TROPICALISM -0° - Wikiwand
For faster navigation, this Iframe is preloading the Wikiwand page for TROPICALISM -0°.

TROPICALISM -0°

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

TROPICALISM -0°
THE BOOMスタジオ・アルバム
リリース
ジャンル ロック
時間
レーベル ソニー・ミュージックエンタテインメント
プロデュース THE BOOM、宮沢和史、小林孝至、久保田麻琴矢野誠
チャート最高順位
THE BOOM アルバム 年表
REMIX MAN '95
1995年
TROPICALISM -0°
(1996年)
THE BOOM 2
1997年
『TROPICALISM -0°』収録のシングル
  1. 手紙
    リリース: 1995年12月13日
  2. 時がたてば
    リリース: 1996年5月22日
テンプレートを表示

TROPICALISM -0°』(トロピカリズム)は、日本のロックバンドであるTHE BOOMが発表した7枚目のオリジナル・アルバム。また、当時所属していたソニー・ミュージックエンタテインメントからリリースされた最後のアルバムでもある。1996年7月1日発売。

解説

1996年5月に念願であったブラジルでのツアー(3都市4公演)を成功させたTHE BOOMは、「氷点下の熱情主義」をコンセプトとして前作の『極東サンバ』に引き続きブラジル音楽が中心のアルバムを発表した。内容も前作以上にブラジル音楽への思いを昇華させたものとなっている。宮沢和史は当時、ジルベルト・ジルに傾倒しており、後年、本作に関して「トロピカリズモ(ブラジルの文化運動)に対する日本からの返答」と語っている[1]

前オリジナル・アルバム『極東サンバ』に引き続き、チト河内率いるCHITO CHANGÓや、モーガン・フィッシャーが参加。「JUSTIN」という曲では、シンガポールミュージシャンであるディック・リーと彼の兄弟コーラスに参加している。また、「僕」でギタリスト小林孝至が初めてボーカルをとった。

なお、アルバムに先行してシングル手紙」(1995年12月13日発売)と「時がたてば」(1996年5月22日発売)が発表されている。

また、このアルバムはデジタル・リマスタリングされ、2005年8月3日に再発売された。ボーナス・トラックとして「手紙」(シングルとして発売されたオリジナル・ヴァージョン)が収録されている。

収録曲

  1. JUSTIN
  2. TROPICALISM
  3. 漁火
  4. TIMBAL YELÉ
  5. Call my name
    シングル「時がたてば」のカップリング曲。
  6. 街はいつも満席
  7. 砂の岬 Ponta de Areia
    ミルトン・ナシメントのカヴァー。
    シングル「手紙」のカップリング曲。
  8. JET LAG
  9. 手紙 (DOWN TO TRIP MIX)
  10. 幸せと書いた手紙
  11. Samba de Tokyo
  12. ほほえみ
  13. 空想の戦場
  14. 夢を見た
  15. 時がたてば
  16. 手紙 (Single Version) ※ボーナス・トラック(2005年再発売版のみ収録)

ツアー

このアルバムに連動したツアー「TROPICALIZE TOUR」が1996年7月23日から10月20日まで行われた。その後、総集編のアリーナ・ツアー「TROPICALIZE TOUR FINAL」が同年12月19日から1997年1月14日まで約1ヶ月間行われた。この後、THE BOOMはグループとしての活動をしばらく停止することになる。

脚注

  1. ^ 宮沢和史 (2008年9月17日). “ブラジルで巡り会った花の種”. Verita. officetw. 2015年9月10日閲覧。

外部リンク

{{bottomLinkPreText}} {{bottomLinkText}}
TROPICALISM -0°
Listen to this article