ATS・HS1 - Wikiwand
For faster navigation, this Iframe is preloading the Wikiwand page for ATS・HS1.

ATS・HS1

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ATS・HS1
カテゴリー F1
コンストラクター ATS
デザイナー ロビン・ハード
ジョン・ジェントリー
後継 ATS・D1
主要諸元
シャシー アルミニウムモノコック
エンジン フォード-コスワース DFV 90° V8,
トランスミッション ヒューランド FGA400
重量 585 kg (1,290 lb)
燃料 シェル
タイヤ グッドイヤー
主要成績
チーム ATSレーシングチーム
ドライバー 9. ヨッヘン・マス
9. /10. ミハエル・ブリークモレン
10. ジャン=ピエール・ジャリエ
10. アルベルト・コロンボ
10. ケケ・ロズベルグ
10. ハンス・ビンダー
10. ハラルド・アーテル
コンストラクターズ
タイトル
0
ドライバーズタイトル 0
初戦 1978年アルゼンチングランプリ
出走優勝ポールFラップ
11000
テンプレートを表示

ATS・HS1は、ATSチームが1978年のF1世界選手権用に製作したフォーミュラ1カー。デザイナーはロビン・ハードとジョン・ジェントリー。

開発の背景

ATSは1969年に設立された自動車用品メーカーで、主に鋳造ホイールを製造していた。1970年代初めに共同オーナーのギュンター・シュミット主導の下、モータースポーツイベントのスポンサーを始める。1975年にはフィンランド人ドライバーのミッコ・コザロウィッツキーと共にフォーミュラ・ヴィーに参戦する。翌年にATSホイールはコザロウィッツキー、ラインホルト・ヨーストと共にフォーミュラ2に参入したが、成功はできなかった。1977年の初めにATSはチーム・ペンスキーの機材を購入した。ATSレーシングチームとしてF1に参戦、ペンスキー・PC4ジャン=ピエール・ジャリエがドライブし、初レースのアメリカ西グランプリでポイントを獲得した。それとは別に、シーズンは「混沌」[1]としたものとなり、それ以上の結果を出すことはできなかった。1978年に入るとATSは、前年限りでF1を撤退したマーチ・エンジニアリングの機材を入手、チームの拠点をイギリスへ移動させ、旧マーチのスタッフと共にオリジナルの車両、ATS・HS1を開発した。この車両は独立デザイナーに設計を依頼した物であった[1]。HS1は何度か完走したものの、いずれもポイント圏外であった。HS1はシーズン終盤には新型のATS・D1に取って代わられた。

製造

HS1のデザイナーはマーチ・エンジニアリング創設者の一人であるロビン・ハードとジョン・ジェントリーであった[2]。ある者はHS1を完全な再設計と信じたが[3]、別のソースによると、1976年にジェフ・フェリスが設計したペンスキー・PC4の再設計にすぎないともされ[4]、それは1975年のマーチ・751が起源とされた[5]

HS1はアルミニウムモノコックを持ち、PC4に比べてトレッドは前が1500mmから1422mm、後が1525mmから1473mmと縮小された[2]。これは、PC4とその前身のペンスキー・PC3のサスペンションに対応していた。PC4と比較するとより平たいフロントエンドとなり、エンジンカバーは小型の物を装着した。エンジンはフォード-コスワース DFVを搭載した。ギアボックスはヒューランドFG400、タイヤはグッドイヤーを装着した。

シャシー

HS1は3台が製作された。シーズンの大半は1号車と2号車が使用され、3号車は2戦にのみ使用された[6]。それぞれのシャシーが使用されたグランプリは以下の通り。

グランプリ ATS HS1/1 ATS HS1/2 ATS HS1/3
アルゼンチン
ヨッヘン・マス ジャン=ピエール・ジャリエ
ブラジル
ヨッヘン・マス ジャン=ピエール・ジャリエ
ヨッヘン・マス
南アフリカ
ジャン=ピエール・ジャリエ ヨッヘン・マス
アメリカ西
ジャン=ピエール・ジャリエ ヨッヘン・マス
モナコ
ジャン=ピエール・ジャリエ ヨッヘン・マス
ベルギー
ヨッヘン・マス
アルベルト・コロンボ
スペイン
ヨッヘン・マス アルベルト・コロンボ
スウェーデン
ヨッヘン・マス ケケ・ロズベルグ
フランス
ヨッヘン・マス ケケ・ロズベルグ
イギリス
ヨッヘン・マス ケケ・ロズベルグ
西ドイツ
ヨッヘン・マス ジャン=ピエール・ジャリエ
オーストリア
ヨッヘン・マス ハンス・ビンダー
オランダ
ヨッヘン・マス ミハエル・ブリークモレン
イタリア
ハラルド・アーテル ミハエル・ブリークモレン
アメリカ
ミハエル・ブリークモレン
カナダ
ミハエル・ブリークモレン


この節の加筆が望まれています。

F1における全成績

(key) (太字ポールポジション

チーム エンジン タイヤ ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 ポイント 順位
1978年 ATSレーシングチーム フォード-コスワース DFV G ARG
BRA
RSA
USW
MON
BEL
ESP
SWE
FRA
GBR
GER
AUT
NED
ITA
USA
CAN
0 NC
ヨッヘン・マス 11 7 Ret Ret DNQ 11 9 13 13 NC Ret DNQ DNQ
ミハエル・ブリークモレン DNQ DNQ Ret DNPQ
ジャン=ピエール・ジャリエ 12 DNS 8 11 DNQ DNQ
アルベルト・コロンボ DNQ DNQ
ケケ・ロズベルグ 15 16 17
ハンス・ビンダー DNQ
ハラルド・アーテル DNQ*

参照

  1. ^ a b Doug Nye: Das große Buch der Formel-1-Rennwagen. Die Dreiliterformel ab 1966. Verlagsgesellschaft Rudolf Müller, Köln 1986, ISBN 3-481-29851-X, S. 167.
  2. ^ a b Adriano Cimarosti: Das Jahrhundert des Rennsports. 1. Auflage. Stuttgart 1997, ISBN 3-613-01848-9, S. 289.
  3. ^ Pierre Ménard: La Grande Encyclopédie de la Formule 1. 2. Auflage. St. Sulpice 2000, ISBN 2-940125-45-7, S. 136.
  4. ^ David Hodges: Rennwagen von A–Z nach 1945. Motorbuch Verlag, Stuttgart 1993, ISBN 3-613-01477-7, S. 23 f.
  5. ^ David Hodges: Rennwagen von A–Z nach 1945. Motorbuch Verlag, Stuttgart 1993, ISBN 3-613-01477-7, S. 208.
  6. ^ Renngeschichte des ATS HS1 auf der Internetseite www.oldracingcars.com (abgerufen am 23. Mai 2014).
{{bottomLinkPreText}} {{bottomLinkText}}
ATS・HS1
Listen to this article