伊達村賢 - Wikiwand
For faster navigation, this Iframe is preloading the Wikiwand page for 伊達村賢.

伊達村賢

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

この記事は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。出典検索?: "伊達村賢" – ニュース · 書籍 · スカラー · CiNii · J-STAGE · NDL · dlib.jp · ジャパンサーチ · TWL(2019年11月)
 
伊達 村賢
時代 江戸時代中期 - 後期
生誕 延享2年1月12日1745年2月12日
死没 寛政2年2月16日1790年3月31日
改名 武一郎・左京(幼名)、村賢
戒名 大雲院殿一蔭宗樹大居士
墓所 東京都港区東禅寺
官位 従五位下、和泉守、能登
幕府 江戸幕府
主君 徳川家治家斉
伊予吉田藩
氏族 伊達氏
父母 父:伊達村信、母:縫(丹波氏)
兄弟 豊松、村賢、慶(南部信依正室)、成武、成寿、澄(上杉義寿室)、道(小笠原長有正室)、保五郎、稔(荻野采女室)、松田常辰
正室京極高慶の娘・於富
側室:薫、恒、弓(村田氏)、竹、琴(柴田氏)
延、村高村芳、誓、英、登(九鬼隆郷正室)、侶丸
テンプレートを表示

伊達 村賢(だて むらやす)は、伊予吉田藩の第5代藩主。

生涯

延享2年(1745年)1月12日、第4代藩主・伊達村信の次男として生まれる(生年は寛保元年(1741年)とも)。宝暦5年(1755年)4月25日に世子に指名され、宝暦13年(1763年)9月8日に父が隠居したため、家督を継いだ。12月9日に従五位下・和泉守に叙位・任官する。

しかし、相次ぐ火災や幕命による天明6年(1786年)の関東河川手伝い普請などで財政難がさらに深刻化し、領民に重税を強いて財政再建を図ろうとするが、天明7年(1787年)にはそのために強訴未遂事件が起こる有様で、これは村賢の死後に武左衛門一揆が起こる前兆にもなった。寛政元年(1789年)4月12日に能登守に遷任する。

寛政2年(1790年)2月9日、病により隠居し、直後の2月16日(2月10日とも)に死去した。享年46。家督は4月2日(4月8日とも)に次男の村芳が継いだ。

{{bottomLinkPreText}} {{bottomLinkText}}
伊達村賢
Listen to this article