THE 東南西北 - Wikiwand
For faster navigation, this Iframe is preloading the Wikiwand page for THE 東南西北.

THE 東南西北

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

The東南西北
別名 THE 東南西北
出身地
日本広島県尾道市
ジャンル ロック
活動期間 1983年 - 1991年
2012年 -
レーベル CBSソニー(1985年 - 1991年)

The東南西北(ザ・とんなんしゃーぺー)は、日本ロックバンド広島県尾道市出身。1985年CBSソニーよりデビュー、1991年に解散。

概要

  • 1984年、CBSソニーCR-Xオーディションで、グランプリを受賞。
  • 1985年11月21日、CBSソニーより12インチシングル『ため息のマイナー・コード』でメジャーデビュー。
  • 1991年2月10日、解散。
  • 2012年、再始動を宣言。同年5月9日、新作アルバム『re-flight』をリリース。
  • 2015年11月21日、デビュー30周年記念アルバム『コンパス』リリース[1]

メンバー

  • 久保田洋司(くぼた ようじ、1966年10月28日) - ボーカル・ギター
  • 大池 茂文(おおいけ しげふみ、1966年8月6日) - ドラム
  • 清水 伸吾(しみず しんご、1966年6月18日) - ベース
  • 加納 順(かのう じゅん、1968年8月24日) - ギター
  • 入船 陽介(いりふね ようすけ、1966年10月14日) - キーボード

来歴

広島県立尾道東高等学校の学園祭に出演するため、久保田、大池、清水、麻生の4人でビートルズのコピーバンドとして結成。 当時は、久保田、麻生のツインボーカルのバンドだったが大学入試により、麻生が脱退。その後、趣味のカメラでライブの写真を撮っていた同級生の入船が、YAMAHA DX7を持っていたため、キーボードとして参加。 後に、楽器店(尾道マスハラ楽器)で出会った加納が参加。加納は当時、父親のエピフォンのギターを持っていたのが、参加の決め手となった。

1984年CBSソニーCR-Xオーディションでの優勝をきっかけにデビュー。LOOK種ともこ聖飢魔IIが同オーディション出身である。

1985年11月21日12インチシングル「ため息のマイナー・コード」でCBSソニー(現・ソニーレコード)よりデビュー。所属事務所はアミューズ。バンド名の由来は、メンバーがそれぞれ、尾道市の東・南・西・北方面に住んでいたため。 同じくアミューズに所属していた三宅裕司のラジオ番組『三宅裕司のヤングパラダイス』で一押しの新人アーティストとして紹介。同様にTBSの深夜ドラマ『冗談ストリート』にもゲスト出演するなど、アミューズ期待の新星バンドとしてプッシュされていた。

1991年2月10日に解散。各々の道に進んだ。音楽の世界に留まったメンバーもいる。

リードヴォーカル久保田洋司は、1992年にソロデビュー。また、ソングライターとして松田聖子ribbonなどに楽曲を提供。その後ジャニーズ関係の作詞を多く手がけ、2000年代以降もトラジ・ハイジファンタスティポ」などヒット曲を手がけている。

ベースの清水伸吾はスタジオ・ミュージシャンやライブサポート、劇団スーパーエキセントリックシアターの音楽担当などで活躍。

ドラムの大池茂文はソニーレコードのディレクターに転身し、UNICORNすかんち、HEAVENなどの作品制作に関わった。その後ワーナーミュージック・ジャパンに移籍し、広末涼子、SBKなどのディレクションを担当。

2009年に久保田、大池、清水の3人で、尾道市内で復活ライブを開催。以降も尾道を拠点に、不定期にライブを開催。

2012年5月9日、22年振りの新作アルバム『re-flight』を発売。

2015年11月21日、デビュー30周年記念アルバム『コンパス』を発売。

2018年3月14日、配信シングル「桃の花の下で」をリリース[2]

ディスコグラフィー

シングル

発売日 規格 規格品番 タイトル 作詞 作曲 編曲
CBS・ソニー
1985年11月21日 12"EP 12AH-1944 A ため息のマイナーコード 久保田洋司 白井良明
B1 星がっちゃうねジャマイカ 戸田誠司
B2 星がっちゃうねジャマイカ(Tokonatsu Kokonatsu Mix)
1985年11月21日 7'EP 07SH-1749 A 内心、Thank You[3] 松本隆 久保田洋司 戸田誠司
B イタバリ気分、Everybody 久保田洋司
1986年11月21日 7'EP 07SH-1834 A Shadow Dancing 松本隆 久保田洋司 戸田誠司
B マリオネットの涙
1987年4月10日 7'EP 07SH-1902 A あの娘がほしい[4] 松本隆 久保田洋司 戸田誠司
B 不思議な小鳥
1987年6月21日 7'EP 07SH-1946 A 君の名前を呼びたい[5] 松本隆 久保田洋司 戸田誠司
B INNOCENCE 〜僕がここにいる〜
1987年10月21日 7'EP 07SH-1984 A 木枯らしの少女 -BAD GIRL But Girl[6] 神沢礼江 久保田洋司

安部隆雄

安部隆雄
B 星抱きしめてDance Away 久保田洋司
1988年5月21日 7'EP 07SH-3068 A Misty Lola -君の朝に逢いたい[7] 久保田洋司 久保田洋司

安部隆雄

安部隆雄
8cmCD 10EH-3068 B 星屑のブロードウェイ 入船陽介
1990年7月21日 8cmCD CSDL-3139 A HAPPY REBIRTHDAY 久保田洋司 鈴木智文
B サーカス!サーカス!サーカス!
コンパス/SPACE SHOWER MUSIC
2015年4月21日 CD WGCA-3012[8] 1 春夏秋冬(はるなつあきふゆ) 久保田洋司 The東南西北
2 キミワラウト 加納 順
3 純情可憐 久保田洋司
4 よっぱらいの歌 清水伸吾 久保田洋司
2ndthrow studio
2016年12月1日 CD TNSP-0002[8] 1 Thank you girl Thank you boy 久保田洋司 The東南西北
2 切ない夜は、これでおやすみ~青春の11Pieces~ 清水伸吾

久保田洋司

清水伸吾

大池茂文

久保田洋司

2018年4月4日 CD 1 桃の花の下で 久保田洋司 The東南西北
2 最高 Cycling

アルバム

  • 飛行少年(1986年3月21日)

01.イタバリ・ローカ 02.ヘイ・マイ・リトル・ママ 03.ナイーブ 04.内心、Thank you 05.星がっちゃうねジャマイカ 06.ため息のマイナーコード 07.微妙な気持ち 08.飛行少年 09.ワン・マン・アーミー 10.Jの後悔
  • 深呼吸-DEEP BREATHING(1986年11月21日)

01.エイト・ビートのLove Letter 02.誘惑のタッチ 03.Shadow Dancing 04.君をずっと想っていたよ 05.Atmosphere 06.I Love Youは嘘の言葉 07.絵に描いたよりPictureness 08.マリオネットの涙 09.水色のドリーマー 10.レゲエな気分
  • 好奇心(1987年10月21日)

01.NO-SERIOUS 02.木枯らしの少女 03.Charmin' Chime 04.Tonight 05.空翔ぶUmbrella 06.INNOCENCE 〜僕がここにいる〜 07.星を抱きしめてDance Away 08.忘れそうな君 09.時間切れでもBe My Girl 10.遊民Song
  • 感情~Sensitivity~(1988年11月2日)

01.20th Century (Odyssey) 02.砂ざわりの端境期 03.要注意のThis Guy 04.さざ波Bird Child 05.Take You To The Moon 06.君が誰だか知っていたのに 07.もっと“IMAGINE” 08.Cupids 09.アロマティック/Aromatic 10.探偵は眠らない 11.Happy Birthday To You&Love
  • 緑の国(1990年9月1日)

01.記憶の惑星 02.ACROSS THE WIND~想い出の途中 03.サーカス!サーカス!サーカス! 04.HAPPY REBIRTHDAY 05.彼女のINSIDE 06.グッナイ、グッバイ ダーリング 07.TRAVELLING DAYS 08.さそり座のモナド 09.明日また森で逢えました。 10.何もかも・・・(大きな大きな一日の終わりの歌) 11.バイバイ葛藤のアンビバレンス
  • 飛行記録(1991年3月21日)ベスト・アルバム

01.イノセンス〜僕がここにいる 02.シャドウ・ダンシング 03.イタバリ・ローカ 04.ナイーヴ 05.内心、Thank you 06.星がっちゃうねジャマイカ 07.ため息のマイナーコード 08.水色のドリーマー 09.君をずっと想っていたよ 10.要注意のディス・ガイ 11.あの娘がほしい 12.不思議な小鳥 13.ノー・シリアス 14.木枯しの少女 〜バッド・ガール・バット・ガール 15.ミスティ・ローラ 〜君の朝に逢いたい 16.君の名前を呼びたい
  • CD選書 飛行少年(1993年6月21日) - リマスタリング作品

01.イタバリ・ローカ 02.ヘイ・マイ・リトル・ママ 03.ナイーブ 04.内心、Thank you 05.星がっちゃうねジャマイカ 06.ため息のマイナーコード 07.微妙な気持ち 08.飛行少年 09.ワン・マン・アーミー 10.Jの後悔
  • GOLDEN☆BEST The 東南西北 Ever Lasting Blue(2003年3月19日) - ベスト・アルバム

01.イタバリ・ローカ 02.星がっちゃうねジャマイカ(Tokonatsu-Kokonatsu Mix) 03.ため息のマイナーコード 04.微妙な気持ち 05. 内心、Thank You 06.Shadow Dancing 07.水色のドリーマー 08.Atmosphere 09.君の名前を呼びたい 10.NO-SERIOUS 11.木枯らしの少女-BAD GIRL But Girl 12.INNOCENCE-僕がここにいる 13.さざ波 Bird Child 14.彼女のINSIDE 15.HAPPY REBIRTHDAY 16.T.U.My Dear(Demo Track) 17.ため息のマイナーコード(Demo Track)
  • re-flight(2012年5月9日) - 新レコーディング

01.駅前映画館 02.ため息のマイナーコード 03.星がっちゃうねジャマイカ 04.内心、Thank You 05.Jの後悔 06.Shadow Dancing 07.マリオネットの涙 08.不思議な小鳥 09.君の名前を呼びたい 10.木枯らしの少女-BAD GIRL But Girl 11.花咲く歌
  • コンパス(2015年11月25日) - デビュー30周年記念アルバム

01.コンパス 02.1983 Tail Road Story 03.SHOUT 04.君を包むすべて 05.夢の国 06.オー!ハーバーランド 〜愛(うるわ)しの神戸CHICKEN GEORGE〜 07.COME WITH ME 〜愛(うつく)しの尾道 JOHN Burger & Cafe〜 08.春夏秋冬(はるなつあきふゆ)〈Album mix〉09.キミワラウト〈Remix〉10.はじめてのよう 11.飴色の毛なみ〜Classic Tracks〜 12.天竜ビューティフル 13.純情可憐〈Shimanami-DUB mix〉

映像作品

ビデオ

  • Heart and Will(1987年6月21日 48ZH-136)
  • THE TON・NAN・SHA・PEI-想い出の途中-(1991年7月1日 SRVM-259)

LD

  • THE TON・NAN・SHA・PEI-想い出の途中-(1991年7月1日 SRLM-259)

DVD

  • Pictures 〜Heart and Will & 想い出の途中〜(2012年4月21日 DQBL-415)
  • The東南西北2012 New Release記念Live in 東京 〜色は匂へど The東南西北 全方位から大集合!!〜(2014年3月19日 DQB-56)

その他参加

  • PSY・S Presents 『Collection』(1987年2月26日) - M7「絵に描いたより Pictureness」久保田、清水が参加
  • UNICORNヒゲとボイン』 - 大池がアシスタントディレクター兼、パーカッションで、ルー大池として参加
  • 関口和之 アルバム『砂金』(1986年2月5日) - 「人気なんかラララ(We're the 二次会)」にメンバーがコーラスで参加。

映画出演

  • 微熱少年(1987年、東宝) - エキストラとして出演。また、同映画のオムニバスアルバムには『君の名前を呼びたい』が収録されている。

ライブ

再始動後のライブ

(メンバー:久保田洋司、清水伸吾、大池茂文)
(メンバー:久保田洋司、加納順、清水伸吾、大池茂文)
(メンバー:久保田洋司、加納順、清水伸吾、大池茂文)

脚注

  1. ^ オフィシャルオンラインショップ『コンパス ダイレクト』及び、タワーレコード店頭、タワーレコードオンラインショップ限定発売商品。
  2. ^ The東南西北、ニューシングル「桃の花の下で」配信リリース”. 音楽ナタリー (2018年3月14日). 2018年3月27日閲覧。
  3. ^ ケンウッドCM「ミニコンポROXY」挿入歌。
  4. ^ NHKドラマ『ばら色の人生 (テレビドラマ)』主題歌。
  5. ^ 映画『微熱少年』挿入歌。
  6. ^ 日本テレビドラマ『Wパパにオマケの子?!』主題歌。
  7. ^ TBS系TV『ドーナツ6』テーマソング。
  8. ^ a b 完全生産限定盤マキシシングル。

外部リンク

{{bottomLinkPreText}} {{bottomLinkText}}
THE 東南西北
Listen to this article