Template‐ノート:内閣府特命担当大臣 - Wikiwand
For faster navigation, this Iframe is preloading the Wikiwand page for Template‐ノート:内閣府特命担当大臣.

Template‐ノート:内閣府特命担当大臣

項目の区分について

解決済み
Taiwaan会話) 2014年1月11日 (土) 00:14 (UTC)

提案 「内閣府設置法により必置」「2009年以前より設置」「2009年以降新設」の3つに区分されていますが、2009年を基準にする意図がよく分かりません。自公連立政権から民社国連立政権への政権交代の年ですから、「自由民主党を中心とする政権が設置したポスト」と「民主党を中心とする政権が設置したポスト」を分ける意図でしょうか。ただ、これはあまり意味がない区分だと思います。たとえば、2009年には内閣府特命担当大臣(消費者担当)が新設されましたが、これは自公連立政権下での出来事です。また、内閣府特命担当大臣(再チャレンジ担当)など既に廃止されたポストは記載されていませんが、一方で、内閣府特命担当大臣(規制改革担当)のような既に廃止されたポストも含まれています。掲載する基準がよくわからないのですが、仮にもし3つに区分するのであれば「内閣府設置法により必置」「必置以外で現在設置されている担当」「既に廃止された担当」(←表記はもっと短い方がいいかもしれませんが)くらいが妥当ではないでしょうか。--Taiwaan 2011年10月15日 (土) 05:10 (UTC)

やたらと「内閣府特命担当大臣 (○○担当)」がボコボコできていますが、個人的には目障りなものもあります。
私は「内閣府特命担当大臣(再チャレンジ担当)」がその最たるものと考えています。
  • 金融担当大臣等のように内閣府設置法により必置とされている役職」ではない
  • 防災担当大臣」等のように、法律上に明記された役職(現在は内閣府特命担当大臣)」ではない
  • 海洋政策担当大臣等のように、法律上に明記された役職(内閣府特命担当大臣以外)」ではない」
  • 「拉致問題担当大臣のようにマスコミで役職が多く報道され、長く続いた(もしくは続いている)もの」
などのように掲載する基準というものが必要だと思います。
私は「内閣府特命担当大臣(再チャレンジ担当)」は法律で必置ではなく、明記された役職ではなく、一過性であったので、単独記事で記載するに値しないと考えています。--TempuraDON 2011年10月15日 (土) 07:42 (UTC)
コメント たしかに無闇矢鱈に量産するのはやりすぎだと思います。特に、特命担当大臣ですらない単なる国務大臣の所管事項を、わざわざ単独記事化する必要性は薄いと思います。国務大臣としての所管事項はそれこそ数えきれないほど無数に存在しますので、それをわざわざ単独個別に記事化する必要は全くないと思います。--Taiwaan 2011年10月23日 (日) 08:31 (UTC)
コメント 呼ばれた作成者です。お察しのとおり、「必置」「政権交代前より存在」「政権交代後に新設」と分ける意図がありました。しかし一方で腑に落ちない分類方法だなと思っておりました。ご提案の「必置」「必置ではないが存在」「必置でなく設置されていない」という分類は、私は良いアイディアだと思います。
それと…「やたらと「内閣府特命担当大臣 (○○担当)」がボコボコできています」というご指摘ですが、同意いたします。そもそも、私がこのテンプレートを作ったのは内閣府特命担当大臣の個別の記事があまりに増えたことが一因でした。中には(作成された方には大変失礼なのですが)あまりに記事の体裁をなしていないものがありました。またコピー・ペーストを駆使したためか全く別の記事の内容が書かれているというものもありましたので、全面改稿に近い改変を加えたものもあります。
再チャレンジ担当については、(全面改稿しておいてなんですが)特筆性がかなり少ないと思っており、再チャレンジに統合でもいいと考えております。--高木あゆみ 2011年10月23日 (日) 08:49 (UTC)
感謝 みなさま、ご意見ありがとうございます。区分についての異論が特にないようなので、まずは案を作成してみました。(なお、レイアウト確認が目的のため、項目の順序はあくまで仮置きです。本当に建制順として正しい順序なのかは、再度『官報』などを繰って確認しておきます。)--Taiwaan 2011年10月30日 (日) 07:55 (UTC)
コメント 現行の順番は何を基準としているのかわからないのですが、項目の順序については設置された順、同時期に設置されたものについては建制順にすべきだと思いますが、いかがでしょうか。あるいは、設置された順は問わず建制順にすべきでしょうか。たとえば、内閣府特命担当大臣(原子力損害賠償支援機構担当)は建制順だと内閣府特命担当大臣(原子力行政担当)より後になるはずですが、設置された順なら前になります。同時期に全ての役職が存在したわけではないので、建制順だけで判断しようとするとどちらが前なのかやや判別しがたいものがあるため、設置順+建制順(設置順に並べ、同時に設置された場合は建制順)あたりが妥当かなと思います。--Taiwaan 2011年10月30日 (日) 07:55 (UTC)
コメント 順番は設置順+建制順で問題ないと思います。--高木あゆみ 2011年11月5日 (土) 17:47 (UTC)
コメント ご意見ありがとうございます。先日の提案から1週間程待機し、そのうえで特に異論や反論がないようでしたら反映いたします。--Taiwaan 2011年11月6日 (日) 08:43 (UTC)
報告 追加された1項目を反映しておきました。--Taiwaan 2011年11月6日 (日) 08:43 (UTC)
報告 異議等が寄せられなかったため、テンプレに反映しておきました。--Taiwaan 2011年11月14日 (月) 23:06 (UTC)

項目の順序について

報告Template‐ノート:内閣府特命担当大臣#項目の区分について」での合意に基づき、項目の順序を設置順+建制順に修正しました。なお、現時点において再チャレンジは特命担当大臣としては設置されていませんので、そちらも修正しています。--Taiwaan会話) 2014年1月11日 (土) 00:14 (UTC)

{{bottomLinkPreText}} {{bottomLinkText}}
Template‐ノート:内閣府特命担当大臣
Listen to this article