河内源氏 - Wikiwand
For faster navigation, this Iframe is preloading the Wikiwand page for 河内源氏.

河内源氏

维基百科,自由的百科全书

河内源氏
笹龙胆(代表性家纹
(各源氏支系之间略有差异)
本姓 朝臣
家祖源赖信
出身地摄津国川边郡多田日语多田
代表人物源赖信
源义家
源义朝
源义光
源义经
源赖朝
源实朝
支系竹内家日语竹内家公家
镰仓幕府将军家(武家)
源姓足利氏武家
新田氏(武家)
武田氏(武家)
吉良氏日语吉良氏(武家)
今川氏(武家)
细川氏(武家)
佐竹氏(武家)
小笠原氏日语小笠原氏(武家)
南部氏(武家) など

河内源氏平安时代清和源氏的一支,当时以河内国(今大阪府一部分)作为根据地。被武士称作“源氏”的一般指的就是河内源氏。此外,与伊势平氏被称作“平家”相对应,古时河内源氏也会被称作“源家[1]

日语写法
日语原文河内源氏
假名かわち げんじ
平文式罗马字Kawachi Genji

族系起源

清和源氏的始祖是定居于摄津国川边郡多田(兵库县川西市多田)源满仲(多田满仲)的三子源赖信。赖信的长兄则是摄津源氏的始祖源赖光,次兄是大和源氏的始祖源赖亲。

参考文献

  1. ^ 河内源氏の概要や成立については、元木泰雄著‘河内源氏’(中央公论社、2011年)2页~29页に详しい。

参考书目

  • 元木泰雄著‘河内源氏’(中央公论社、2011年) ISBN 4121021274

相关条目

外部链接

{{bottomLinkPreText}} {{bottomLinkText}}
河内源氏
Listen to this article