけて行われ、ナショナルリーグはジョーイ・ボットCIN)が、アメリカンリーグはニック・スウィッシャーNYY)が選出された[4]ヒース・ベルSD)は投票期間中の7月7日に、故障者リスト入りしたヨバニ・ガヤルドMIL)の代替選手として選出された[5]

ナショナルリーグ
選手(チーム) 守備 過去
選出
ジョーイ・ボット (CIN) 1B 0
ヒース・ベル (SD) ‡ RP 1
カルロス・ゴンザレス (COL) OF 0
ビリー・ワグナー (ATL) RP 6
ライアン・ジマーマン (WSH) 3B 1
アメリカンリーグ
選手(チーム) 守備 過去
選出
ニック・スウィッシャー (NYY) RF 0
ポール・コネルコ (CWS) 1B 3
デルモン・ヤング (MIN) LF 0
マイケル・ヤング (TEX) 3B 6
ケビン・ユーキリス (BOS) 1B 2

ホームランダービー

オールスターゲーム前日の7月12日に第26回ホームランダービーが開催された。決勝で11本を放ったデビッド・オルティーズBOS)が優勝[6]。本塁打の最長飛距離はマット・ホリデイSTL)の497フィート(約151.5メートル)で、第1回戦に左翼方向へ放った[7]

順位 選手(チーム) ラウンド1 ラウンド2 1+2 決勝
1 デビッド・オルティーズ (BOS) 8 13 21 11
2 ハンリー・ラミレス (FLA) 9 12 21 5
3 コーリー・ハート (MIL) 13 0 13
4 ミゲル・カブレラ (DET) 7 5 12
5 マット・ホリデイ (STL) 5 5
6 ニック・スウィッシャー (NYY) 4 4
7 バーノン・ウェルズ (TOR) 2 2
8 クリス・ヤング (ARI) 1 1

フューチャーズゲーム

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
世界選抜 0 1 0 0 0 0 0 0 0 1 10 4
米国選抜 2 0 0 0 3 1 0 3 X 9 12 0
  1. : ジェレミー・ヘリクソン  : サイモン・カストロ  
  2. 試合時間:2時間56分

選出選手

世界選抜
守備 選手(チーム)
P
ヘンダーソン・アルバレス (TOR・A+級)
サイモン・カストロ (SD・AA級)
ジェウリス・ファミリア (NYM・A+級)
トリスタン・マグナソン (TOR・AA級)
ヘクター・ノエシ (NYY・AA級)
ストルミー・ピメンテル (BOS・A+級)
エドゥアルド・サンチェス (STL・AA級)
フリオ・テヘラン (ATL・A+級)
アレックス・トーレス (TB・AA級)‡[8]
フィリップ・バリケット (CIN・AAA級)
C
陳俊秀 (CLE・A級)
ウィリン・ロザリオ (COL・AA級)
IF
ヨンダー・アロンソ (CIN・AAA級)
ペドロ・バエズ (LAD・A+級)
ペドロ・シリアコ (ARI・AAA級)
ルイス・ヒメネス (ARI・AAA級)
ブレット・ロウリー (MIL・AA級)
李學周 (CHC・A級)
アレックス・リッディ (SEA・AA級)
オジー・マルティネス (FLA・AA級)
OF
ゴーキース・ヘルナンデス (PIT・AA級)
カルロス・ペゲーロ (SEA・AA級)
フランシスコ・ペゲーロ (SF・A+級)
エウリー・ペレス (WSH・A級)
ウィルキン・ラミレス (DET・AAA級)
出場辞退
リアム・ヘンドリックス (MIN・A+級)[9]
米国選抜
守備 選手(チーム)
P
ザック・ブリットン (BAL・AA級)
クリスチャン・フリードリック (COL・AA級)
ジェレミー・ヘリクソン (TB・AAA級)
ジョーダン・ライルズ (HOU・AA級)
シェルビー・ミラー (STL・A級)
マイク・マイナー (ATL・AA級)
ブライアン・モリス (PIT・AA級)‡[10]
タナー・シェパーズ (TEX・AAA級)
アンソニー・スラマ (MIN・AAA級)‡[11]
ザック・ウィーラー (SF・A級)
C
ハンク・コンガー (LAA・AAA級)‡[12]
オースティン・ロマイン (NYY・AA級)
IF
ロニー・チゼンホール (CLE・AA級)
ドリュー・カンバーランド (SD・A+級)
ダニー・エスピノーサ (WSH・AA級)
ディー・ゴードン (LAD・AA級)
グラント・グリーン (OAK・A+級)
エリック・ホズマー (KC・A+級)
ローガン・モリソン (FLA・AAA級)
マイク・ムスターカス (KC・AAA級)
OF
ドモニク・ブラウン (PHI・AA級)
ブレット・ジャクソン (CHC・A+級)
デズモンド・ジェニングス (TB・AAA級)
ベン・リビア (MIN・AA級)
マイク・トラウト (LAA・A級)
出場辞退
ジャレッド・コザート (PHI・A級)[9]
ダン・ハドソン (CWS・AAA級)[13]
アンディ・オリバー (DET・AA級)[13]
トニー・サンチェス (PIT・A+級)[9]

脚注

[脚注の使い方]
  1. ^ Los Angeles Angels of Anaheim awarded the 2010 All-Star Game” (英語). MLB.com (2008年5月28日). 2010年1月20日閲覧。
  2. ^ 「球宴のファン投票が実施中2010年の開催地はエンジェルスの本拠地に」 『月刊スラッガー』2008年8月号、日本スポーツ企画出版社、2008年、雑誌15509-8、70頁。
  3. ^ MLB adopts Special Committee's All-Star Game modifications” (英語). MLB.com (2010年4月28日). 2010年7月15日閲覧。
  4. ^ Newman, Mark (2010年7月9日). “Swisher, Votto win tight Final Vote” (英語). MLB.com. 2010年7月16日閲覧。
  5. ^ Brock, Corey (2010年7月9日). “Bell gets the call to join NL All-Stars” (英語). MLB.com. 2010年7月16日閲覧。
  6. ^ 2010 All-Star Game - Home Run Derby” (英語). MLB.com. 2010年7月18日閲覧。
  7. ^ Leach, Matthew (2010年7月12日). “Late Derby start catches up with Holliday” (英語). MLB.com. 2010年7月18日閲覧。
  8. ^ リアム・ヘンドリックスの故障に伴い選出
  9. ^ a b c 故障のため出場辞退
  10. ^ ダン・ハドソンのメジャー昇格に伴い選出
  11. ^ ジャレッド・コザートの故障に伴い選出
  12. ^ トニー・サンチェスの故障に伴い選出
  13. ^ a b メジャーリーグ昇格のため出場辞退

出典

{{bottomLinkPreText}} {{bottomLinkText}}
2010年のMLBオールスターゲーム
Listen to this article