digitaglam FOD VI - Wikiwand
For faster navigation, this Iframe is preloading the Wikiwand page for digitaglam FOD VI.

digitaglam FOD VI

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

digitaglam FOD VI
FENCE OF DEFENSEスタジオ・アルバム
リリース
録音 GESS CONBINATO STUDIO
AOBADAI STUDIO
MAGNET STUDIO
STUDIO AVR
ジャンル ロック
時間
レーベル Epic/Sony Records
プロデュース FENCE OF DEFENSE
チャート最高順位
FENCE OF DEFENSE アルバム 年表
FENCE OF DEFENSE V TIME
1990年
digitaglam FOD VI
1991年
FENCE OF DEFENSE VII RIDE
1992年
テンプレートを表示

digitaglam FOD VI』(デジタグラム・エフオーディー・シックスス)は、1991年6月21日にリリースされたFENCE OF DEFENSEの6枚目のアルバム。

解説

  • キャッチコピーは「地球と子宮の電子狂奏曲」。メインタイトルの「digitaglam」とは「digital」と「glam」の合成語。デジタルビートに乗せた、グラムロックならではの耽美的な世界が横溢する実験作である。当時最新鋭の機材であったシンクラビアを多用し、新境地を生み出した。現在でも西村麻聡が会心の作品と評価している。
  • このアルバムはトータル・コンセプトを持つ作品である事から、シングルがリリースされなかった(「Lies & Reason」のみ、「時の河」のカップリング曲としてシングルに収録されている)。また歌詞カードも極めてユニークなデザインとなっている。
  • 山田が「グラウンド・ビート」という当時、日本で火が着きかけていたハウスミュージックリズムを生ドラムで表現するなど、違った面が伺える。
  • 本作品で初めてセルフカバー曲を収録し、1stに収録されている「PLASTIC AGE」を「PLASTIC AGE'90」としてセルフカバーしている。

収録曲

  1. パラノイアの危険な入口
    • 作詞:西村麻聡 作曲:西村麻聡 編曲:FENCE OF DEFENSE
    この楽曲のタイトルはキング・クリムゾン21st Century Schizoid Man」の一節を邦訳したものでもある。歌詞自体はアルバム「クリムゾン・キングの宮殿」収録曲の邦訳歌詞をランダムに組み合わせたものである。
  2. digitaglam
    • 作曲:西村麻聡 編曲:FENCE OF DEFENSE
  3. 9.9.9
    • 作詞:西村麻聡 作曲:西村麻聡 編曲:FENCE OF DEFENSE
  4. PEACE LOVIN' MAN
    • 作詞:FENCE OF DEFENSE、早咲めぐみ 作曲:FENCE OF DEFENSE 編曲:FENCE OF DEFENSE
  5. ASIAN LUNCH
    • 作曲:西村麻聡 編曲:FENCE OF DEFENSE
  6. BRAIN DANCE
    • 作詞:西村麻聡 作曲:FENCE OF DEFENSE 編曲:FENCE OF DEFENSE
  7. Deep Kiss
    • 作詞:西村麻聡 作曲:西村麻聡 編曲:FENCE OF DEFENSE
  8. Lies & Reason
    • 作詞:西村麻聡 作曲:西村麻聡 編曲:FENCE OF DEFENSE
    後に11thシングル『時の河』のカップリング曲としてシングル・カットされている。
  9. クロスロード・パズル
    北島がギターベースを弾いている楽曲。そのためか、1991年に行われたライブでは西村は演奏に参加していない。西村がこの曲をライブで弾いたのは1993年のツアーが最初である。その際初日の公演でこの曲を演奏し終えた西村が思わず「ああ、緊張した。」とつぶやいた。
  10. 知識のテロリズム
    • 作曲:西村麻聡 編曲:FENCE OF DEFENSE
  11. 無条件完全降伏
    • 作詞:北島健二 作曲:FENCE OF DEFENSE 編曲:FENCE OF DEFENSE
  12. 「甘美」
    • 作曲:西村麻聡 編曲:FENCE OF DEFENSE
  13. 恋の独裁者
    • 作詞:FENCE OF DEFENSE 作曲:西村麻聡 編曲:FENCE OF DEFENSE
    色々な要素が取り入れられており、出だしと間奏[1]ヒトラーの演説、リフにレッド・ツェッペリン移民の歌」を取り入れ、歌詞は山本リンダ「どうにもとまらない」をモチーフに作られている。
  14. 出路
    • 作曲:西村麻聡 編曲:FENCE OF DEFENSE
  15. PLASTIC AGE'90
    • 作詞:柳川英己、FENCE OF DEFENSE 作曲:西村麻聡 編曲:FENCE OF DEFENSE
    1stアルバム『FENCE OF DEFENSE』収録曲及び2ndシングル『NIGHTLESS GIRL」のカップリング曲のセルフカバー。メロディがラップっぽくなっており、さらに2番が「CHAIN REACTION」のAメロ+「BURN」のサビという編成になっている。ちなみにこの楽曲は、前年(1990年)のツアーの中で既に演奏されていた。この年は、通常のホールツアーではなく、全国のライブハウスを会場としたツアーを3度行っている。それぞれのツアーで、「既発表曲をアレンジし直してメドレー形式で演奏する」という試みがなされた。「PLASTIC AGE 90」は3度目のツアーで初披露された。「PLASTIC AGE」をベースとして、「BURN」「CHAIN REACTION」が盛り込まれている。

参加ミュージシャン


  • 白田朗 - シンセサイザーオペレーター
  • 日向大介 - シンクラビアオペレーター
  • 菊池信一 - シンクラビアオペレーター

脚注

  1. ^ 間奏は1933年1月30日の首相就任演説の音源を使用している。


この項目は、アルバムに関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者を求めています(P:音楽/PJアルバム)。
{{bottomLinkPreText}} {{bottomLinkText}}
digitaglam FOD VI
Listen to this article