フェラーリ・F2003-GA - Wikiwand
For faster navigation, this Iframe is preloading the Wikiwand page for フェラーリ・F2003-GA.

フェラーリ・F2003-GA

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

フェラーリ F2003-GA
カテゴリー F1
コンストラクター フェラーリ
デザイナー ロリー・バーン(チーフデザイナー)
ロス・ブラウン(テクニカルディレクター)
先代 フェラーリ・F2002B
後継 フェラーリ・F2004
主要諸元
シャシー カーボンファイバー ハニカム コンポジット
サスペンション(前) ダブルウィッシュボーン, プッシュロッド, トーションバー
サスペンション(後) ダブルウィッシュボーン, プッシュロッド, トーションバー
エンジン フェラーリ Tipo052 2997cc 90度 V10 縦置き NA
トランスミッション フェラーリ製 7速 縦置き セミAT シーケンシャル
燃料 シェル
タイヤ ブリヂストン
主要成績
チーム スクーデリア・フェラーリマールボロ
ドライバー 1. ミハエル・シューマッハ
2. ルーベンス・バリチェロ
出走時期 2003
コンストラクターズ
タイトル
1(2003年)
ドライバーズタイトル 1(2003年)
通算獲得ポイント 126
初戦 2003年スペインGP
初勝利 2003年スペインGP
最終戦 2003年日本GP
出走優勝表彰台ポールFラップ
1271355
テンプレートを表示


フェラーリF2003-GA (Ferrari F2003-GA) は、スクーデリア・フェラーリ2003年のF1世界選手権参戦用に開発したフォーミュラ1カー2003年の第5戦から、最終戦まで実戦投入された(2003年序盤はF2002B)。フェラーリとしてのコードナンバーは654。車名の"GA"は、同年1月に亡くなった元フィアット会長のジャンニ・アニェッリのイニシャルにちなんでいる。

開発の方針

2002年シーズンにおいて、17戦15勝という大勝で終えたフェラーリはさらに進歩を遂げるため、アグレッシブな改良を加えたF2003-GAを開発した。

前作のF2002と比較すると、フロントノーズのデザインはさほど変わらないが、サイドボディの絞り込みが目立つ。サイドポンツーンは下側を深くえぐりこみ、全体的に丸みを帯びた形状になった。内蔵ラジエーターは左右非対称で、左には水冷式、右には水冷式と油冷式が配置されている[1](エアインテークは右の方が小さい)。サイドポンツーン上側面には放熱用のルーバーが刻み込まれた。ギアボックスも細身に設計されており、空力的なメリットを生む「リアエンドのコンパクト化」というトレンドを作ることになった。

機構面では新しい試みとして、リヤサスペンションにザックス製のロータリー(回転式)ダンパー[2]を採用し[3]、省スペース化を図った。これはF2004以降も採用されている。ギヤボックス周辺をスリムにした影響でリヤサスペンションアームの一部をエンジンブロックに直接マウントする方式をとった。これはF2005まで採用された。

マシンの特性は極端なエアログリップ重視型で、サスセッティング、路面状況、タイヤ摩耗などでハンドリングが大きく変わるピーキーなものだった。また、予選1アタック方式やパルクフェルメルール[4]の導入といったレギュレーションの変更、ミシュランタイヤを履くライバルの躍進といった要素もマイナスに作用した。

また、F300以来続いた白いロゴタイプに加え、黒いロゴタイプ(マールボロ)の部分にも立体的な3D処理がかかるようになった。

2003年シーズン

ハンガリーGPのスターティンググリッドに向かうF2003-GA。ドライバーはルーベンス・バリチェロ。
ハンガリーGPのスターティンググリッドに向かうF2003-GA。ドライバーはルーベンス・バリチェロ

エンジンにマウントしたカーボン製サスアームが破断するというトラブルに対策を施すため、フェラーリは開幕3戦を旧モデルの改良型 (F2002B) で戦い、ヨーロッパラウンド初戦の第4戦サンマリノGPよりF2003-GAを投入する予定だった。さらに十分なテスト走行をこなすため、投入は第5戦スペインGPからとなった。

フェラーリとミハエル・シューマッハとっては苦戦の王座防衛となった。スペインGPでデビューウィンを飾り、第6戦オーストリアGPでは燃料再給油の際ガソリンに引火したが、勝利を逃さなかった。しかし、夏以降はスランプに陥り、第13戦ハンガリーGPでは優勝したフェルナンド・アロンソルノー)に周回遅れにされた。この結果を重く見たチームはイタリアGP前に同レースが行われるモンツァ・サーキットでテストを行い、徹底的にマシンを改良した。テストはブリヂストンがこのテストのためだけに2000本のタイヤを用意するほど大規模なもので合計666周を走った[5]。そして迎えたイタリアGPでシューマッハは優勝。ドライバーズチャンピオン争いは接戦となったが、結果的にルーベンス・バリチェロの挙げた2勝がライバル達の高得点を阻止し、シューマッハの4連覇をアシストする形となった。

なお、第14戦イタリアGPで優勝したシューマッハは、平均速度247.585km/hを記録した。これは1971年イタリアGPのピーター・ゲシンの平均速度 (242.616km/h) を更新するF1歴代最速記録となった。

F2003-GAは結果としてチャンピオンマシンとはなったものの、内容は前後2年と比べて大きく見劣りし、ドライバー、エンジニアともに手を焼いていた。しかし、F2003-GAのコンセプトを真似た翌年の他チームがこの欠点まで引き継いだことで、F2004独走の伏線ともなった。

スペック

シャーシ

  • シャーシ名 F2003-GA (654)
  • 全長 4,545 mm
  • 全幅 1,796 mm
  • 全高 959 mm
  • ホイールベース 3,164 mm
  • 前トレッド 1,450 mm
  • 後トレッド 1,405 mm
  • クラッチ ザックスAP
  • ブレーキキャリパー ブレンボ
  • ブレーキディスク・パッド ブレンボ・カーボンインダストリー
  • ホイール BBS
  • タイヤ ブリヂストン
  • ギアボックス 7速+リバース1速セミオートマチック/チタン製ケーシング
  • 重量 605kg

エンジン

結果

No. ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 ポイント ランキング
AUS
MAL
BRA
SMR
ESP
AUT
MON
CAN
EUR
FRA
GBR
GER
HUN
ITA
USA
JPN
2003 1
ミハエル・シューマッハ
1 1 3 1 5 3 4 7 8 1 1 8 158 1位
2
ルーベンス・バリチェロ
3 3 8 5 3 7 1 Ret Ret 3 Ret 1

太字はポールポジション、斜字はファステストラップ。

  • ドライバーズランキング
    • ミハエル・シューマッハ 1位
    • ルーベンス・バリチェロ 4位

その他

2015年11月29日に大阪府で開催された御堂筋オータムパーティーにて、フェラーリのF1カーが御堂筋をデモランするイベントでこのF2003-GAが使用された。ドライバーは大阪府出身の中野信治が担当した。 また、2018年10月28日に大阪万博記念公園で開催された大阪万博記念公園サーキット2018でもデモンストレーションラン車両として同じくレーサーの中野信治が走行した

脚注

  1. ^ 『F1速報 2003総集編』、ニューズ出版、2003年、67頁。
  2. ^ "ザックス フォーミュラマトリックスダンパー". enable APG. 2013年4月30日閲覧。
  3. ^ このメカニズムは大型車や無限軌道の軍用車両に用いられていたほか、スズキが二輪GPマシンに使用した前例はある。
  4. ^ 予選最終アタックには決勝スタート時の燃料を搭載して出走することが義務付けられ、予選と決勝の間のセッティング変更が禁じられた。
  5. ^ 三栄書房刊 名車列伝Vol.7

関連項目

ウィキメディア・コモンズには、フェラーリ・F2003-GAに関連するカテゴリがあります。
  • ザウバー・C23 - 外観がF2003-GAに酷似していることから「青いフェラーリ」と呼ばれた。
{{bottomLinkPreText}} {{bottomLinkText}}
フェラーリ・F2003-GA
Listen to this article