パーリ語(パーリご、पाळिPāḷi、巴利語、略して巴語、タイ語: ภาษาบาลี)は、南伝上座部仏教典籍(『パーリ語経典』)で主に使用される言語。バーリ語とも。なお日本における仏教関連の辞典や書物では pl などと略称される。

古代中西部インドにおけるアーリヤ系言語、プラークリット(俗語)を代表する言語である。使用歴は長く、パーリ語で書かれたの歴史は紀元前3世紀頃まで遡る。プラークリットの中でも最も古い言語の一つである[1]。パーリ語で書かれた上座部仏教経典の散文やその注釈は、5-6世紀以後にまで及び、その後も今日までスリランカセイロン島)を中心として、パーリ語を使用した新しい文献がある。