RAM・02 - Wikiwand
For faster navigation, this Iframe is preloading the Wikiwand page for RAM・02.

RAM・02

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

RAM・02
カテゴリー F1
コンストラクター
RAMレーシング
デザイナー デヴィッド・ケリー
先代 RAM・01
後継 RAM・03
主要諸元
シャシー カーボンファイバー/ハニカムコンポジット複合構造モノコック
サスペンション(前) ダブルウィッシュボーン, コイルスプリング, プルロッド
サスペンション(後) ダブルウィッシュボーン, コイルスプリング
トレッド 前:1,753 mm (69.0 in)
後:1,607 mm (63.3 in)
ホイールベース 2,769 mm (109.0 in)
エンジン ハート 415T, 1,496 cc (91.3 cu in), L4 ターボ,
トランスミッション ヒューランド FGB/RAM 6速
重量 550 kg (1,200 lb)
燃料 シェル
タイヤ ピレリ
主要成績
チーム スコールバンディット・フォーミュラ1チーム
ドライバー
フィリップ・アリオー
ジョナサン・パーマー
マイク・サックウェル
出走時期 1984年
初戦 1984年ブラジルグランプリ
出走優勝ポールFラップ
15000
テンプレートを表示

RAM・02 は、RAMレーシング1984年F1世界選手権に投入したフォーミュラ1カー

背景

マーチ・グランプリと袂を分かったRAMレーシングはオリジナルのマシンを開発することとなった。それまではマーチが製作したマシンや、マーチの設計図を元に製作したマシンを使用したが[1]、1984シーズンはオリジナルのRAM・02を投入することとなった。

開発

02はデイブ・ケリーが設計した。エンジンは01同様ハート415Tが搭載された。車体の形状も大きく変わらないが、サイドポンツーンが変更された。モノコックの形状はほぼ同一であるが、アルミニウムとカーボンファイバーのハニカムコンポジット複合構造を採用した。これにより大幅な軽量化を果たした。

ハート415TはRAMの様な弱小チームが選択できる唯一のターボエンジンであったが、信頼性は低くトラブルにより多くのリタイアを喫した。それでも自然吸気エンジンよりは戦闘力が向上し、予選通過はそれほどの難関では無くなった。

02は3台が製作された。この年からスポンサーにアメリカのタバコ会社、スコール・バンディットが付き、車体は白と濃緑色のカラーリングとなった。

レース戦績

前年とは異なり1984年は2台体制でシーズンに臨んだが、02は開幕に1台しか間に合わず、フィリップ・アリオーがドライブした。第3戦のベルギーで2台目が投入され、ジョナサン・パーマーも02をドライブした。第9戦のカナダではパーマーに代わってマイク・サックウェルが起用された。

予選落ちはアリオーが2回、パーマーが1回、アリオーは第9戦アメリカグランプリでは土曜日の予選でクラッシュし決勝は出走しなかった。02の最高位は9位が3回でいずれもパーマーによるものであった。リタイアはアリオーが10回、パーマーが7回、サックウェルが1回であった。02はポイントを獲得することができなかった。


F1における全成績

(key) (太字ポールポジション

チーム エンジン タイヤ No ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 ポイント 順位
1984年 RAM・02 ハート 415T
L4 1.5 ターボ
P BRA
RSA
BEL
SMR
FRA
MON
CAN
DET
USA
GBR
GER
AUT
NED
ITA
EUR
POR
0 -
9
フィリップ・アリオー
Ret Ret DNQ Ret Ret DNQ 10 Ret DNS Ret Ret 11 10 Ret Ret Ret
10
ジョナサン・パーマー
10 9 13 DNQ Ret Ret Ret Ret 9 9 Ret Ret Ret
10
マイク・サックウェル
Ret
  • レースは大雨のため32周目に赤旗終了。規定周回数の75%を消化していないため、与えられるポイントは従来の半分

参考文献

  • David Hodges: A-Z of Grand Prix Cars 1906–2001. 2001 (Crowood Press), ISBN 1-86126-339-2.(英語)

参照

  1. ^ David Hodges: A–Z of Grand Prix Cars 1906–2001, 2001 (Crowood Press), ISBN 1-86126-339-2, S. 196.

外部リンク

{{bottomLinkPreText}} {{bottomLinkText}}
RAM・02
Listen to this article