COME ON EVERYBODY - Wikiwand
For faster navigation, this Iframe is preloading the Wikiwand page for COME ON EVERYBODY.

COME ON EVERYBODY

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

COME ON EVERYBODY
TM NETWORKシングル
初出アルバム『CAROL 〜A DAY IN A GIRL'S LIFE 1991〜
B面 COME ON EVERYBODY(Instrumental Mix)
リリース
規格 7インチレコード
カセットテープ
8センチCD
ジャンル ロック
レーベル エピックソニーレコード
作詞・作曲 作詞・作曲:小室哲哉
プロデュース 小室哲哉
チャート最高順位
  • 3位(オリコン
  • 1988年12月度月間7位(ザ・ベストテン
  • 1988年度年間83位(ザ・ベストテン)
  • 1989年上半期37位(ザ・ベストテン)
TM NETWORK シングル 年表
SEVEN DAYS WAR
1988年
COME ON EVERYBODY
1988年
JUST ONE VICTORY (たったひとつの勝利)
1989年
テンプレートを表示

COME ON EVERYBODY(カモン・エブリバディ)は、1988年11月17日にリリースされたTM NETWORKの15枚目のシングル。

解説

アルバムCAROL ~A DAY IN A GIRL'S LIFE 1991~』の先行シングルとしてリリースされた。「Come On Let's Dance」のライブバージョンのイントロ、アウトロのリフをベースに作られた曲である[1]。但しシングル版とアルバム版はアレンジが大幅に異なっており、アルバム『CAROL』に収録されているバージョンは、エレキギターのリフを部分的に排除してあり、それぞれを聴き比べるとサビの1フレーズ目リフレインが明らかに異なっていることがよくわかる。アルバム「CAROL ~A DAY IN A GIRL'S LIFE 1991~」のバンドスコア掲載の小室へのインタビューによると、このアルバムにおいて一番打ち込みが多い曲とのことである。エレキギターの演奏もいったんサンプラーに取り込んで同期させて演奏しているとのことである。また翌年には同曲のリミックスシングルがリリースされている。

1988年に『紅白歌合戦』に初出場した際には「'88 FINAL MEGA MIX」というサブタイトルを冠して、小室哲哉サンプリングプレイを最大限にフィーチャーしたバージョンで演奏。演奏時間は6分弱で、紅白としては演奏時間がかなり長く取られている。また、演奏中、宇都宮隆が歌詞を間違えている。そして、木根尚登もコーラスを間違えている。ギターは当時ツアーのサポートメンバーであったB'z松本孝弘が演奏し[2]、ドラムは阿部薫が演奏している。

収録曲

  1. COME ON EVERYBODY
  2. COME ON EVERYBODY(Instrumental Mix)
    • 作曲・編曲:小室哲哉

収録アルバム

脚注

  1. ^ この曲が発表される前にも、ライブで「Come On Let's Dance」を演奏する際に、この曲のリフをアドリブ的に入れていることがあった。
  2. ^ スタジオバージョンも松本の演奏である。


この項目は、シングルに関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者を求めています(P:音楽/PJ 楽曲)。
{{bottomLinkPreText}} {{bottomLinkText}}
COME ON EVERYBODY
Listen to this article