2014年のMLBオールスターゲーム - Wikiwand
For faster navigation, this Iframe is preloading the Wikiwand page for 2014年のMLBオールスターゲーム.

2014年のMLBオールスターゲーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

2014 MLBオールスターゲーム

会場となったターゲット・フィールド
1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
NL 0 2 0 1 00000 3 8 1
AL 3 0 0 0 2000X 5 7 0
開催日時 2014年7月15日
開催球場 ターゲット・フィールド
開催地
ミネソタ州ミネアポリス
監督 NL - マイク・マシーニー (STL)
AL - ジョン・ファレル (BOS)
MVP マイク・トラウト (LAA)
観客動員数 41,048人
MLBオールスターゲーム
 < 2013 2015 > 

2014年MLBオールスターゲーム英語: The 2014 Major League Baseball All-Star Game)はナショナルリーグアメリカンリーグの間で行われた85回目のオールスターゲームである。2014年7月15日ミネソタ・ツインズの本拠地ターゲット・フィールドで行われた。監督は、ナショナルリーグセントルイス・カージナルス監督マイク・マシーニーアメリカンリーグボストン・レッドソックス監督ジョン・ファレルが務めた。試合は5対3でアメリカンリーグが勝利、MVPには5回裏に決勝打となる適時二塁打を放ったロサンゼルス・エンゼルス・オブ・アナハイムマイク・トラウトが選出された。

凡例

試合結果

先発メンバー

ナショナルリーグ
打順 選手(チーム) 守備
1 アンドリュー・マカッチェン (PIT) CF
2 ヤシエル・プイグ (LAD) RF
3 トロイ・トゥロウィツキー (COL) SS
4 ポール・ゴールドシュミット (ARI) 1B
5 ジャンカルロ・スタントン (MIA) DH
6 アラミス・ラミレス (MIL) 3B
7 チェイス・アトリー (PIT) 2B
8 ジョナサン・ルクロイ (MIL) C
9 カルロス・ゴメス (MIL) LF
先発 アダム・ウェインライト (STL) P
アメリカンリーグ
打順 選手(チーム) 守備
1 デレク・ジーター (NYY) SS
2 マイク・トラウト (LAA) LF
3 ロビンソン・カノ (SEA) 2B
4 ミゲル・カブレラ (DET) 1B
5 ホセ・バティスタ (TOR) RF
6 ネルソン・クルーズ (BAL) DH
7 アダム・ジョーンズ (BAL) CF
8 ジョシュ・ドナルドソン (OAK) 3B
9 サルバドール・ペレス (KC) C
先発 フェリックス・ヘルナンデス (SEA) P

試合経過

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
ナショナルリーグ 0 2 0 1 0 0 0 0 0 3 8 1
アメリカンリーグ 3 0 0 0 2 0 0 0 X 5 7 0
  1. : マックス・シャーザー (DET)  : パット・ネシェック (STL)  S: グレン・パーキンス (MIN)  
  2. :  NL – なし  AL – ミゲル・カブレラ (DET)
  3. 審判:球審…ゲーリー・セーデルストレム、塁審…ジェフ・ネルソン、ボブ・デービッドソン、スコット・バリー、外審…トッド・ティチェナー、ビック・カラパッザ
  4. 観客動員数:41,048人 試合時間:3時間13分
MVP
マイク・トラウト (LAA)
  • 1回裏の1打席目に先制の1点三塁打、5回裏の3打席目に決勝打となる1点二塁打と、3打数2安打2打点の活躍を見せた。


出場選手

ナショナルリーグ


選手(チーム)







1 [中] マカッチェン (PIT) 3 0 1 0 0 0 0
ブラックモン (COL) 2 0 0 0 0 1 0
2 [右] プイグ (LAD) 3 0 0 0 0 3 0
ペンス (SF) 1 0 0 0 0 0 0
3 [遊] トゥロウィツキー (COL) 3 0 1 0 0 1 0
S. カストロ (CHC) 1 0 0 0 0 1 0
4 [一] ゴールドシュミット (ARI) 3 0 1 0 0 1 0
フリーマン (ATL) 1 0 1 0 0 0 1
5 [指] スタントン (MIA) 3 0 0 0 0 1 0
打指 リゾ (CHC) 1 0 0 0 0 1 0
6 [三] A. ラミレス (MIL) 3 1 2 0 0 0 0
フレイジャー (CIN) 0 0 0 0 1 0 0
7 [二] アトリー (PHI) 1 1 1 1 0 0 0
走二 D. ゴードン (LAD) 1 1 0 0 0 0 0
D. マーフィー (NYM) 1 0 0 0 0 1 0
8 [捕] ルクロイ (MIL) 2 0 2 2 0 0 0
メソラコ (CIN) 1 0 0 0 0 1 0
M. モンテロ (ARI) 1 0 0 0 0 0 0
9 [左] C. ゴメス (MIL) 2 0 0 0 0 1 0
J. ハリソン (PIT) 2 0 0 0 0 1 0
アメリカンリーグ


選手(チーム)







1 [遊] ジーター (NYY) 2 1 2 0 0 0 0
A. ラミレス (CWS) 2 1 1 0 0 0 0
アイバー (LAA) 0 0 0 0 0 0 0
2 [左] トラウト (LAA) 3 1 2 2 0 0 0
モス (OAK) 1 0 0 0 0 1 0
3 [二] カノ (SEA) 2 0 0 0 0 2 0
アルトゥーベ (HOU) 0 0 0 1 0 0 0
打二 キンズラー (DET) 1 0 0 0 0 1 0
4 [一] M. カブレラ (DET) 3 1 1 2 0 0 0
アブレイユ (CWS) 1 0 0 0 0 0 0
5 [右] バティスタ (TOR) 2 0 0 0 0 1 0
セスペデス (OAK) 2 0 0 0 0 0 0
6 [指] N. クルーズ (BAL) 2 0 0 0 0 1 0
打指 K. シーガー (SEA) 2 0 0 0 0 0 0
7 [中] A. ジョーンズ (BAL) 2 0 0 0 0 1 0
ベルトレ (TEX) 0 0 0 0 1 0 0
8 [三] ドナルドソン (OAK) 2 0 0 0 0 1 0
ブラントリー (CLE) 1 0 0 0 0 0 0
9 [捕] S. ペレス (KC) 1 0 0 0 0 0 0
D. ノリス (OAK) 2 1 1 0 0 1 0
K. スズキ (MIN) 0 0 0 0 0 0 0

バッテリー

ナショナルリーグ
選手(チーム)









捕手(チーム)
ウェインライト (STL) 1.0 3 3 3 0 2 1 ルクロイ (MIL)
カーショウ (LAD) 1.0 0 0 0 0 1 0
サイモン (CIN) 1.0 1 0 0 0 1 0
グレインキー (LAD) 1.0 0 0 0 0 2 0 M. メソラコ (CIN)
ネシェック (STL) 0.1 3 2 2 0 0 0
クリッパード (WSH) 0.2 0 0 0 0 0 0
F. ロドリゲス (MIL) 1.0 0 0 0 1 0 0
キンブレル (ATL) 1.0 0 0 0 0 3 0 モンテロ (ARI)
ワトソン (PIT) 0.1 0 0 0 0 0 0
A. チャップマン (CIN) 0.2 0 0 0 0 0 0
アメリカンリーグ
選手(チーム)









捕手(チーム)
F. ヘルナンデス (SEA) 1.0 1 0 0 0 2 0 S. ペレス (KC)
レスター (BOS) 1.0 3 2 2 0 0 0
ダルビッシュ (TEX) 1.0 0 0 0 0 1 0
セール (CWS) 1.0 1 1 1 0 1 0
シャーザー (DET) 1.0 1 0 0 0 2 0 D. ノリス (OAK)
カズミアー (OAK) 0.2 1 0 0 0 1 0
上原 (BOS) 0.1 0 0 0 0 1 0
G. ホランド (KC) 1.0 0 0 0 0 1 0
S. ドゥーリトル (OAK) 0.2 1 0 0 0 2 0
ロドニー (SEA) 0.1 0 0 0 1 1 0
パーキンス (MIN) 1.0 0 0 0 0 1 0 K. スズキ (MIN)

選出選手

地元ミネソタ・ツインズからは、ファン投票で一人も選出されず[1]、監督推薦・選手間投票でグレン・パーキンスが選出され、カート・スズキが故障で出場辞退したマット・ウィータースBAL)の代役として選出された。

ファン投票選出

投票結果は現地時間同年7月6日に発表された。最多得票は、ナショナルリーグが5,349,456票を獲得したトロイ・トゥロウィツキーCOL)、アメリカンリーグが5,859,019票を獲得したホセ・バティスタTOR)。

ナショナルリーグ
守備 選手(チーム) 選出 得票数
C
ヤディアー・モリーナ (STL) †[2]
6 3,842,434
ジョナサン・ルクロイ (MIL)
- 3,515,011
バスター・ポージー (SF)
2 2,553,586
1B
ポール・ゴールドシュミット (ARI)
2 3,516,890
エイドリアン・ゴンザレス (LAD)
4 1,888,648
マット・アダムス (STL)
- 1,746,904
2B
チェイス・アトリー (PHI)
6 2,866,529
ディー・ゴードン (LAD)
- 2,090,882
ニール・ウォーカー (TEX)
- 1,918,090
3B
アラミス・ラミレス (MIL)
3 2,318,611
デビッド・ライト (NYM)
7 1,979,883
トッド・フレイジャー (CIN)
- 1,856,665
SS
トロイ・トゥロウィツキー (COL)
4 5,349,456
ジーン・セグラ (MIL)
1 2,118,085
ブランドン・クロフォード (SF)
- 1,584,044
OF
アンドリュー・マカッチェン (PIT)
4 4,519,440
カルロス・ゴメス (MIL)
2 4,068,745
ヤシエル・プイグ (LAD)
4,059,746
ジャンカルロ・スタントン (MIA)
1 3,753,961
ライアン・ブラウン (MIL)
5 3,091,872
アメリカンリーグ
守備 選手(チーム) 選出 得票数
C
マット・ウィータース (BAL) †[2]
3 2,701,310
デレク・ノリス (OAK)
- 2,689,324
ブライアン・マッキャン (NYY)
7 2,026,016
1B
ミゲル・カブレラ (DET)
9 4,377,749
ホセ・アブレイユ (CWS)
- 2,560,891
クリス・デービス (BAL)
1 1,753,679
2B
ロビンソン・カノ (SEA)
6 3,237,735
ホセ・アルトゥーベ (HOU)
1 2,355,066
イアン・キンズラー (DET)
3 2,136,701
3B
ジョシュ・ドナルドソン (OAK)
3,684,820
エイドリアン・ベルトレ (TEX)
3 2,577,661
マニー・マチャド (BAL)
1 1,927,273
SS
デレク・ジーター (NYY)
14 3,928,422
アレクセイ・ラミレス (CWS)
- 2,841,402
J・J・ハーディ (BAL)
2 2,126,357
OF
ホセ・バティスタ (TOR)
5 5,859,019
マイク・トラウト (LAA)
3 5,559,705
アダム・ジョーンズ (BAL)
4 2,817,419
ヨエニス・セスペデス (OAK)
- 2,744,074
メルキー・カブレラ (TOR)
1 2,425,708
DH
ネルソン・クルーズ (BAL)
3 3,942,138
ビクター・マルティネス (DET)
4 2,513,831
デビッド・オルティーズ (BOS)
3 2,443,540

監督推薦・選手間投票

ナショナルリーグ
守備 選手(チーム) 選出
SP
マディソン・バンガーナー (SF) †[3]
2
ジョニー・クエト (CIN) †[3]
ザック・グレインキー (LAD)
2
クレイトン・カーショウ (LAD)
4
タイソン・ロス (SD) †[3]
ジェフ・サマージャ (CHC/OAK) †[4]
フリオ・テヘラン (ATL) †[3]
アダム・ウェインライト (STL)
3
ジョーダン・ジマーマン (WSH) †[2]
2
ヘンダーソン・アルバレス (MIA) ‡[5]
ティム・ハドソン (SF) ‡[6]
4
RP
アロルディス・チャップマン (CIN)
3
クレイグ・キンブレル (ATL)
4
パット・ネシェック (STL)
フランシスコ・ロドリゲス (MIL)
5
トニー・ワトソン (PIT)
タイラー・クリッパード (WSH) ‡[7]
2
アルフレド・サイモン (CIN) ‡[8]
ヒューストン・ストリート (SD) ‡[9]
2
C
ジョナサン・ルクロイ (MIL)[10]
デビン・メソラコ (CIN)
ミゲル・モンテロ (ARI) ‡[11]
2
1B
フレディ・フリーマン (ATL)
2
2B
マット・カーペンター (STL)
2
ディー・ゴードン (LAD)
ダニエル・マーフィー (NYM)
3B
トッド・フレイジャー (CIN)
SS
スターリン・カストロ (CHC)
3
OF
チャーリー・ブラックモン (COL)
ジョシュ・ハリソン (PIT)
ハンター・ペンス (SF)
3
ジャンカルロ・スタントン (MIA)
2
アメリカンリーグ
守備 選手(チーム) 選出
SP
マーク・バーリー (TOR)
5
ダルビッシュ有 (TEX)
3
フェリックス・ヘルナンデス (SEA)
5
スコット・カズミアー (OAK)
3
ジョン・レスター (BOS)
3
デビッド・プライス (TB) †[2]
4
マックス・シャーザー (DET)
2
田中将大 (NYY) †[2]
RP
デリン・ベタンセス (NYY)
ショーン・ドゥーリトル (OAK)
グレッグ・ホランド (KC)
2
グレン・パーキンス (MIN)
2
上原浩治 (BOS) ‡[12]
フェルナンド・ロドニー (SEA) ‡[13]
2
C
サルバドール・ペレス (KC)[14]
2
デレク・ノリス (OAK)
カート・スズキ (MIN) ‡[15]
1B
ホセ・アブレイユ (CWS)
エドウィン・エンカーナシオン (TOR) †[2]
2
ブランドン・モス (OAK)
2B
ホセ・アルトゥーベ (HOU)
2
イアン・キンズラー (DET) ‡[16]
4
3B
エイドリアン・ベルトレ (TEX)
4
カイル・シーガー (SEA) ‡[17]
SS
アレクセイ・ラミレス (CWS)
エリック・アイバー (LAA) ‡[18]
OF
マイケル・ブラントリー (CLE)
ヨエニス・セスペデス (OAK)
アレックス・ゴードン (KC) †[2]
2
DH
ビクター・マルティネス (DET) †[2]
5

最終投票

選出選手の発表後、選出に漏れた選手の中から各リーグ5名が選ばれ、最後の1枠をかけたファン投票(All-Star Final Vote)が同年7月6日から10日まで行われた。昨年同様、ノミネートされた各リーグの5名は、ナ・リーグは全員野手、ア・リーグは全員投手だった。

ナショナルリーグ
選手(チーム) 守備 過去
選出
アンソニー・リゾ (CHC)
1B 0
ケーシー・マギー (MIA)
3B 0
ジャスティン・モルノー (COL)
1B 4
アンソニー・レンドン (WSH)
1B 0
ジャスティン・アップトン (ATL)
OF 2
アメリカンリーグ
選手(チーム) 守備 過去
選出
クリス・セール (CWS)
P 2
ダラス・カイケル (HOU)
P 0
コーリー・クルーバー (CLE)
P 0
ギャレット・リチャーズ (LAA)
P 0
リック・ポーセロ (DET)
P 0

ホームランダービー

オールスターゲーム前日の7月14日に第30回ホームランダービーが同球場で開催された。今年度から各リーグから5名を選出し、予選ラウンドがリーグ別に行われる制度に変更され、各リーグ1位の選手が決勝ラウンドに進む。ナ・リーグはトッド・フレイジャーCIN)が、ア・リーグは前回王者のヨエニス・セスペデスOAK)が決勝に進出。決勝ラウンドではセスペデスがフレイジャーの1本を大きく上回る9本を放ち、2年連続の優勝となった。

ナショナルリーグ
順位 選手(チーム) ラウンド1 タイブレーク ラウンド2 ラウンド3 備考
1
トッド・フレイジャー (CIN)
2 1 6 1
2
ジャンカルロ・スタントン (MIA)
6 - - 0
3
トロイ・トゥロウィツキー (COL)
4 - 2 - キャプテン
4
ジャスティン・モルノー} (COL)
2 0 - -
5
ヤシエル・プイグ (LAD)
0 - - -
アメリカンリーグ
順位 選手(チーム) ラウンド1 タイブレーク ラウンド2 ラウンド3 備考
1
ヨエニス・セスペデス (OAK)
3 2 9 7 前年優勝者
2
ホセ・バティスタ (TOR)
10 - - 4 キャプテン
3
アダム・ジョーンズ (BAL)
4 - 3 -
4
ジョシュ・ドナルドソン (OAK)
3 1 - -
5
ブライアン・ドージャー (MIN)
2 - - -
決勝ラウンド
順位 選手(チーム) 本数
1
ヨエニス・セスペデス (OAK)
9
2
トッド・フレイジャー (CIN)
1

フューチャーズゲーム

試合2日前の7月13日には、同球場でマイナーリーグのオールスターゲーム“フューチャーズゲーム”が開催された。試合は米国選抜が世界選抜を3-2で下し、MVPには6回裏に逆転の2点本塁打を放ったジョーイ・ギャロTEX傘下AA級)が選ばれた。

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
世界選抜 0 0 0 0 0 2 0 0 0 2 8 0
米国選抜 0 0 1 0 0 2 0 0 X 3 7 0
  1. : ジェイク・トンプソン (DET傘下A+級)  : マイケル・フェリス (HOU傘下A級)  S: ノア・シンダーガード (NYM傘下AAA級)  
  2. 試合時間:2時間33分

選出選手

世界選抜
守備 選手(チーム)
P
ビクター・アルカンタラ (LAA・A級)
ホセ・ベリオス (MIN・A+級)
エドウィン・エスコバー (SF・AAA級)
マイケル・フェリス (HOU・A級) ‡[19]
ドミンゴ・ヘルマン (MIA・A級)
タイロン・ゲレーロ (SD・A+級)
ホルヘ・ロペス (MIL・A+級)
エニー・ロメロ (TB・AAA級)
ルイス・セベリーノ (NYY・A+級)
フリオ・ウリアス (LAD・AAA級)
C
ホルヘ・アルファーロ (TEX・A+級)
A.J.ヒメネス (TOR・AAA級) ‡[20]
IF
ハビアー・バエズ (CHC・AAA級)
ホセ・ロンドン (LAA・A+級) ‡[21]
マイケル・フランコ (PHI・AAA級)
ロセル・ヘレーラ (COL・A+級)
フランシスコ・リンドーア (CLE・AA級)
レナート・ヌニェス (OAK・A+級)
ホセ・ペラザ (ATL・AA級)
ケニス・バルガス (MIN・AA級)
OF
ダリエル・アルバレス (BAL・AA級)
ガブリエル・ゲレーロ (SEA・A+級)
スティーブン・モヤ (DET・AA級)
ドルトン・ポンペイ (TOR・AA級)
ドミンゴ・サンタナ (HOU・AAA級)
出場辞退
クリスチャン・ベタンコート (ATL・AAA級)[22]
カルロス・コレア (HOU・A+級)[2]
フランキー・モンタス (CWS・AA級)[2]
クリスチャン・バスケス (BOS・AAA級)[23][22]
米国選抜
守備 選手(チーム)
P
クリスチャン・ビンフォード (KC・AA級)
ルーカス・ジオリト (WSH・A級)
アレックス・メイヤー (MIN・NRI) ‡[24]
ハンター・ハービー (BAL・A級)
ダニエル・ノリス (TOR・AA級)
ヘンリー・オーウェンス (BOS・AA級)
ブレイデン・シップリー (ARI・A+級)
ロバート・スティーブンソン (CIN・A+級)
ノア・シンダーガード (NYM・AAA級)
ジェイク・トンプソン (DET・A+級)
C
ケビン・プラウェッキー (NYM・AAA級)
ジャスティン・オコナー (TB・A+級)
IF
クリス・ブライアント (CHC・AAA級)
J.P.クロフォード (PHI・A+級)
ショーン・コイル (BOS・AA級) ‡[25]
ジョーイ・ギャロ (TEX・AA級)
マイカ・ジョンソン (CWS・AAA級)
ピーター・オブライエン (NYY・AA級)
D.J.ピーターソン (SEA・AA級)
コーリー・シーガー (LAD・A+級)
OF
ジョシュ・ベル (PIT・A+級)
ジェームズ・ラムジー (STL・AA級)
ハンター・レンフロー (SD・AA級)
マイケル・テイラー (WSH・AA級)
ジェシー・ウィンカー (CIN・AA級)
出場辞退
ムーキー・ベッツ (BOS・AAA級)[22]
マルコ・ゴンザレス (STL・AA級)[22]
トレバー・メイ (MIN・AAA級)[2]

脚注

[脚注の使い方]
  1. ^ ツインズの最多得票は捕手4位のカート・スズキだった(1,245,330票)。
  2. ^ a b c d e f g h i j k 故障のため出場辞退
  3. ^ a b c d 7月13日に登板したため辞退
  4. ^ 他リーグ移籍のため辞退
  5. ^ ジョーダン・ジマーマンの故障に伴い選出
  6. ^ マディソン・バンガーナーが7月13日に登板したため選出
  7. ^ フリオ・テヘランが7月13日に登板したため選出
  8. ^ ジョニー・クエトが7月13日に登板したため選出
  9. ^ タイソン・ロスが7月13日に登板したため選出
  10. ^ ヤディアー・モリーナの故障に伴い先発出場選手へ異動
  11. ^ ヤディアー・モリーナの故障に伴い選出
  12. ^ 田中将大の故障に伴い選出
  13. ^ デビッド・プライスの故障に伴い選出
  14. ^ マット・ウィータースの故障に伴い先発出場選手へ異動
  15. ^ マット・ウィータースの故障に伴い選出
  16. ^ アレックス・ゴードンの故障に伴い選出
  17. ^ ビクター・マルティネスの故障に伴い選出
  18. ^ アレックス・ゴードンの故障に伴い選出
  19. ^ フランキー・モンタスの故障に伴い選出
  20. ^ クリスチャン・バスケスのメジャーリーグ昇格に伴い選出
  21. ^ カルロス・コレアの故障に伴い選出
  22. ^ a b c d メジャーリーグ昇格のため出場辞退
  23. ^ クリスチャン・ベタンコートのメジャーリーグ昇格に伴い選出
  24. ^ トレバー・メイの故障に伴い選出
  25. ^ ムーキー・ベッツのメジャーリーグ昇格に伴い選出

出典

この項目は、メジャーリーグベースボール(MLB)に関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者を求めています(プロジェクト:野球 / Portal:野球)。
{{bottomLinkPreText}} {{bottomLinkText}}
2014年のMLBオールスターゲーム
Listen to this article