BRM・P180 - Wikiwand
For faster navigation, this Iframe is preloading the Wikiwand page for BRM・P180.

BRM・P180

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

BRM・P180
カテゴリー F1
コンストラクター BRM
デザイナー トニー・サウスゲート
先代 BRM・P160
後継 BRM・P201
主要諸元
エンジン BRM・P142 V12 NA ミッドエンジン
タイヤ ファイアストン
主要成績
チーム マールボロBRM
ドライバー
ジャン=ピエール・ベルトワーズ
ピーター・ゲシン
ハウデン・ガンレイ
ビル・ブラック
ブライアン・レッドマン
出走時期 1972
通算獲得ポイント 0
初戦 1972年スペインGP
最終戦 1972年アメリカGP
出走優勝表彰台ポールFラップ
50000
テンプレートを表示

BRM・P180は、F1コンストラクターのブリティッシュ・レーシング・モータース(BRM)が1972年に開発したフォーミュラ1カーである。デザイナーはトニー・サウスゲート

概要

1972年からマールボロがBRMのスポンサーに付き、多額の資金を得て開発。P180の特徴はラジエターやオイルクーラーを車体最後部に配置して重量をマシン後半に集中させている点(重量配分は前輪30、後輪70[1]。)。フロントのノーズは低く薄いスポーツカーノーズを採用(実戦では使用されず、通常のウイングノーズを使用)。空力を意識してコクピット前方が低く仕上げられ、その結果コクピットカウルとステアリングホイールが干渉してしまうため、ステアリングを逃す穴が開けられている。

2台製作されスペインGPピーター・ゲシンのドライブによりデビュー(ジャン=ピエール・ベルトワーズにも用意されたが、ブレーキの問題のためP160Bに乗り換える[1]。)。しかし、極端な重量配分によりアンダーステアが発生して操縦性が悪化したため、モナコGPが終わった後一旦レースから撤退。この間アンダーステア解消のためマシンを改修、オイルクーラーがマシン右側に移設されイタリアGPより復帰するが、結果を残すことはできなかった。

10月22日ブランズハッチで行われた非選手権レース「ワールド・チャンピオンシップ・ヴィクトリーレース」でベルトワーズのドライブにより優勝している。

成績

(key)

チーム エンジン タイヤ ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 ポイント 順位
1972 マールボロ BRM BRM
P142
F ARG
RSA
ESP
MON
BEL
FRA
GBR
GER
AUT
ITA
CAN
USA
0 NC
ベルトワーズ
8 Ret Ret
ゲシン
Ret
ガンレイ
Ret
ブラック
Ret
レッドマン
Ret

脚注

  1. ^ a b 大串(1992)p115。

参考文献

外部リンク

この項目は、モータースポーツに関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者を求めています。
{{bottomLinkPreText}} {{bottomLinkText}}
BRM・P180
Listen to this article