wanna Be A Dreammaker - Wikiwand
For faster navigation, this Iframe is preloading the Wikiwand page for wanna Be A Dreammaker.

wanna Be A Dreammaker

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

wanna Be A Dreammaker
globeシングル
初出アルバム『Relation
A面 wanna Be A Dreammaker (Straight Run)
B面 wanna Be A Dreammaker (Sigmund Freud Mix)
リリース
ジャンル J-POP
レーベル avex globe
プロデュース Tetsuya Komuro
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間1位(オリコン
  • 1998年度年間47位(オリコン)
  • globe シングル 年表
    Love again
    (1998年)
    wanna Be A Dreammaker
    (1998年)
    Sa Yo Na Ra
    (1998年)
    テンプレートを表示

    wanna Be A Dreammaker(ワナ・ビー・ア・ドリームメイカー)は、1998年9月2日にリリースされたglobeの13枚目のシングルである。

    解説

    BRAND NEW globe 4 SINGLES(4枚連続リリース)の第一弾として発売。オリコン初登場1位。

    初回限定ジャケット(パッケージ)は他のシングルにはない特殊なパッケージで、4枚連続リリースのCDをすべて収納できるという構造になっている。

    安室奈美恵の「How to be a Girl」でビッグ・ビートに着手してみたが、世間からは「安室奈美恵の曲」として捉えられて、小室は寂しさを覚えた。その後「『How to be a Girl』で表現し切れてない部分を掘り下げる」ことが本楽曲のコンセプトとなった[1]

    BRAND NEW globe 4 SINGLESの4作品は一貫して『悪夢』をテーマにしたプロモーションビデオが製作されている。この楽曲では『KEIKOが見た悪夢』をテーマにプロモーションビデオが製作された。

    1998年12月31日に開催された第40回日本レコード大賞において、本楽曲でglobeは、初の大賞を受賞した。

    収録曲

    1. wanna Be A Dreammaker (Straight Run)
      Written by MARC & TK  Composed & Arranged by TETSUYA KOMURO
      NISSEKI「Enaカード」キャンペーンCMソング
    2. wanna Be A Dreammaker (Sigmund Freud Mix)
    3. wanna Be A Dreammaker (Instrumental)

    収録アルバム

    wanna Be A Dreammaker

    カバー

    脚注

    1. ^ 角川書店刊「CDでーた」1998年12月5日号134Pより。
    2. ^ globeカバー盤にHYDE、浜崎あゆみ、NMB梅田ら追加&曲目判明”. 音楽ナタリー (2015年12月4日). 2015年12月4日閲覧。

    外部リンク

    {{bottomLinkPreText}} {{bottomLinkText}}
    wanna Be A Dreammaker
    Listen to this article