谷崎潤一郎獎 - Wikiwand
For faster navigation, this Iframe is preloading the Wikiwand page for 谷崎潤一郎獎.

谷崎潤一郎獎

維基百科,自由的百科全書

谷崎潤一郎獎
授予對象文學獎
國家或地區日本
主辦單位中央公論社
首次頒發1965年
日語寫法
日語原文谷崎潤一郎賞
假名たにざきじゅんいちろうしょう
平文式羅馬字Tanizaki Jun'ichirō Shō

谷崎潤一郎獎是1965年中央公論社(今 中央公論新社)為了慶祝創社80週年所設立的獎項,以作家谷崎潤一郎來命名。

此獎每年頒發一次,得獎作品及評論會刊登在《中央公論》雜誌。得獎者會獲得鐘錶一隻及100萬日圓獎金。

獲獎作品與作家一覽表

第1回至第10回

  • 第1回(1965年) - 小島信夫『抱擁家族』
  • 第2回(1966年) - 遠藤周作沉默
  • 第3回(1967年) - 安部公房朋友』、大江健三郎『萬延元年的足球隊』
  • 第4回(1968年) - 從缺
  • 第5回(1969年) - 圓地文子『朱を奪うもの』『傷ある翼』『虹與修羅』
  • 第6回(1970年) - 埴谷雄高『黑暗中的黑馬』、吉行淳之介『暗室』
  • 第7回(1971年) - 野間宏『青年之環』
  • 第8回(1972年) - 丸谷才一『たった一人の反亂』
  • 第9回(1973年) - 加賀乙彥『永別的夏天』
  • 第10回(1974年) - 臼井吉見『安曇野』

第11回至第20回

  • 第11回(1975年) - 水上勉一休
  • 第12回(1976年) - 藤枝靜男『田紳有楽』
  • 第13回(1977年) - 島尾敏雄『日の移ろい』
  • 第14回(1978年) - 中村真一郎『夏』
  • 第15回(1979年) - 田中小實昌『ポロポロ』
  • 第16回(1980年) - 河野多惠子『一年的牧歌』
  • 第17回(1981年) - 後藤明生『吉野大夫』、深澤七郎『みちのくの人形たち』
  • 第18回(1982年) - 大庭みな子『寂兮寥兮』
  • 第19回(1983年) - 古井由吉『槿』
  • 第20回(1984年) - 黒井千次 『群棲』、高井有一『この國の空』

第21回至第30回

  • 第21回(1985年) - 村上春樹世界盡頭與冷酷仙境
  • 第22回(1986年) - 日野啓三『砂丘が動くように』
  • 第23回(1987年) - 筒井康隆『夢の木坂分岐點』
  • 第24回(1988年) - 從缺
  • 第25回(1989年) - 從缺
  • 第26回(1990年) - 林京子『やすらかに今はねむり給え』
  • 第27回(1991年) - 井上ひさし『上海月亮』
  • 第28回(1992年) - 瀨戶內寂聽『問花』
  • 第29回(1993年) - 池澤夏樹『マシアス・ギリの失腳』
  • 第30回(1994年) - 辻井喬『虹之岬』

第31回至第40回

  • 第31回(1995年) - 辻邦生 『西行花傳』
  • 第32回(1996年) - 從缺
  • 第33回(1997年) - 保坂和志 『季節的記憶』、三木卓 『路地』
  • 第34回(1998年) - 津島佑子 『火山―山猿記』
  • 第35回(1999年) - 高樹信子 『透光的樹』
  • 第36回(2000年) - 辻原登 『遊動亭圓木』、村上龍 『共生蟲』
  • 第37回(2001年) - 川上弘美 『老師的提包』
  • 第38回(2002年) - 從缺
  • 第39回(2003年) - 多和田葉子 『嫌疑犯的夜行列車』
  • 第40回(2004年) - 堀江敏幸 『雪沼とその周辺』

第41回至第50回

  • 第41回(2005年) - 町田康告白』、山田詠美 『風味絶佳』
  • 第42回(2006年) - 小川洋子 『米娜的行進』
  • 第43回(2007年) - 青來有一 『爆炸中心』
  • 第44回(2008年) - 桐野夏生 『東京島』 
  • 第45回(2009年) - 從缺
  • 第46回(2010年) - 阿部和重 『雌蕊』
  • 第47回(2011年) - 稻葉真弓 『去半島』
  • 第48回(2012年) - 高橋源一郎 『さよならクリストファー・ロビン』
  • 第49回(2013年) - 川上未映子 『愛の夢とか』
  • 第50回(2014年) - 奧泉光 『東京自傳』

第51回以後

  • 第51回(2015年) - 江國香織 『壁虎、青蛙、蜆蝶』
  • 第52回(2016年) - 絲山秋子 『薄情』、長嶋有 『三の隣は五號室』
  • 第53回(2017年) - 松浦壽輝 『名譽與恍惚』
  • 第54回(2018年) - 星野智幸 『焰』
  • 第55回(2019年) - 村田喜代子 『飛族』

歷代選考委員

  • 第1回至第5回 - 伊藤整圓地文子大岡昇平、武田泰淳、丹羽文雄、舟橋聖一、三島由紀夫
  • 第6回 - 圓地文子、遠藤周作、大岡昇平、武田泰淳、丹羽文雄、舟橋聖一、三島由紀夫
  • 第7回 - 圓地文子、遠藤周作、大岡昇平、武田泰淳、丹羽文雄、舟橋聖一
  • 第8回至第12回 - 圓地文子(第12回因病缺席)、遠藤周作、大江健三郎、大岡昇平、武田泰淳(第12回因病缺席)、丹羽文雄、舟橋聖一
  • 第13回 - 圓地文子(因在海外旅行故缺席)、遠藤周作、大江健三郎、大岡昇平、丹羽文雄、吉行淳之介
  • 第14回至第16回 - 圓地文子、遠藤周作、大江健三郎、大岡昇平、丹羽文雄、丸谷才一、吉行淳之介
  • 第17回至第22回 - 圓地文子(第21回因病缺席)、遠藤周作、大江健三郎、丹羽文雄、丸谷才一、吉行淳之介
  • 第23回至第24回 - 遠藤周作、大江健三郎、丹羽文雄(第23回因病缺席)、丸谷才一、吉行淳之介
  • 第25回 - 大江健三郎、丸谷才一、吉行淳之介
  • 第26回至第27回 - 大江健三郎、河野多恵子、唐納德·基恩、丸谷才一、吉行淳之介
  • 第28回至第29回 - 井上廈、河野多恵子(第29回書面參加)、唐納德·基恩、中村真一郎、丸谷才一、吉行淳之介(第28回因病缺席)
  • 第30回至第33回 - 井上廈、河野多恵子、唐納德·基恩、中村真一郎、日野啓三、丸谷才一
  • 第34回至第38回 - 池澤夏樹、井上廈、河野多恵子、筒井康隆、日野啓三、丸谷才一
  • 第39回至第41回 - 池澤夏樹、井上廈、河野多恵子、筒井康隆、丸谷才一
  • 第42回至第45回 - 池澤夏樹、井上廈、川上弘美、筒井康隆
  • 第46回起 - 池澤夏樹、川上弘美、桐野夏生、筒井康隆、堀江敏幸

另見

參考資料

{{bottomLinkPreText}} {{bottomLinkText}}
谷崎潤一郎獎
Listen to this article